目次

セルフアドレスメッセージを送信 (Gデータフロー)

バージョン:
    最終変更日: 2020年4月27日

    セルフアドレスメッセージを送信します。 このVIを同じメッセージで複数回呼び出すと、同じアドレスに複数のコピーを送信できます。 セルフアドレスメッセージを作成するには、アドレスメッセージメソッドを使用します。

    connector_pane_image
    datatype_icon

    セルフアドレスメッセージ入力

    セルフアドレスメッセージです。

    datatype_icon

    エラー入力

    このノードの実行前に発生したエラー状態です。

    ノードは標準エラー動作に基づいてこの入力に応答します。

    標準エラー動作

    多くのノードにはエラー入力およびエラー出力があるため、ノードはコードの実行中に発生したエラーに応答したり、それを報告したりできます。エラー入力の値は、エラーがノードの実行前に発生したかどうかを指定します。大部分のノードはエラー入力の値に標準の予測可能な方法で応答します。

    エラー入力にエラーがない エラー入力にエラーがある
    ノードの実行前にエラーが発生しなかった場合は、ノードは通常どおりに実行を開始します。

    ノードの実行中にエラーが発生しなかった場合は、エラーは返されません。ノードの実行中にエラーが発生した場合は、エラー出力としてエラー情報が返されます。

    ノードの実行前にエラーが発生した場合は、ノードは実行されません。代わりに、エラー入力値をエラー出力として返します。

    デフォルト: エラーなし

    datatype_icon

    セルフアドレスメッセージ出力

    セルフアドレスメッセージ入力の複製です。

    datatype_icon

    エラー出力

    エラー情報です。

    ノードは標準エラー動作に基づいてこの出力を生成します。

    標準エラー動作

    多くのノードにはエラー入力およびエラー出力があるため、ノードはコードの実行中に発生したエラーに応答したり、それを報告したりできます。エラー入力の値は、エラーがノードの実行前に発生したかどうかを指定します。大部分のノードはエラー入力の値に標準の予測可能な方法で応答します。

    エラー入力にエラーがない エラー入力にエラーがある
    ノードの実行前にエラーが発生しなかった場合は、ノードは通常どおりに実行を開始します。

    ノードの実行中にエラーが発生しなかった場合は、エラーは返されません。ノードの実行中にエラーが発生した場合は、エラー出力としてエラー情報が返されます。

    ノードの実行前にエラーが発生した場合は、ノードは実行されません。代わりに、エラー入力値をエラー出力として返します。

    このノードの実行可能場所:

    デスクトップOS: Windows

    FPGA: サポートなし

    ウェブサーバ: Webアプリケーションで実行されるVIに非対応


    最近閲覧されたトピック