NI R​シリーズ​マルチ​ファンクション​RIO​デバイスドライバ Q1 2019​パッチ​の​詳細

内容

修正​さ​れ​た​問題

PXIe R​シリーズ​デバイス​は、​バック​プレー​ン​の​PXIe_CLK100​クロック​に​自動的​に​同期​し​ます。 R​シリーズ​マルチ​ファンクション​RIO 15.0.0​では、​PXIe R​シリーズ​デバイス​は​バック​プレー​ン​の​PXIe_CLK100​クロックと同期せず、​時間​の​経過​とともに​ドリフト​する​可能性​が​あり​ます。​この​問題​は、​バック​プレー​ン​クロック​または​PXIe​シャー​シ​内​の​他の​デバイス​と​の​同期​を​必要​と​する​すべて​の​PXIe R​シリーズ​デバイス​ユーザ​に​影響​し​ます。 

システム​要件

この​パッチ​は、​R​シリーズ​マルチ​ファンクション​RIO 15.0.0、​15.5.0、​16.0.0、​17.0.0、​17.0.1、​18.0.0、​または​18.5.0​で​配布​さ​れる​コンポーネント​を​アップデート​し​ます。​この​パッチ​を​適用​する​前​に、​これらの​製品​の​うち​少なくとも​1​つ​が​インストール​さ​れ​て​いる​必要​が​あり​ます。​システム​要件​と​サポート​さ​れ​て​いる​オペレーティングシステム​について​は、​対応​する​Readme​を​参照​し​て​くだ​さい。NI R​シリーズ​マルチ​ファンクション​RIO

パッチ​を​インストール​する

上記​の​製品​の​うち​少なくとも​1​つ​を​インストール​した​後​は、​NI 更新​サービス​を​利用​し​て、​NI R​シリーズ​マルチ​ファンクション​RIO​デバイスドライバ​Q1 2019​パッチ​を​ダウンロード​し​て​インストール​する​こと​が​でき​ます。​この​パッチはni.com/​downloadsから​入手​可能​です。

メモ: Q1 2019​の​修正​は、​LabVIEW 2015 SP1、​2016、​2017 SP1、​および​LabVIEW 2018 SP1​の​ユーザ​が​利用​可能​です。