LabVIEW 通信・​接続​応用​コース

価格​を​読み​込​んで​い​ます

価格​は、​追加​する​アクセサリ​と​サービス​によって​異​なり​ます。

価格​について​の​ご​質問​は、こちら​から​お​問い合わせ​くだ​さい。

オンライン​では​ご​購入​い​た​だけ​ま​せん。 ​ ​NI​は​現在、​お客様​が​選択​した​国​で​オンライン​による​販売​を​行​って​おり​ま​せん。 NIのディス​トリ​ビュ​ータが、​お客様​の​要件​に​必要​な​製品​を​探す​お手伝い​を​い​た​し​ます。

価格​に​消費​税​は​含​まれ​てい​ま​せん。

ご​購入​の​後に​登録​なさる​場合​は、この​フォームを​送信​する​か、​カス​タマ​ー​サービス​(1-888-484-4436)​に​連絡​し​て、​ご​注文​に​トレーニング​クレジット​を​適用​し​て​くだ​さい。

LabVIEW 通信・​接続​応用​コース​では、​LabVIEW​アプリケーション​用​の​統合​システム​の​コンポーネント​を​特定​し​て​実装​する​方法​を​学び​ます。

LabVIEW​通信・​接続​応用​コース​では、​DLL、​ActiveX、​インターネット​など​の​接続​技術​を​利用​し​て​他の​アプリケーション​の​機能​を​活用​する​こと​で、​LabVIEW​アプリケーション​の​機能​を​拡張​する​とともに、​開発​時間​を​短縮​し​ます。​この​コース​を​受講​すると、​VI​サーバー​を​使用​し​て​LabVIEW VI​と​LabVIEW​アプリケーション​を​プログラム​で​制御​する​方法、​および​LabVIEW Database Connectivity Toolkit​を​使用​し​て​データベース​と​通信​する​方法​が​理解​でき​ます。​LabVIEW​通信・​接続​応用​コース​は、​アプリケーション​の​機能​を​拡張​する​必要​が​ある​LabVIEW​ユーザ、​および​認定​LabVIEW​開発​者/​設計​者​資格​の​取得​を​目指す​ユーザ​に​お​勧め​し​ます。​LabVIEW​実践​集中​コース​2​の​経験​または​同等​の​スキル​が​必要​です。

主​な​特長:
  • 形式:​授業​形式、​バーチャル、​キット
  • 必要​条件:LabVIEW​実践​集中​コース​2​の​受講、​または​LabVIEW​で​の​小​~​中規模​アプリケーション​の​プログラミング​経験
  • この​コース​は、非公開​バーチャル​形式​または​非公開​授業​形式でも​ご​利用​でき​ます

製品​番号: 910801-11 | 910801-69

カス​タマ​ー​トレーニング​コース

NI​では、​世界中​の​お客様​の​ニーズ​に​お​応え​する​ため​に、​さまざま​な​言語​で​トレーニング​コース​を​提供​し​てい​ます。​授業​形式​や​バーチャル​コース​形式​の​トレーニング​を​受講​する​場合​は、「バーチャル​および​授業​形式​の​トレーニング​コース​の​予定」​を​ご覧​に​なり、​講師​が​使用​する​言語​と、​スライド​や​マニュアル​など​の​コース​教材​で​使用​さ​れる​言語​を​確認​し​て​くだ​さい。​オン​デマンド​形式​の​トレーニング​を​受講​する​場合​は、​弊社のラ​ー​ニ​ン​グ​ライブラリ​に​アクセス​して、​各​コース​で​提供​さ​れ​て​いる​言語​を​確認​し​て​くだ​さい。