イノベーションのさらなる加速を実現する「LabVIEW 2018」

「LabVIEW 2018」を用いて各種ソフトウェアと統合することにより、テストシステムの開発・運用効率の最適化が可能に

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:コラーナ マンディップ シング、以下 日本NI)は、2018年5月23日、「LabVIEW 2018」を発表します。LabVIEWは、数十年にわたりテスト用のワークフローを構築するためのソフトウェアプラットフォームとして業界を牽引してきた製品です。その最新版であるLabVIEW 2018では、システムの統合作業を簡素化し、ハードウェアに対する高いアクセシビリティにより優れた制御性を実現する新たなツールが導入されました。それらを利用することにより、イノベーションの加速を促進することが可能になります。

 

現在、産業分野では、5G(第5世代移動通信システム)やインダストリアルIoT(Internet of Things)、自動運転車などへの対応が大きなトレンドになっています。このトレンドからもたらされた急速なイノベーションは、私たちの日常生活に大きな影響を及ぼすだけでなく、そのアプリケーション自体も複雑さが増しています。そのため、産業分野で続々と生み出される新たなデバイスも複雑化し、信頼性、品質、安全性を保証するためのテストも複雑化しています。そのため、新型デバイスに対応するための新たなテスト仕様や、テストシステムのコンフィギュレーション(構成)を、短時間かつ低予算で実現しなければなりません。このように、開発期間やコストを許容範囲内に抑えつつ目標を達成できるようにするには、テストシステムを体系化し、開発し、統合するための優れたツールが必要です。

 

LabVIEW 2018を使用することにより、上述の課題に対処することができます。例えば、LabVIEW 2018 では、Pythonで記述されたIP(Intellectual Property)を統合することが可能です。そのため、他社製のパッケージや既存のIPを最大限に活用することができます。テスト担当の技術者は、LabVIEW 2018の新機能を利用することにより、継続的な配布作業に向けて、「Jenkins」のようなオープンなインタフェースツールを統合し、ソフトウェアのビルドと実行を自動化してコードの信頼性を高めることが可能になります。このような機能により、テスト担当の技術者は、ソフトウェアツールをどのようにして使えばよいのか、IPはどのように移動させればよいのかといったことで行き詰まることがなくなります。その結果、テストシステムの統合と開発に注力して差別化を図ることが可能になります。また、高性能の処理を行うためにFPGAを使用しているケースでは、ディープラーニングに対応する新機能と強化された浮動小数点演算を使うことによって、市場投入までの期間を短縮できます。

 

複雑な被測定デバイスや短期開発に対応するには、ワークフローで効率的に使用できる、個々のニーズにカスタマイズされた包括的なツールが必要です。こうしたツールによって、アプリケーション要件を正確に満たすことが可能になります。NIが提供するソフトウェアを中心とするプラットフォームには、ワークフローの各段階のニーズに合わせてカスタマイズされた製品が使用されています。30万を越えるアクティブなユーザが、こうした製品の全体または一部を採用していますが、LabVIEW 2018はそういったプラットフォームに追加された最新の製品です。

 

このワークフローでは、複数の計測器に対する対話型の操作を提供する「InstrumentStudio™」、テストの実行とレポートの生成に使用するテスト管理用ソフトウェア「TestStand」、設備資産とソフトウェアの実装(デプロイメント)を管理するための「SystemLink™」が利用できます。このワークフローにより、多くのアプリケーション分野でテストと検証に関する生産性の向上を図ることができます。ワークフローの各要素は、他社製のソフトウェアとの相互運用性も備えています。そのため、コードやIPの再利用性を高めることができます。また、「LabVIEWツールネットワーク」で提供されるアドオンやツールなど、NIのエコシステムを活用することにより、各種アプリケーションに固有の要件に対応することが可能になります。

 

Cirrus Logic社 LabVIEWフレームワークアーキテクト Chris Cilino氏のコメント
「NIが提供するソフトウェアを中心とするプラットフォームを活用することにより、当社の生産性は向上し、ROI(投資利益率)を最大化するという課題に注力することができています。LabVIEWは、今後も、ソフトウェアの保守や、価値あるIPを改変することなく再利用できる一貫したプロセスを提供してくれるでしょう。その結果、当社のバリデーション(妥当性確認)用フレームワークにテストを追加したり、コードを変更したりするために必要な労力は最小限に抑えられるはずです。」

 

LabVIEWを購入すると、LabVIEW 2018とLabVIEW NXGの両方が使用できます。詳細についてはni.com/labview をご覧ください。

LabVIEW 2018

LabVIEW 2018 allows engineers to exceed their speed of innovation by taking advantage of new tools that simplify system integration and grant more control through hardware accessibility.

 

Click here to learn more.

 

画像に関するお問い合わせは、prjapan@ni.comまでご連絡ください。

NIについて

NI(ni.com)は、現在だけでなく将来をも見据えたエンジニアリングの課題解決をサポートする、高性能な自動テスト/計測システムを開発しています。NIのソフトウェア定義のプラットフォームは、モジュール式ハードウェアと拡大を続けるエコシステムから構成されており、このオープンなプラットフォームを採用することにより、優れたアイデアを具現化できます。

本リリースに関するお問い合わせ先

広報担当

電子メール: NIJapanPR@edelman.com