LabWindows™/​CVI™​を​使用​し​て​製造​テスト​システム​を​最適​化​する​方法

LabWindows/​CVI​は、​アプリケーション​の​テスト​スループット​時間​を​短縮​する​ANSI C​開発​環境​です。​マルチ​ス​レッド​プロセス​の​実行、​コード​の​解析​速度、​情報​の​効率​的​な​保存​といった、​パフォーマンス​を​向上​させる​機能​が​搭載​さ​れ​てい​ます。

LabWindows/​CVI​で​できる​こと

LabWindows/​CVI​を使用すれば、​マルチスレッド​処理​機能​を​活用​し​て​並列​タスク​に​最適​に​リソース​を​割り当て、​テスト​プログラム​を​最適​化​でき​ます。​さらに、​内蔵​の​Execution Profiler Toolkit​が​提供​する​コード​パフォーマンス​に対する​イン​サイト​によって、​より​効率​的​な​アプリケーション​を​作成​でき​ます。​また、​LabWindows/​CVI​は、​テクニカル​データ​管理​ソリューション​(TDMS)​ファイル​形式​を​使用​する​ため、​テスト​データ​を​より​効率​よく​保存​および​管理​し​て、​テスト​情報​の​配置​を​間違える​リスク​を​軽減​でき​ます。

LabWindows/​CVI​を​使用​する​こと​の​メリット

マルチスレッド​処理​を​実行​し​て、​より​多く​の​テスト​を​並列​実行​できる

LabWindows/​CVI​を使用すれば、​複数​の​並列​操作​の​実行、​最も​重要​な​タスク​の​優先、​マシン​の​マルチ​コア​プロセッサ​の​最大​利用​が​可能​に​なり、​より​高性能​な​アプリケーション​を​作成​でき​ます。​内蔵のサンプルを使用すれば、​プロジェクト​を​スムーズ​に​開始​でき​ます。

データ​を​TDMS​ファイル​形式​で​保存​し​て、​データ​解析​時間​を​短縮​できる

LabWindows/​CVI​では、​TDMS​ファイル​形式​を​使用​し​て、​全て​の​計測​データ​の​説明​情報​とともに​データ​を​保存​および​整理​でき​ます。​データ​は​最も​効率​が​よく、​追跡​と​拡張​が​可能​な​形​で​保存​さ​れる​ため、​データ​紛失​による​二重​テスト​を​回避​でき​ます。

Profiler Toolkit​で​テスト​の​スループット​を​向上​させる​こと​が​できる

LabWindows/​CVI​では、​内蔵​の​Execution Profiler Toolkit​を​使用​し​て、​アプリケーション​実行​データ​を​収集​し、​全て​の​関数​の​タイミング​情報​を​グラフィカル​ビュ​ー​ア​で​表示​できる​ため、​最大​の​イン​サイト​を​得る​こと​が​でき​ます。​したがって、​より​徹底​した​性能​解析​を​実行​し​て、​デバッグ​と​実行​速度​の​最適​化​を​行う​こと​が​でき​ます。