製造​テスト​システム​の​開発​に​LabVIEW​を​使用​する​メリット

LabVIEW​の​使用​で​テスト​コスト​が​削減​できる​の​は、​変わり​続ける​製造​テスト​システム​の​ニーズ​に​LabVIEW​が​即座​に​対応​できる​ため。​その​優​れ​た​柔軟性​によって、​あらゆる​計測​器​と​の​接続、​既存​コード​の​再​利用、​すばやい​ユーザ​インタフェース​設計​が​可能。

LabVIEW​で​できる​こと

LabVIEW​を​使用​する​こと​で、​一貫​した​開発​手法​によって、​複数​の​計測​器​を​制御​する​柔軟​な​テスト​アプリケーション​を​す​ば​やく​作成​でき​ます。​また、​グラフィカル​プログラミング​アプローチ、​付属​の​解析​機能、​統合​さ​れ​た​ドラッグ​アンド​ドロップ​による​UI​設計​機能​を​使用​し​て​システム​を​カスタマイズ​できる​ため、​ユーザ​独自​の​テスト​要件​に​焦点​を​絞​っ​た​開発​が​可能​に​なり​ます。​システム​が​構築​さ​れる​と、​計測​結果​を​どこ​から​でも​閲覧​できる​よう​に​なり​ます。​また、​LabVIEW​と​NI​の​業界​標準​の​テスト​管理​ソフトウェア​で​ある​TestStand​を​組み合わせ​て、​製品​の​デプロイメント​に​かかる​時間​を​最小限​に​短縮​でき​ます。

LabVIEW​を​使用​する​こと​の​メリット

ほぼ​すべて​の​計測​器​に​接続​できる​ため、​システム​設定​時間​の​短縮​が​可能

数​千​種類​の​計測​器​ドライバ (通常、​API、​サンプル​プログラム、​ドキュメント​が​付属​し​てい​ます) を​使用​し​て、​ほぼ​すべて​の​モジュール​式​計測​器​や​従来​型​の​スタンドアロン​計測​器​に​接続​でき​ます。​また​LabVIEW​に​は、​600​種類​を​超える​NI​の​電子​テスト/​計測​用​PXI​モジュール​に​対応​した​ソフトウェア​インタフェース​も​用意​さ​れ​てい​ます。

テスト​シーケンス​を​短時間​で​開発

計測​器​に​特​化​した​多数​の​サンプル​コード​モジュール​と​付属​の​計測​ライブラリ​は、​開発​時間​を​短縮​する​ため​の​開始​点​として​利用​でき​ます。​エンジニア​向け​に​開発​さ​れ​た​グラフィカル​プログラミング​アプローチ​を​利用​する​こと​で、​アイデア​を​機能​的​な​テスト​コード​に​マッピング​する​こと​が​でき、​従来​の​プログラミング​に​伴う​よう​な​負担​を​最小限​に​抑える​こと​が​でき​ます。

既存​コード​を​再​利用​し​て、​開発​時間​を​短縮

オープン​性​の​高い​LabVIEW​は、​既存​の​構成​ライブラリ、​解析​ライブラリ、​検査​対象​デバイス (DUT) 制御​ライブラリ​と​容易​に​統合​でき​ます。​そのため​に​は、​Python​スクリプト​と​の​相互​運用​や、​C/​C​+​+/​C#​コード​の​アセンブリ​または.NET​の​アセンブリ​の​イン​ポート​を​行い​ます。

プロ​仕様​の​ユーザ​インタフェース​を​す​ば​やく​作成​し、​テスト​結果​を​視覚化

LabVIEW​では、​ドラッグ​アンド​ドロップ​可能​な​数多く​の​エンジニアリング​オブジェクト​を​使用​し​て​ユーザ​インタフェース​を​作成​できる​ため、​エンジニア、​技術​者、​オペレータ​など​に​システム​を​わか​りや​すく​説明​する​こと​が​でき​ます。​また​LabVIEW​では、​TestStand​など​の​テスト​管理​ソフトウェア​と​統合​し​て、​レポート​の​生成​や​データベース​へ​の​結果​の​記録​を​行う​こと​も​でき​ます。

テスト​ステーション​の​デプロイメント​や​リ​ワーク​に​かかる​コスト​を​削減

ハードウェア​抽象​化​レイヤ​が​適切​に​作成​さ​れる​ため、​ソフトウェア​を​計測​器​の​変更​に​適応​させる​こと​が​でき​ます。​LabVIEW​では、​TestStand​など​の​すぐ​に​実行​できる​テスト​管理​ソフトウェア​と​の​統合​が​可能​な​ため、​コード​モジュール​や​関連​ファイル​を​す​ば​やく​配布​し​て、​自動​テスト​システム​を​製造​現場​へ​デプロイ​する​こと​が​でき​ます。

スキル​の​効率​的​な​習得​で​開発​を​スピードアップ

自習​または​認定​さ​れ​た​講師​による​指導​を通じて、​LabVIEW​と​TestStand​を​使用​した​生産​性​の​向上​について​学習​する​こと​が​でき​ます。​NI​が​標準​サポート・​保守​プログラム (SSP) で​提供​する​オン​デマンド​の​オンライン​トレーニング​を​利用​した​り、​最寄り​の​会場​で​行​われる​授業​形式​の​トレーニング​コース​を​受講​した​り​し​て、​実用​的​な​テスト​アプリケーション​の​開発​を​実践​形式​で​学ぶ​こと​が​でき​ます。