From Friday, April 19th (11:00 PM CDT) through Saturday, April 20th (2:00 PM CDT), 2024, ni.com will undergo system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.

有害物質の管理

NIでは、環境にやさしい製品の製造に努めており、環境およびサプライチェーンの責任に関する全ての適用法を順守しています。

EU版RoHS準拠

EUのRoHS指令 (2011/65/EU) は、鉛、水銀、カドミウムといった有害物質を製品に使用することを制限しています。この指令は、11のカテゴリに属する電気・電子機器が対象です。NI製品は、カテゴリ9の産業用監視・制御機器に分類され、2017年7月22日に対象となりました。NIは、RoHS指令に完全に準拠しています。

 

改正指令 (2015/863/EU) により、EU RoHS指令 (2011/65/EU) 付属書IIが改訂され、フタル酸エステル系の4物質が規制物質として追加されました。これにより、フタル酸ビス (2-エチルヘキシル) (DEHP)、フタル酸ブチルベンジル (BBP)、フタル酸ジブチル (DBP)、およびフタル酸ジイソブチル (DIBP) の均質材料中の最大許容濃度は0.1重量パーセントに制限されます。

 

NIでは、これら4種類の新しい物質が製品中に存在するかどうかを確認するためにサプライチェーンを調査しました。NIの製品のほとんどは、カテゴリー9「産業用監視・制御機器」の期限である2021年7月22日までに、RoHS指令 (EU) 2015/863に準拠していることが認定されました。お使いの製品に対応する適合宣言をダウンロードするには、その型番をNI製品認証サイトで検索してください。

製品から有害物質を取り除くプロセスには、サプライチェーンの広範囲に及ぶ影響に加え、以下のような課題があります。

  • 米国環境保護庁 (EPA) などの機関によると、一部有害物質の代替オプションの中には、環境への影響が従来の有害物質に比して同等あるいはより深刻なものもあると報告されています。この問題に対処するため、NIは世界各地の多数の業界団体と積極的な係わりを持っています。これらの業界団体と連携し、サプライヤとの密接な関係を通して、原料に関する高度な技術開発、そして有害物質の国際的規制への準拠という両面においてNIは常に最前線にいます。 
  • この分野の規制は急速に整備が進んでいます。NIは、Test and Measurement Coalitionのメンバーであり、この団体を通して法規制の改正に携わっています。

 

RoHS指令の原文をお読みいただけます。NIのRoHS指令準拠に関する詳細情報は、rohs@ni.comまでお問い合わせください (英語)。

China RoHS

On January 16, 2016, the Chinese Ministry of Information Industry promulgated China's requirements for the "Management Methods for Restriction of the Use of Hazardous Substances in Electronic and Electrical Products." These requirements spell out Chinese policy on the Restriction of Hazardous Substances (RoHS) used in Electronic and Electrical Products (EEPs).

The Chinese "Management Methods" are similar to European Union RoHS requirements because they recognize the same six hazardous substances and the same maximum concentration levels.The "Management Methods" regulation also defines requirements for product labeling and hazardous substance level disclosure.The following industry standards were developed to describe the requirements:

  • Labeling - SJ/T11364-2014 "Marking for the Restricted Use of Hazardous Substances in Electronic and Electrical Products"
  • Maximum concentration levels - GB/T 26572-2011 "Requirements for Concentration Limits for Certain Hazardous Substances in Electronic and Electrical Products"

National Instruments meets the "Management Methods" requirements by providing appropriate labeling and hazardous substance disclosure with all products that fall under the EEP definition.

Disclosure of Hazardous Substances and Elements

SJ/T 11364-2014 requires that all EEP manufacturers supply a table disclosing toxic or hazardous substances contained in a product.Table 1 is an example of the information supplied with NI EEP products.

The table discloses hazardous substance concentration values above or below the limit requirements defined in GB/T 26572-2011.An "X" or "O" in the table row identifies whether a hazardous substance is present for each major component of the product.

 

Table 1.Example Toxic or Hazardous Substances and Elements Contained in Product

Component NameToxic or Hazardous Substances and Elements
Lead
(Pb)
Mercury
(Hg)
Cadmium
(Cd)
Hexavalent chromium
(Cr6+)
Polybromin-
ated biphenyls
(PBB)
Polybromin-
ated
diphenyl
ethers
(PBDE)
Printed circuit card assemblyXOOOOO
Metal enclosureXOOXOO

 

O:Indicates that the toxic or hazardous substance contained in all of the homogeneous materials for this part is below the limit required in GB/T 26572-2011.

X:Indicates that the toxic or hazardous substance contained in at least one of the homogeneous materials used for this part is above the limit requirement in GB/T 26572-2011.

Product Marking Explanations

In accordance with the requirements specified in SJ/T 11364-2014, all NI EEPs sold in the People's Republic of China are marked with pollution control logos.

The following illustrations show the markings that apply to NI products.

 

 

Logo 1 - No part of the EEP contains toxic or hazardous substances or elements above the requirements listed in GB/T 26572-2011.

 

 

 

Logo 2 - Some homogenous substance within the EEP contains toxic or hazardous substances or elements above the requirements listed in GB/T 26572-2011.These substances are identified in Table 1.

The size or function of some products may prevent them from being directly marked.These products still meet the requirements of GB/T 26572-2011, and their marking information is covered in the Hazardous Substance Disclosure form that is shipped with the EEP.

Environmentally Friendly Use Period

The number in Logo 2, shown as 40 in the illustration, refers to an EEP's environmentally friendly use period (EFUP).The EFUP is the number of years from the date of manufacture that toxic or hazardous substances or elements contained in EEPs will not leak or mutate under normal operating conditions resulting in any environmental pollution, bodily injury, or damage to assets.

Manufacture Date

Manufacture dates of all National Instruments products are encoded into the product serial number.Contact your local sales office to obtain the manufacture date for your product.

Hazardous Substance Disclosure Statements

Taiwan RoHS

On July 30, 2013, Taiwan Bureau of Standards, Metrology and Inspection (BSMI), Ministry of Economic Affairs MOEA promulgated Taiwan's requirements for the "CNS15663 Guidance to reduction of the restricted chemical substances in electrical and electronic equipment." These requirements spell out Taiwanese policy on the Restriction of Hazardous Substances (RoHS) used in electronic and electrical equipment.

Taiwan "restricted chemical substances" are similar to European Union RoHS requirements because they recognize the same six hazardous substances and the same maximum concentration levels.The "restricted chemical substances" regulation also defines requirements for product labeling and hazardous substance level disclosure.The following industry standards were developed to describe the requirements:

  • Labeling - CNS 15663 Section 5 "Marking Presence” requires to clearly mark “the presence conditions of the restricted substances”

National Instruments meets the requirements by providing appropriate labeling and hazardous substance disclosure with all products that fall under the BSMI electrical equipment definition.

Disclosure of Restricted Chemical Substances

CNS 15663 Section 5 requires that all manufacturers supply a table disclosing restricted substances contained in a product.Table 1 is an example of the information supplied with BSMI certified products.

 

The table discloses restricted substance concentration values above or below the limit requirements defined in CNS15663 Section 5.An "-" or "O" in the table row identifies whether a hazardous substance is present for each major component of the product.

 

Table 1.Example of marking for the content of restrict substance other than exemption not exceeding the reference percentage value of presence condition.

UnitRestricted Substances and its Chemical Symbol
Lead
(Pb)
Mercury
(Hg)
Cadmium
(Cd)
Hexavalent chromium
(Cr6+)
Polybromin-
ated biphenyls
(PBB)
Polybromin-
ated
diphenyl
ethers
(PBDE)
Printed circuit card assemblyOOOOOO
Metal enclosureOOO

 

O:Indicates that the percentage content of the restricted substance does not exceed the percentage of reference.

:Indicates that the restricted substance corresponds to the exemption.

Product Marking Explanations

In accordance with the requirements specified in Section 5 "Marking of presence" of CNS 15663 all certified products clearly mark "the presence condition of the restricted substances".

 

The following illustration shows the markings that apply to NI products.

 

 

The mark now includes “RoHS”.The “RoHS” of the identification number indicates that “the content of restricted substance(s) other than exemption” of the products, does not exceed the reference percentage value.

 

Download myRIO-1900 and myRIO-1950 Chinese User Manual/下載myRIO-1900 及myRIO-1950中文手冊

 

Product RoHS tables

Taiwan RoHS Table for myRIO

Taiwan RoHS Table for cRIO-9805

YP-12 + YC-20D1 (125V 15A 2P+E C15)

YP-16C+YC-18(250V 15A 2P+E C19)

YP-17C(125V 20A 2P+E)

BP-301 + BC-313(125V 10A 2P+E C13)

RHPS451

RCB 600

 

Manufacture Date / 製造日期

Manufacture dates of all National Instruments products are encoded into the product serial number.Contact your local sales office to obtain the manufacture date for your product.

 

所有產品的製造日期可從序號中查詢。請與您當地的銷售辦事處聯繫以獲得產品的製造日期,或到以下網站輸入產品序號查詢製造日期。 查詢產品製造日期: https://sine.ni.com/apps/utf8/nical.main

 

 

REACH (欧州連合における化学物質の登録、評価、認可および制限に関する規則)

欧州議会と欧州理事会は2006年、いわゆるREACH規則、『化学物質の登録、評価、認可および制限 (REACH) に関する規則』 (欧州議会・理事会規則1907/2006) を採択しました。この規則の主たる目的の1つは、有害化学物質から環境を保護することです。

REACHの目標

REACH規則の下、化学物質の製造業者および輸入業者は、中央で管理されるデータベースに化学物質の情報を登録する必要があります。また、REACHでは、産業側が果たすべき責任として、化学物質のリスクを管理し、サプライチェーン上の各ユーザに対して安全性に関する情報を提供するよう定めています。

 

アーティクル (成形品) の生産者は、年間1トンを超える量に含まれるすべての高懸念物質 (SVHC) のうち、製品重量の0.1パーセントを超える濃度の物質への曝露が避けられない場合、その事実を顧客に告知しなければなりません。REACH規則において、いかなる製品であれその原材料に対象化学物質を使用する企業は、化学物質使用の許可を求め、その妥当性を提示する必要があります。ある物質がSVHCとして特定され、候補物質リストに追加されると、この物質を含有するアーティクルの輸入業者、生産者、サプライヤに対して法規制上の義務が発生することがあります。

NIの立場と責任

REACH規則に関して弊社が発表した最新の資料は、こちらをご覧ください。

 

製造者およびサプライヤとして世界各地で活動するNIは、既存の国際的規制と今後制定される国際的規制を常に確認しています。また、広く認知されているEPPAなどの機関やIEC (International Electrotechnical Commission) などの標準規格団体にNIはメンバーとして関与し、国際的な要件について最新の情報を把握しています。

 

EUにおいてテスト/計測機器の製造者として、NIは年間1トンを超える量の化学物質を生産も輸入もしていません。はんだ等、弊社のEU域内製造設備で使用する物質は、すべてEU域内で購入され、現行の登録要件に準拠しています。また、NI製品は、通常の条件下および予見できる条件下での使用において、どのような物質も環境に放出することはありません。

 

アクセサリや梱包を含めてすべてのNI製品は、REACH規則が定義する「アーティクル」に該当します。サプライチェーンから集めた情報に基づき、SVHCとして認定される物質について、製品重量の0.1パーセントの濃度を超えるものは、「NI SVHC製品リスト」に記載されているものを除き、弊社の電子計測器製品に一切無いことを確認しています。NIは、ECHAから公開される候補物質リストを常に確認し、弊社製品中に何らかのSVHCが見つかった場合、これに対応しています。さらに、サプライチェーンから情報を収集し、弊社製品を引き続き安全にお使いいただくために必要な変更が為された場合は、お客様に最新の情報を提供します。REACH規則の目標を支援するため、NIは化学物質利用に関する適切な情報を資材納入業者に提供しています。一定の条件下で、アーティクルのサプライヤは、このようにサプライチェーンの下流と情報のやり取りを行う必要があるからです。こうした情報によって、納入業者は弊社の化学物質利用事例を正確に記録し、REACH規則に従って登録する必要がある場合に備えることができます。

 

特定製品のREACH関連情報については、reach@ni.comまでお問い合わせください。

紛争鉱物開示規制

アメリカ合衆国は2010年、コンゴ民主共和国 (DRC) における人道上の問題に対処するため、Dodd-Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act (金融規制改革法) の1502条を制定しました。この問題は、DRC地域の武装勢力に制圧された鉱山で採掘された4種類の鉱物 (金、タンタル、スズ、タングステン) に端を発するものです。上記の法律と、それに続いて発表された米国証券取引委員会 (SEC) の規則では、米国上場企業 (SEC登録企業) が2013年度より以下の情報を開示するよう求めています。

  • 製品の機能または製造における4つの鉱物の使用の有無
  • 紛争地域から採掘された4種類の鉱物の有無
  • 製品に使用されている鉱物の採掘地を特定するための取り組み

 

NIは、紛争地域から採掘された鉱物を含む部品を購入しないよう、責任ある調達ポリシーを導入しています。さらに一歩進んでNIは、紛争鉱物の産出国に関して信頼できるデータを提供する能力があるかどうかについて、新たに参入したすべてのサプライヤを評価します。NIのサプライチェーンで紛争地域からの鉱物が見つかった場合は、解決に向け直ちに適切な措置を取ります。NIでは、サプライヤも同様の対応をとることを期待し、すべてのサプライヤにこのポリシーを伝えています。

 

紛争鉱物の詳細については、conflictminerals@ni.comまでお問い合わせください (英語)。最新版の『Conflict Minerals Reporting Template (CMRT)』 (紛争鉱物報告書テンプレート) をダウンロードできます。