設計​と​プロトタイプ

シミュレーション​を​実​世界​の​シナリオへ

最先端​の​分野​に​取り​組​んで​いる​エンジニア​や​科学​者​は、​ます​ます​複雑​化​する​システム​や​テクノロジ、​そして​変化​の​ペース​の​加速​に​直面​し​てい​ます。​学界、​政府、​業界​全体​にわたって​次​なる​ブレイクスルー​を​切り開く​ため​に​は、​革新​的​な​アイデア​や​エンジニアリング​だけ​で​なく、​適切​な​ツール​や​パートナーシップ​も​必要​です。​コンセプト​から​開発、​デモンストレーション​に​至る​まで​の​迅速​な​進展​を​可能​に​する​プロ​ト​タイ​ピン​グ​ツール​は、​世界​を​変える​次世代​テクノロジ​を​実現​する​うえ​で​鍵​となり​ます。

NI​の​取り組み

未来​の​テクノロジ​と​デザイン​を​実現

基礎​研究​から​新​製品​の​R&D​に​至る​まで、​NI​の​ソフトウェア​を​中核​と​した​アプローチ​は、​技術​の​進歩​を​可能​に​する​柔軟性​と​拡張​性​を​も​たら​し​ます。​NI​の​パートナー​エコ​システム、​そして​サード​パーティ​ツール​の​統合​により、​準備作業が迅速化され、​研究者​は​より​多く​の​時間​を​技術革新​に​投入​できる​よう​に​なり​ます。

「互換性​が​あり、​初期​設定​が​簡単​な​ため、​NI​の​ハードウェア​と​ソフトウェア​を​選び​ま​した。​これらの​ソリューション​は、​ラボ​で​の​将来​の​装置​開発​に​向け​て​優​れ​た​柔軟性​も​も​たら​し​ます。」

Dr. Bradley Keogh

サウサンプトン​大学

データ​から​得​た​洞察​を​活用

実験​や​テスト​から​得​られる​データ​を​最大限​に​活用​する​こと​で、​発見​を​加速​し、​設計​を​最適​化​でき​ます。​NI Connect​の​基調​講演​では、​データ​の​重要性​について​触れ、​NI​の​ソフトウェア​接続​アプローチ​が、​初期​の​研究​から​生産​現場、​さらに​それ​以降​に​至る​まで、​テスト​の​力​を​どの​よう​に​解き放つ​か​を​紹介​しま​した。

スペクトル​効率​を​加速

ブリス​トル​大学​と​ルンド​大学​の​研究者​が​NI​と​協力​し、​Massive MIMO​を​利用​する​こと​で、​5G​ワイヤレス​スペクトル​効率​の​世界​記録​を​樹立​しま​した。