SDLC Toolkit for LabVIEW with Clock Recovery

RAFA Solutions, LLC

SDLC Toolkit for LabVIEW with Clock Recovery​は、​SDLC (Synchronous Data Link Contro) データ​通信​プロトコル​を​カスタム​LabVIEW​アプリケーション​に​統合​する​の​に​役​立ち​ます。

SDLC Toolkit for LabVIEW with Clock Recovery​は、​データ​送信 (TX) および​受信 (RX) 用​の​FPGA VI​を​含む​ライブラリ​を​提供​する​ソフトウェア​アド​オン​です。​この​アド​オン​は、​標準​の​エン​コーディング​と​組み込み​の​クロック​リカバリ​を​サポート​し​てい​ます。​アド​オン​は、​2​つ​の​FPGA VI​を​含む​LabVIEW FPGA​ドライ​バラ​イブ​ラ​リ​を​提供​し​ます。​追加​の​ドライバ​を​使用​し​て、​シングル​チャンネル​または​マルチ​チャンネル​の​データ​通信​を​実装​し​ます。​VI​を​使用​し​て、​巡回​冗長​検査 (CRC) 計算、​前方​誤り​訂正、​および​FPGA​で​の​ビット​スタッフ​ィ​ン​グ​または​ビット​スタッフ​ィ​ン​グ​解除​を​実装​でき​ます。​さらに、​SDLC Toolkit for LabVIEW with Clock Recovery​は、​設定​可能​な​ボー​レート​で​110​ボー​から​10M​ボー​の​データ​レート​範囲​を​サポート​し​ます。

価格​に​消費​税​は​含​まれ​てい​ま​せん。