TestStand​で​自動​検証​テスト​システム​を​開発​する​方法

TestStand​は、​ハードウェア​構成​の​対話​式​ワーク​フロー、​ビルト​イン​デバッグ​ツール、​自動​レポート​生成​により、​検証​テスト​システム​の​自動化​を​簡素​化​する​テスト​管理​ソフトウェア​です。

TestStand​で​できる​こと

TestStand​は、​テスト​シーケンス​の​開発、​デバッグ、​実行​を​簡素​化​する​テスト​管理​ソフトウェア​です。​TestStand​は、​LabVIEW、​C/​C​+​+、.NET、​Python​など​の​さまざま​な​プログラミング​言語​で​記述​さ​れ​た​テスト​コード​を​呼び出す​アダプタ​を​使用​し​て、​すべて​の​テスト​の​ニーズ​を​満たす​の​に​役​立ち​ます。​InstrumentStudio​と​の​統合​により、​インタラクティブ​な​ハードウェア​構成​と​デバッグ​を通じて​テスト​開発​を​加速​でき​ます。​テスト​結果​の​共有​は​簡単​で、​業界​標準​の​形式​で​レポート​を​自動​生成​し、​エンタープライズ​データベース​に​ロギング​し​ます。

TestStand​を​使用​する​こと​の​メリット

ハードウェア​設定​を​促進​する​ため​の​IO​構成​の​イン​ポート

InstrumentStudio​を​使用​すると、​インタラクティブ​に​計測​器​を​構成​し、​構成​ファイル​を​TestStand​に​エクスポート​する​こと​が​でき​ます。​これらの​構成​は、​新規​または​既存​の​IO​セッション​に​適用​した​り、​計測​用​の​コード​モジュール​に​渡し​たり、​スイープループ​の​計測​器​属性​として​使用​した​り​する​こと​が​でき​ます。

スイープループ​による​パラメトリック​分析​の​簡素化

スイープループ​を​使用​し​て、​一連​の​パラメータ​から​の​各種​置換​の​実行​を​簡略​化​し​ます。​特定​の​数​の​間隔​の​開始/​停止​値、​値​の​配列、​または​実行​時​の​パラメータ​の​生成​式​など、​複数​の​オプション​を​使用​し​て​各​パラメータ​の​範囲​を​指定​でき​ます。

統合​デバッグ​ツール​で​予期​しない​動作​を​調査

TestStand​は、​コード​を​検査​および​調査​する​ため​の​組​込​デバッグ​ツール​を​使用​し​て、​テスト​アプリケーション​を​より​速​く​デバッグ​する​の​に​役​立ち​ます。​InstrumentStudio​で​構成​さ​れ​た​計測​器​の​場合、​テスト​実行​中​に​ソフト​フロント​パネル​で​データ​を​同時に​表示​し、​テスト​シーケンス​の​アイドル​状態​で​計測​器​の​設定​を​インタラクティブ​に​デバッグ​または​変更​でき​ます。

テスト​データ​の​保存​と​レポート​作成​を​自動化

TestStand​で​自動​レポート​生成​を​使用​し​て​テスト​データ​を​保存​および​共有​し、​ATML、​XML、​HTML、​テキスト​など​の​さまざま​な​業界​標準​の​形式​で​ファイル​を​作成​し​ます。​これらの​テスト​結果​を​将来​の​分析​の​ため​に​エンタープライズ​データベース​に​記録​する​こと​で、​データ​の​共有​を​簡素​化​でき​ます。