SEA 802.11p Add-​On for LabVIEW - Monitoring API

価格​を​読み​込​んで​い​ます

価格​は、​追加​する​アクセサリ​と​サービス​によって​異​なり​ます。

価格​について​の​ご​質問​は、こちら​から​お​問い合わせ​くだ​さい。

オンライン​では​ご​購入​い​た​だけ​ま​せん。 ​ ​NI​は​現在、​お客様​が​選択​した​国​で​オンライン​による​販売​を​行​って​おり​ま​せん。 NIのディス​トリ​ビュ​ータが、​お客様​の​要件​に​必要​な​製品​を​探す​お手伝い​を​い​た​し​ます。

価格​に​消費​税​は​含​まれ​てい​ま​せん。

802.11p Monitoring API for LabVIEW​は、​V2X (Vehicle-​to-​Everything) の​IEEE 802.11p​通信​を​監視​および​操作​する​の​に​役​立ち​ます。

802.11p Monitoring API for LabVIEW​は、​V2X​通信​用​の​IEEE 802.11p​規格​へ​の​アクセス​を​提供​する​ソフトウェア​アド​オン​です。​この​アド​オン​を​使用​すると、​データ​層​で​の​802.11p​通信​の​操作​と​監視​を​必要​と​する​テスト​および​シミュレーション​アプリケーション​を​使用​でき​ます。​アド​オン​は、​USRP​ソフトウェア​無線​や​PXI​信号​トランシーバ​など​の​特定​の​ハードウェア​を​サポート​し​ます。​開​ループ​再生​または​HIL (Hardware-​In-​the-​Loop) テスト​システム​で​802.11p​無線​帯域​容量​を​最大限​に​活用​する​ため​に、​高​負荷​シナリオ​を​シミュレート​でき​ます。​802.11p Monitoring API for LabVIEW​は、​802.11p​メッセージ​ストリーム​を​CAN、​GNSS​シミュレーション​など​の​他の​信号​に​同期​する​の​に​も​役​立ち​ます。

製品​番号: 786922-35

​ ​サブ​スク​リ​プ​ション​契約​を​し​てい​ただ​い​て​いる​場合、​契約​は​契約​期間​の​終了​時​の​価格​に​基​づ​い​て​自動的​に​更新​さ​れ​ます。​各​更新​日​の​前​に​サブ​スク​リ​プ​ション​を​キャンセル​できる​こと​を​理解​し​てい​ます。ご​不明​な​点​が​ご​ざ​いま​したら、​お​問い合わせ​くだ​さい。