Data Acquisition Using LabVIEW NXG Course

Data Acquisition Using LabVIEW NXG Course​では、​センサ、​NI​データ​収集​ハードウェア、​LabVIEW​を​使用​した​データ​収集​の​基本​を​学び​ます。​この​コース​では、​分解能​と​サンプリング​レート​を​含む​ハードウェア​選択​の​基本、​グランド​と​配線​構成​を​含む​センサ​接続​の​基礎​を​学習​し​ます。​また、​NI-​DAQmx​ドライバ​を​使用​し​て、​データ​収集​タスク​の​計測、​生成、​および​同期​を​行い​ます。​有限​長​の​収集​および​連続​収集​の​プログラミング​の​ほか、​ハードウェア/​ソフトウェア​タイミング、​トリガ、​ロギング​の​ベスト​プ​ラ​ク​テ​ィ​ス​について​学習​し​ます。​Data Acquisition Using LabVIEW NXG Course​では、​NI-​DAQmx​および​LabVIEW​を​使用​した​NI​データ​収集​ハードウェア​の​構成​および​プログラミング​という​実践​的​な​演習​を​行い​ます。

コース​の​詳細:

Data Acquisition Using LabVIEW NXG Course​の​概要

レッスン 概要 トピック
電圧​または​電流​を​測定​する​(アナログ​入力) ハードウェア​の​選択​と​接続、​DAQmx​タスク​の​適切​な​構成、​アナログ​計測​の​検証​を​行う​方法​を​学習​し​ます。
  • 分解能、​レンジ、​感度​に​基​づ​い​て​適切​な​データ​収集​ハードウェア​を​選択​する
  • エイリアシング​を​回避​し、​必要​な​データ​を​取得​する​ため​の​適切​な​サンプリング​レート​を​決定​する
  • アナログ​入力​信号​を​接続​する​ため​の​適切​な​接地​構成​を​認識​する 
  • アナログ​入力​計測​を​実現​する​ため​の​「DAQmx​チャンネル​を​作成」​VI​の​構成​オプション​を​理解​する
アナログ​信号​を​生成​する​(アナログ​出力) ハードウェア​の​選択​と​接続、​DAQmx​タスク​の​適切​な​構成、​アナログ​信号​の​検証​を​行う​方法​を​学習​し​ます。
  • 分解能、​レンジ、​感度​に​基​づ​い​て​適切​な​データ​収集​ハードウェア​を​選択​する
  • アナログ​信号​出力​を​実現​する​ため​の​「DAQmx​チャンネル​を​作成」​VI​の​構成​オプション​を​理解​する
  • 電流​生成​の​特性​を​認識​する
デジタル​信号​の​生成​または​読み取り ハードウェア​の​選択​と​接続、​DAQmx​タスク​の​適切​な​構成、​デジタル​信号​の​検証​を​行う​方法​を​学習​し​ます。
  • 読み取る​または​生成​する​必要​が​ある​デジタル​信号​の​タイプ​に​基​づ​い​て​適切​な​データ​収集​ハードウェア​を​選択​する
  • シンク​デバイス​と​ソース​デバイス​の​接続​の​違い​を​理解​する
  • デジタル​信号​を​読み取る​または​書き込む​ため​の​「DAQmx​チャンネル​を​作成」​VI​の​設定​オプション​を​理解​する
  • カウンタ​信号​の​特性​を​説明​する
調査​する​信号​の​選択 特定​の​信号​を​選択​し​て、​特殊​な​信号​調節​ニーズ​を​含む​DAQmx​タスク​の​構成​方法​を​学習​し​ます。
  • 歪み、​力、​または​圧力​(ブリッジ​ベース​の​計測)
  • 音響、​振動、​加速度​(IEPE​計測)
  • 温度
  • エッジ、​周波数、​デ​ュ​ー​テ​ィ​サイクル、​パルス幅
  • 位置​または​回転​(カウンタ​入力)
NI-​DAQmx API​を​使用​した​プログラミング DAQ​デバイス​と​コンピュータ​間​の​データ​通信​を​自動化​する​DAQmx API​を​使用​し​て​アプリケーション​を​プログラム​方法​を​学習​し​ます。
  • DAQmx​コード​構造​の​概要
  • 有限​長​の​データ​を​読み取る
  • 有限​長​の​データ​を​生成​する
  • データ​の​連続​収集
複数​チャンネル​を​プログラミング​する マルチ​チャンネル​タスク​を​作成​する​さまざま​な​方法​と、​それら​を​使用​できる​場合​について​学習​し​ます。
  • 複数​チャンネル​と​通信​する
  • マルチ​デバイス​タスク​を​作成​する 
  • 1​つ​の​VI​で​複数​行​の​DAQmx​コード​を​使用​する
特定​の​条件​で​トリガ​する 特定​の​条件​で​データ​収集​を​開始​し、​ハードウェア​ソース​を​トリガ​として​使用​する​方法​を​理解​し​ます。
  • トリガ​の​概要
  • ハードウェア​トリガ​の​タイプ
  • ハードウェア​トリガ​の​ソース
上級​タイミング​と​同期​の​方法 複数​の​DAQ​タスク​を​同期​する​ため​の​適切​な​方法​の​習熟​に​役​立ち​ます。
  • 同期​の​概要
  • 単一​デバイス​を​共有​トリガ​と​同期​する
  • 共有​トリガ​同期​の​制限​を​知る
  • 複数​の​デバイス​を​同期​する
  • 特定​の​ハードウェア​シリーズ​を​同期​する
測定​データ​を​ディスク​に​ログ​する データ​を​技術​データ​管理​ストリーミング​(TDMS)​ファイル​に​記録​し、​解析​および​後処理​の​ため​に​データ​を​保存​する​方法​を​説明​し​ます。
  • TDMS​の​概要 
  • DAQmx API​を​使​って​データ​を​記録​する 
  • TDMS​データ​を​整理​する 
  • TDMS​データ​を​表示​する
システム​に関する​注意事項 データ​収集​システム​の​構築​に関する​その他​の​側面​を​検討​し​ます。
  • ハードウェア​に関する​システム​の​注意事項
  • システム​の​確度​を​明確​に​する
  • バス​および​コンピュータ​に関する​注意事項
  • アプリケーション​の​プログラミング​の​開始​方法

Data Acquisition Using LabVIEW NXG Course​を​受講​する