LabWindows™/​CVI™​を​使用​し​て​製造​テスト​システム​を​開発​する​方法

LabWindows/​CVI​は、​テスト​の​速やか​な​開始​を​可能​に​する​ANSI C​開発​環境​です。​ハードウェア​と​の​接続​も​簡単​で、​カスタム​UI​を​作成​する​こと​が​でき​ます。​また、​NI​の​テスト​管理​ソフトウェア​で​ある​TestStand​を​統合​し​て、​製造​テスト​を​完全​自動化​する​こと​が​でき​ます。

LabWindows/​CVI​で​できる​こと

LabWindows/​CVI​を使用すれば、​製造​テスト​システム​の​コード​を​簡単​かつ​安全​に​作成​でき​ます。​多数​の​計測​器​と​シームレス​に​統合​し、​プロジェクト​に​特​化​した​UI​を​簡単​に​設計​できる​ため、​要件​に​合​っ​た​カスタム​テスト​を​柔軟​に​作成​でき​ます。​システム​を​組み立てる​際、​LabWindows/​CVI​を​NI​の​業界​最高​レベル​の​テスト​管理​ソフトウェア​TestStand​と​組み合わせる​こと​で、​管理​が​容易​な​テスト​シーケンス​を​作成​でき、​製造​開発/​実装​時間​を​最小限​に​短縮​でき​ます。

LabWindows/​CVI​を​使用​する​こと​の​メリット

実質​的​に​いかなる​計測​器​に​も​接続​できる​ため、​システム​の​セットアップ​時間​を​短縮​できる

LabWindows/​CVI​は、​内蔵​ライブラリ​と​計測​ツール​を​搭載​し​て​おり、​NI​の​DAQ​ハードウェア​および​PXI​モジュール​式​計測​器​と​シームレス​に​統合​し​て​データ​収集/​制御​を​可能​にし​ます。​また、​API、​ドキュメント、​サンプル​を​含む​多数​の​ドライバ​を​使用​し​て、​他社​製​計測​器​とも​容易​に​接続​でき​ます。

グラフィカル​な​ユーザ​インタフェース​を​す​ば​やく​作成​し、​テスト​結果​を​視覚​化​できる

LabWindows/​CVI​は、​自動​テスト/​自動​計測​アプリケーション​向け​の​カスタマイズ​可能​な​ユーザ​インタフェース​を​作成​する​ツール​および​コンポーネント​を​提供​し​ます。​ドラッグ​アンド​ドロップ​機能​を​使用​する​こと​で、​プロジェクト​の​UI​コンポーネント​を​簡単​に​カスタマイズ​でき​ます。

エンド​ユーザ​に​アプリケーション​を​より​簡単​に​配布​できる

LabWindows/​CVI​では​配布​キット​を​使用​し​ます。​これ​は、​アプリケーション​と​その​全​依存​項目​を​簡単​に​パッケージ​または​インストーラ​内​に​ビル​ド​し​て、​全て​の​テスト​マシン​に​実装​できる​もの​です。​さらに、​実装​後​の​実行​ファイル​は​リモート​で​デバッグ​できる​ため、​より​優​れ​た​イン​サイト​が​得​ら​れ​ます。

TestStand​を​使用​し​て​テスト​シーケンス​開発​を​短縮​できる

LabWindows/​CVI​は​TestStand​の​モジュール​アダプタ​と​スムーズ​に​統合​する​ため、​自動​テスト​システム​の​構築、​実装、​管理​を​徹底的​に​行う​こと​が​でき​ます。​こうした​統合​環境​によって、​コード​の​再​利用​を​最大限​に​生かせる​ため、​開発​時間​が​短縮​でき​ます。

効率​的​な​スキル​の​習得​で​開発​を​スピードアップ​できる

自習​または​認定​イン​スト​ラ​クタ​による​指導​を通じて、​LabWindows/​CVI​と​TestStand​を​使用​する​際​の​生産​性​を​高める​こと​が​でき​ます。 標準​サポート・​保守​プログラム​(SSP)​に​含​ま​れる​オンライン​トレーニング​を​利用​した​り、​最寄り​の​会場​で​行​われる​授業​形式​の​トレーニング​コース​を​受講​し​て、​実用​的​な​テスト​アプリケーション​の​開発​を​実践​形式​で​学ぶ​こと​が​でき​ます。