ライフサイクル解析

データをアクションにつなげる

トップレベルの企業は、アイデアの発案からデプロイメントに至るライフサイクルを通じて、データに基づいた意思決定を行うことができます。データの洞察に対する迅速な対応が、信頼性の高い製品を競合他社よりも早く市場に投入するための差別化要因になる可能性があります。組織的な戦略を活用し、製品ライフサイクルを通じて生成されるすべてのデータに対してテスト、収集、検出、処理を実行することにより、市場で優位に立つことができます。

NIの取り組み

洞察が生み出すイノベーション

データから洞察を得ることができます。洞察はソフトウェアによって実現され、より多くのことを学び、さまざまな考え方をするうえで不可欠な要素です。洞察を得ることによって、イノベーションが起こります。NIでは、製品ライフサイクルを通してまたライフサイクルの後もお客様との関係を維持し、洞察を活用して強力な成果をもたらします。

データに秘められた力を利用する

テストデータには、まだ手を付けていない未確認の可能性があります。すべてのテストデータの90%近くが保存されているが、それ以上利用されていないことが明らかになっています。データを取得するだけでは不十分です。データのデジタルスレッドををつなげて、製品プロセスや製品設計を改善する価値ある洞察を収集する必要があります。 

技術の進化を目指すテスト企業になりましょう

製品開発のスピードを速め、質を高め、コストを低く抑えるためには、製品開発とNPIのタイムラインを最適化することが必要です。装置、結果、歩留まりなどから得るデータの力を活用することで、検証や製造のライフサイクルを通して影響を与えるような調整を行うための有意義な知識を獲得できます。