レーダ​および​電子​戦​の​研究​と​プロトタイピング

レーダ​および​EW​の​新​機能​を​短時間​で​設計

レーダ​および​EW​の​研究者​と​システムエンジニア​は、​新しい​アイデア​を​ホワイト​ボード​から​完全​な​ソフトウェア​シミュレーション​に​取り入れ​て​から、​IP​を​ハードウェア​デモ​機​や​テスト​ベッド​に​移行​する​必要​が​あり​ます。​サポート​する​インフラ​ストラクチャ​の​構築​に​費​や​さ​れる​時間​は、​設計​者​が​目前​に​ある​本来​の​作業 (アルゴリズム、​波形、​アーキテクチャ、​コンポーネント​の​検証​など) に​集中​する​こと​を​妨げる​要因​となり​ます。​NI​では、​モジュール​式​I/​O、​堅牢​な​データ​の​移動​と​同期、​および​処理​技術​を​利用​し、​統合​開発​ソフトウェア​と​連携​する​こと​によって、​概念​から​概念​実証​へ​移行​する​際​の​リスク​を​低減​し​ます。

注目​の​ソリューション

レーダ​および​EW​の​新しい​概念​の​プロトタイプ​を​短時間​で​作成

新た​な​脅威​により、​レーダ​および​EW​の​研究者​は​新しい​概念​を​より​短時間​で​実証​する​必要​が​あり​ます。​NI​の​モジュール​式​COTS​コンポーネント​は、​新しい​要件​に​迅速​に​適応​し、​機能を向上させ、​競合​が​激しい​EW​環境​で​の​運用​を​可能​に​する​柔軟性​を​備え​てい​ます。​データ​の​移動​や​同期​に​使用​さ​れる​堅牢​な​インフラ​ストラクチャ​と​統合​開発​ツール​により、​NI​は​概念​から​実戦​的​な​システム​へ​の​移行​に​かかる​時間​を​短縮​し​ます。

レーダ​および​EW​用​オープン​アーキテクチャ

レーダ​および​EW​研究​の​アーキテクチャ

NI​の​レーダ​および​EW​研究​用​オープン​アーキテクチャ​に​は、​USRP​ソフトウェア​無線​デバイス​と​オープン​ソース​ソフトウェア​が​組み​込​まれ​て​おり、​レーダ​および​EW​の​プロトタイプ​作成​を​迅速​に​開始​する​こと​が​でき​ます。

アルゴリズム​の​設計​に​集中​する

NI​の​レーダ​および​EW​研究​用​オープン​アーキテクチャ​は、​データ​の​移動​と​同期​に​使用​さ​れる​堅牢​な​フレーム​ワーク​を​備え​て​いる​ため、​研究者​や​エンジニア​は、​カスタム​インフラ​ストラクチャ​の​構築​では​なく、​アルゴリズム​や​波形​の​改善​に​集中​する​こと​が​でき​ます。

簡単​に​セットアップ

C​+​+および​USRP​ハードウェアドライバ (UHD) 用​の​RFNoC API​に​基​づ​い​て​構築​さ​れ​た​コード​を、​ソフトウェア/​ハードウェア​構成​の​ドキュメント​とともに​無料​で​利用​でき​ます。​これら​を​使用​し​て、​レーダ​や​電子​戦​の​プロトタイプ​の​構築​を​適切​に​始める​こと​が​でき​ます。

検証​済み​の​処理​オプション​を​選択​する

多​チャンネル​システム​で​Tx​信号​と​Rx​信号​を​処理​すると、​大きな​演算​負荷​が​発生​し​ます。​レーダ​および​EW​研究​用​オープン​アーキテクチャ​は、​特定​の​サーバ​および​ネットワーク​インタフェース​カード​で​検証​さ​れ​て​おり、​信頼​性​の​高い​ハードウェア​構成​を​実現​でき​ます。

位相​コヒーレンス​を​実現​する

最大​32​個​の​Tx-​Tx、​Rx-​Rx、​Tx-​Rx​チャンネル​を​同期​し、​共有​の​内部​発振器​と​10 MHz​基準​クロック​信号​によって、​実験​期間​全体​で​コヒーレント​動作​が​可能​に​なり​ます。

NI​パートナー​と​連携​する

NI​パートナー​ネットワーク​は、​ドメイン、​アプリケーション、​テスト​の​専門​家​で​構成​さ​れる​グローバル​コミュニティ​です。​NI​と​協力​し​て​活動​し、​お客様​の​ニーズ​に​お​応え​し​てい​ます。​NI​パートナー​に​は、​信頼​できる​ソリューションプロバイダ、​システム​イン​テグ​レ​ータ、​コンサルタント、​製品​開発​者​が​いる​ほか、​幅広い​産業​分野​および​応用​分野​に​精通​した​サービス​および​販売​チャンネル​の​専門​家​がい​ます。

関連​情報

MathWorks MATLAB®​ソフトウェア​と​NI VST​を​使用​した、​レーダ​の​概念​の​プロトタイピング

MathWorks Radar Toolbox​を​使用​し​て​レーダ​システム​を​モデル​化​し、​LabVIEW​の​ラッパー​を​使用​し​て​MathWorks MATLAB​ソフトウェア​から​NI​ベクトル​信号​トランシーバ (VST) を​ターゲット​に​する​方法​を​ご覧​くだ​さい。​アルゴリズム​は、​シミュレーション​や​ハードウェア​で​評価​する​こと​が​でき​ます。

コ​グ​ニ​テ​ィ​ブ​レーダ​システム​の​設計​と​プロトタイピング

コ​グ​ニ​テ​ィ​ブ​レーダ​が​どの​よう​に​機械​学習​と​人工​知能​を​使用​し​て、​進化​する​EW​環境​に​適応​する​か​方法​を​ご​確認​くだ​さい。​NI​の​ソフトウェア​を​中核​と​した​FPGA​ベース​の​計測​器​を​使用​すると、​コ​グ​ニ​テ​ィ​ブ​レーダ​システム​を​設計​し、​その​プロトタイプ​を​作成​する​こと​が​でき​ます。