プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​を​使用​した​NI LabVIEW​アプリケーション​管理​手法

概要

この​ページ​は​「LabVIEW​を​使用​した​ソフトウェア​エンジニアリング」​および​「NI LabVIEW​を​使用​した​大型​アプリケーション​の​開発」​の​一部​です。

他の​ページ​の​一覧​を​表示​する​に​は、こちら​を​クリックし​て​くだ​さい。


この​記事​では、​LabVIEW​プロジェクト​を​検証​し、​LabVIEW​アプリケーション​の​管理​および​整理​における​推奨​事項​を​ご​紹介​し​ます。​多数​の​VI​や​複数​の​開発​者​で​作成​する​アプリケーション​を​確実​に​拡張​できる​よう​に、​開発​開始​前​に​推奨​事項​に​沿​って​ガイドライン​と​手順​を​確立​し​て​くだ​さい。

内容

アプリケーション​ファイル​の​定義​と​分類​分け

ファイル​の​保存​と​管理​に関する​ガイドライン​を​確立​する​に​は、​アプリケーション​が​どの​よう​な​構造​に​なる​か、​機能​が​どの​よう​に​分割​さ​れる​か、​変更​の​追跡​が​重要​な​ソース​コード​以外​の​ファイル​の​種類​について​考察​する​必要​が​あり​ます。​コード​間​で​どの​よう​に​機能​を​分割​する​か​を​決定​した​り、​ファイル​の​保存​場所​や​必要​な​追加​ファイル​や​リソース​を​他の​開発​者​とともに​検討​する​こと​を​お薦め​し​ます。​次​の​セクション​で​ディスク​上​で​の​ファイル​整理​の​基準​を​決定​し​ます。

ディスク​上​で​の​ファイル​整理

ディスク​上​で​の​ファイル​整理​は​後​付け​に​な​って​はい​け​ま​せん。​大規模​アプリケーション​では、​計画​が​不十分​で​ある​場合、​開発​中​に​ファイル​の​移動​や​名前​変更​に​余計​な​時間​や​手間​が​かかり​ます。​多数​の​ファイル​を​扱う​場合、​この​よう​な​ファイル​操作​は​LabVIEW​内​の​リンク​統合​性​や、​アプリケーション​動作​に​重大​な​リスク​を​もたらす​可能性​が​ある​ことに​留意​し​て​くだ​さい。​ファイル​整理​手法​を​できるだけ​早い​段階​で​確立​し​て​お​け​ば、​大きな​ファイル​セット​を​後で​移動​する​リスク​を​軽減​でき、​開発​者​が​ファイル​を​検索​した​り​新規​ファイル​の​保存​場所​を​判断​し​や​すく​なり​ます。

多く​の​ソフトウェア​開発​者​は、​ファイル​の​保存​場所​を​決定​する​手法​と​システム​を​すでに​使用​し​てい​ます。​使用​可能​な​手法​と​構造​の​組み合わせ​は​たくさん​あり​ます​が、​以下​に​ご​紹介​する​の​は、​大規模​アプリケーション​へ​うまく​拡張​できる​こと​が​証明​さ​れ​て​いる、​確立​さ​れ​た​一般​的​手法​です。​ファイル​の​保存​先​を​単一​の​ルート​ディレクトリ​に​すると、​必要​な​もの​すべて​に​容易​に​アクセス​でき​ます。​さらに、​命名​規則​を​使用​する​こと​で、​ファイル​の​検索​場所​や​新規​ファイル​の​保存​場所​が​わか​りや​すく​なり​ます。​ハード​ドライブ​上の​フォルダ​は​一般​的​に​ファイル​を​まとめ​たり​分類​する​ため​に​使用​し​ます​ので、​発​呼​者​と​サブ​VI​を​分離​し​ます。​一方、​ディレクトリ​構造​が​平ら​で​ある​と​ファイル​の​検索​や​トップ​レベル​VI​の​識別​が​困難​に​なる​ため、​VI​が​少し​だけ​の​場合​でも​推奨​でき​ま​せん。​ファイル​の​グループ​化​は​一般​的​に、​ファイル​の​機能、​種類、​アプリケーション​における​階層​を​組み合わせ​た​基準​で​行​われ​ます。​実際​に​は、​アプリケーション​内​の​ファイル​と​コード​の​関係​性​を​物理​的​に​表す​もの​として、​ディスク​上の​整理​を​行う​必要​が​あり​ます。


図​1. LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​を​使用​せ​ず​に​ディスク​上​で​整理​した​アプリケーション​の例

図​1​は、​すべて​の​ファイル​を​ルート​ディレクトリ​内​に​整理​した​り、​トップ​レベル​VI​を​依存​項目​から​分離​する​など​の​概念​と、​ファイル​分類​の​さまざま​な​基準​を​示し​てい​ます。

推奨​事項

  • 単一​の​ルート​ディレクトリ​に​すべて​の​ファイル​を​格納​する
  • アプリケーション​を、​管理​可能​な​サイズ​の​論理​単位​に​分割​する
  • 論理​的​かつ​記述​的​な​命名​規則​を​使用​する
  • トップ​レベル​VI​を​他の​ソース​コード​から​分離​する
  • アプリケーション​の​主要​な​コンポーネント​を​含む​高位​ブロック​ダイ​ア​グラム​から​整理​を​開始​する​(たとえば、​構成、​集録、​解析、​データ​表示、​データ​記録、​エラー​処理​用​の​別々​の​フレーム​ワーク​を​含む​ブロック​ダイ​ア​グラム)
  • 既定​の​基準​に​沿​って​ファイル​を​まとめる

動的​依存​と​共有​コード​に対する​配慮

動的​に​ロード​さ​れる​ファイル​は、​しばしば​特別​な​配慮​を​必要​と​し、​新た​な​課題​を​生み​出し​ます。​アプリケーション​内​の​発​呼​者​から​静的​に​リンク​さ​れ​てい​ない​ため、​場所​を​移動​した​り​ファイル​パス​を​変更​する​際​に​誤​っ​た​場所​に​配置​さ​れ​たり​忘れ​られる​可能性​が​大きい​の​です。

この​よう​な​ファイル​を​できるだけ​簡単​に​正しい​場所​に​保つ​に​は、​動的​に​アクセス​さ​れる​ファイル​を​別​の​フォルダ​に​まとめ、​相対​パス​で​参照​し​ます。​アプリケーション​の​移動​や​配布​が​必要​な​場合、​その​フォルダ​を​含める​だけ​で、​必要​な​ファイル​が​ある​こと​を​保証​でき​ます。

大規模​アプリケーション​で​コード​を​共有​する​場合、​共有​コード​の​保存​場所​と、​共有​コード​へ​の​変更​によって​他の​発​呼​者​で​発生​する​可能性​の​ある​想定​外​の​影響​に​留意​する​こと​が​重要​です。​コード​の​再​利用​は​一般​的​に​行​われ、​すでに​完了​した​作業​を​利用​できる​ため​開発​速度​を​速める​うえ​でも​推奨​さ​れ​ます。​同類​の​アプリケーション​では、​同一​機能​が​必要​で​あっ​たり、​コード​内​の​分岐​箇所​において​一般​的​な​VI​の​同じ​セット​が​参照​さ​れる​場合​が​あり​ます。​コード​の​同一​コピー​を​参照​する​場合、​少なくとも​1​つ​の​アプリケーション​において​これらの​コード​を​ルート​ディレクトリ​外​に​配置​する​こと​が​しばしば​必要​に​なり​ます。​ただし、​これらの​共通​VI​に​変更​を​加える​こと​を​計画​し​て​いる​場合、​テスト​用​に​ローカル​コピー​を​作成​し​て​から​統合​し​て​くだ​さい。

また、​ソースコード管理ツールを使用すれば、​複数​バージョン​を​追跡​し​て​変更​点​を​比較​する​こと​も​でき​ます。​この​トピック​に関する​詳細​は、​ホワイト​ペーパー『ソース​コード​管理​ツール​と​一緒​に​LabVIEW​を​使用​する』​(英語)を​参照​し​て​くだ​さい。​ソース​管理​の​詳細は『LabVIEW​ヘルプ』を​ご覧​くだ​さい。

推奨​事項

  • 動的​に​ロード​さ​れる​依存​項目​を​共通​の​フォルダ​に​保存​する
  • 動的​な​依存​項目​を​参照​する​場合​は​相対​パス​を​使用​する
  • アプリケーション​内​の​共有​コード​へ​の​変更​を​最低限​に​抑える
  • 共有​コード​へ​の​変更​の​管理​および​統合​に​きちんと​時間​を​取る
  • ソース​コード​管理​を​使用​する

ディスク​上の​ファイル​管理​の​まとめ

ディスク​上​で​の​アプリケーション​整理​は、​VI​の​サイズ​や​数​の​増加​に対して​確実​に​開発​規模​を​拡大​する​ため​の​必須​事項​です。​ただし、​これ​は​プロセス​の​最初​の​ステップ​に​過ぎ​ま​せん。​大規模​開発​特有​の​課題​は​他​に​も​多数​あり​ます​が、​さらに​優​れ​た​手法​や、​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​など​の​ツール​を​使用​し​て​対処​可能​です。

LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ

プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​は、​LabVIEW 8.0​で導入され、​開発​者​が​アプリケーション​に​必要​な​ファイル​を​システム​レベル​で​確認​できる​よう​に​なり​ま​した。​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​は、​開発​環境​から​ファイル​を​検索​および​整理​し​や​すく​し、​大規模​LabVIEW​アプリケーション​の​管理​と​開発​の​課題​に​対応​する​追加​機能​を​提供​する​こと​を​目的​として​い​ます。​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​の​初回​リリース​以降、​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​では​お客様​から​の​ご​意見​を​新​機能​として​実装​してき​ま​した。​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​ウィンドウ​の​最新​バージョン​に関する​詳細​は、​『LabVIEW​ヘルプ』の「LabVIEW​で​プロジェクト​を​管理​する」トピック​を​ご覧​くだ​さい。


​図​2. 図​1​の​アプリケーション​を​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​で​整理​した​場合

LabVIEW​プロジェクト​を​使用​し​て、​LabVIEW​ファイル​や​その他​の​ファイル​を​まとめ、​ビル​ド​仕様​を​作成​し、​ファイル​を​ターゲット​に​デプロイ​または​ダウンロード​し​ます。​LabVIEW​プロジェクト​を​保存​すると、​ディスク​上の​ファイル​へ​の​リファレンス、​変数、​ハイ​パー​リンク、​構成​情報、​ビル​ド​情報、​デプロイ​情報​など​を​含む.lvproj​ファイル​が​作成​さ​れ​ます。

LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​によって、​ディスク​上の​新しい​場所​へ​ファイル​が​生成​さ​れ​たり​コピー​さ​れる​こと​は​ありま​せん。​ディスク​上​に​ある​ファイル​の​新しい​表示​方法​と、​ファイル​の​場所​へ​の​ショートカット​が​提供​さ​れ​ます。​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​では​以下​の​こと​が​でき​ます。

  • LabVIEW​環境​で​簡単​に​ファイル​に​アクセス​できる
  • ファイル​の​整理​方法​を​変更​した​り​フィルタ​を​かける​こと​が​できる
  • ディスク​上​で​ファイル​を​移動​または​名前​変更​し​て​も​リンク​を​保持​できる
  • 誤​っ​た​リンク​の​防止、​検出、​解決​が​できる
  • 特定​の​ハードウェア​ターゲット​用​の​コード​を​管理​できる 1
  • ビル​ド​仕様​を​管理​できる *
  • ソース​コード​管理​ツール​と​統合​できる *

* これら​に関して​は​この​記事​では​取り上げ​ま​せん。

この​記事​で​ご​紹介​した​機能​の​一部​は、​LabVIEW 8.5​以降​で​のみ​利用​可能​で​ある​ことに​ご​注意​くだ​さい。​最新​バージョン​の​LabVIEW​の​新​機能​の​一覧​について​は、LabVIEW​新​機能​紹介​ページを​ご覧​くだ​さい。

プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​で​の​ファイル​管理

LabVIEW​プロジェクト​では、Items(項目)​ページ​と​Files(ファイル)​の​2​種類​の​ページ​に​ファイル​が​表示​さ​れ​ます。


[+] 画像​を​拡大

図​3. プロジェクト​内​全​項目​の​ディスク​上​で​の​場所​を​示し、​コピー​や​名前​変更​など​の​ファイル​操作​を​行える​ファイル​ページ

デフォルト​では​項目​ページ​が​表示​さ​れ​ます。​項目​ページ​では​LabVIEW​プロジェクト​に​追加​した​項目​が​ハードウェア​ターゲット​ごと​に​ツリー​構図​で​表示​さ​れ​ます。​項目​表示​で​フォルダ​を​作成​すると、​ファイル​の​整理​方法​を​変更​した​り、​ディスク​上の​特定​の​場所​と​同期​でき​ます。​ほとんど​の​場合、​項目​ページ​で​作業​し​ます。

項目​ページ​では、​ディスク​から​ファイル​を​削除​する​こと​は​でき​ま​せん。​コード​の​誤​削除​を​防止​する​よう​に​設計​さ​れ​てい​ます。​ただし、​ファイルビュー​の​項目​を​右​クリック​し、[ディスク​に​移動...]​を​選択​すると、​コード​を​コンピュータ​内​の​ファイル​に​整理​でき​ます。

ファイル​ページ​に​は、​ディスク​上​に​対応​する​ファイル​を​持つ​項目​の​実際​の​配置​場所​が​表示​さ​れ​ます。​ファイル​表示​を​使用​し​て、​移動、​コピー、​削除​など、​システム​の​ファイルブラウザ​内​で​通常​行う​ファイル​操作​を​行い​ます。​LabVIEW​によって​変更​が​認識​さ​れ​て​いる​ので、​変更​時に​発​呼​者​を​更新​し​て​リンク​を​保持​する​こと​が​でき​ます。

LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​では、​ディスク​上の​ファイル​階層​に​影響​を​与​え​ず​に​ファイル​階層​を​変更​でき​ます​が、​LabVIEW​プロジェクト​内​の​階層​は​できるだけ​実際​の​ディスク​上の​階層​を​反映​さ​せ​た​もの​に​する​こと​を​推奨​し​てい​ます。

LabVIEW​プロジェクト​で​の​フォルダ​利用

仮想​フォルダ​と​自動​生成​フォルダ​の​2​種類​の​フォルダ​を​使用​し​て、​LabVIEW​プロジェクト​の​内容​を​まとめる​こと​が​でき​ます。​仮想​フォルダ​を​使用​すると、​ディスク​上​で​変更​を​加える​こと​なく​プロジェクト​項目​の​組織​化​を​変更​でき​ます。


[+] 画像​を​拡大

図​4. LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​で​の​ファイル​組織​化​に​は​自動​生成​フォルダ​か​仮想​フォルダ​を​選択​可能

ディスク上のファイル保存場所を変更せずに​LabVIEW​の​ファイル​構造​を​変更​した​い​など​の​場合、​仮想​フォルダ​が​適​し​てい​ます。​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​で​仮想​フォルダ​として​フォルダ​を​追加​すると、​追加​当時​の​スナップショット​として​表示​さ​れ​ます。​新規​ファイル​を​追加​する​など​の​変更​を​後で​加​えて​も、​これらの​変更​は​LabVIEW​プロジェクト​に​は​表示​さ​れ​ま​せん。​ただし、​LabVIEW​プロジェクト​に​新規​ファイル​を​ドラッグ​した​り、​仮想​フォルダ​を​一時​的​に​自動​生成​フォルダ​に​変換​す​れ​ば​手動​で​変更​でき​ます。

仮想​フォルダ​を​使用​すると、​ディスク​上の​複数​箇所​に​ある​ファイル​を​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​内​で​まとめる​こと​が​でき​ます。​仮想​フォルダ​は​また、​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​に​表示​する​情報​を​制限​し​て、​不要​な​項目​と​一緒​に​ファイル​が​まとめ​ら​れ​てい​ない​か​を​判断​し​や​すく​できる​点​でも​便利​です。

自動​生成​フォルダ​は、​ディスク​上の​フォルダ​の​内容​を​自動的​に​反映​する​目的​で​LabVIEW 8.5​から​導入​さ​れ​ま​した。​自動​生成​フォルダ​は​フォルダ​に​同期​さ​れる​ため、​LabVIEW​開発​環境​外​の​実際​の​フォルダ​へ​加​え​ら​れ​た​変更​点​を​常に​表示​し​ます。​実際​の​ディスク​階層​を​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​内​で​保持​する​に​は、​できるだけ​自動​生成​フォルダ​を​使用​し​て​くだ​さい。​自動​生成​フォルダ​は、​プロジェクト​ライブラリ​や​LabVIEW​クラス​の​管理、​または​多数​の​クロス​リンク​を​解決​する​必要​が​ある​場合​に​は​推奨​さ​れ​ま​せん。

推奨​事項

LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​内​で​の​アプリケーション​ファイル​の​組織​化​に​は​自動​生成​フォルダ​および​仮想​フォルダ​を​使用​し​て​くだ​さい。​自動​生成​フォルダ​は​ディスク​上の​構造​保持​という​点​では​理想​的​ですが、​使用​でき​ない​場合​や​変更​が​必要​な​場合​が​あり​ます。​その​よう​な​場合、​仮想​フォルダ​を​使用​し​て​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​内​で​ファイル​の​組織​化​を​変更​し​て​くだ​さい。

依存​項目

発​呼​者​VI​を​開く​と、​静的​に​リンク​さ​れ​た​すべて​の​サブ​VI​が​LabVIEW​によって​自動的​に​メモリ​に​ロード​さ​れ​ます。​発​呼​者​VI​を​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​に​ロード​する​際​に​まだ​サブ​VI​が​LabVIEW​プロジェクト​に​追加​さ​れ​てい​なか​っ​た​場合、​該当​する​サブ​VI​が​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​の​「依存​項目」​セクション​に​自動的​に​追加​さ​れ​ます。​LabVIEW 8.5​以降、​アプリケーション​開発​者​が​記述​した​ファイル​を​識別​し​や​すく​する​ため、​ユーザ​依存​項目​は.lib​の​内容​から​分離​さ​れ​ま​した。

LabVIEW​プロジェクト​に​ファイル​を​追加​すると、​アプリケーション​で​使用​する​ファイル​と​リソース​が​LabVIEW​によって​認識​さ​れ​ます。​「依存​項目」​セクション​を​確認​し、​必要​な​ファイル​を​すべて​確実​に​LabVIEW​プロジェクト​へ​追加​し​て​くだ​さい。​そう​しない​場合、​残り​の​ファイル​が​この​セクション​に​一覧​表示​さ​れ​ます。​これ​は、​意図​した​サブ​VI​の​コピー​を​確実​に​使用​する​うえ​で​重要​です。

LabVIEW​プロジェクト​内​の​VI​が、​誤​っ​た​サブ​VI​に​リンク​さ​れる​可能性​が​あり​ます。​その​場合、​使用​する​サブ​VI​の​コピー​を​LabVIEW​プロジェクト​に​追加​すると、​「1​つ​以上​の​発​呼​者​が、​同じ​名前​を​持つ​別​の​サブ​VI​に​誤​って​リンク​さ​れ​て​いる」​可能性​が​LabVIEW​に​伝え​ら​れ​ます。​これ​は、​クロス​リンク​と​呼​ば​れ​ます。

クロス​リンク

LabVIEW​は、​発​呼​者​に​保存​さ​れ​た​場所​から​サブ​VI​を​開く​際、​相対​パス​を​使用​し​ます。​想定​さ​れ​た​場所​に​サブ​VI​が​見​つ​から​ない​場合、​名前​で​サブ​VI​を​検索​し​ます。​名前​で​検索​し​て​最初​に​見​つ​か​っ​た​サブ​VI​がメモリにロードされ、​リンク​が​修正​さ​れ​た​こと​が​ユーザ​に​伝え​ら​れ​ます。​機能​が​異なる​同じ​名前​の​VI​が​複数​ある​(Initialize.vi​など)、​または​同じ​VI​の​2​つ​の​バージョン​が​別々​の​場所​に​存在​する​場合、​誤​っ​た​ファイル​が​LabVIEW​によって​リンク​さ​れる​可能性​が​あり​ます。


[+] 画像​を​拡大

図​5. クロス​リンク​の​概要図

クロス​リンク​の​防止

クロス​リンク​は​一般​的​に、​ディスク​の​新しい​場所​に​大きな​ファイル​セット​を​移動​または​コピー​した​際​に​発生​し​ます。​相対​パス​が​変わる​と、​リンクが壊れ、​知​ら​ない​うち​に​誤​っ​た​セット​の​依存​項目​に​アプリケーション​が​リンク​さ​れる​可能性​が​あり​ます。

LabVIEW​は​名前​が​同じ​2​つ​の​VI​を​メモリ​に​ロード​でき​ま​せん。​したがって、​名前​が​同じ​別々​の​サブ​VI​を​参照​し​て​いる​2​つ​の​アプリケーション​を​開く​と、​一方​の​アプリケーション​は​誤​っ​た​依存​項目​で​実行​さ​れる​という​こと​を​意味​し​ます。

推奨​事項

クロス​リンク​を​防止​する​方法​は​複数​あり​ます。

  • 共通​の​依存​項目​を​持つ​複数​の​アプリケーション​を​同じ​マシン​上​で​同時に​操作​する​こと​を​避ける
  • ソース​コード​管理​アプリケーション​を​使用​し​て​ファイル​の​保存​場所​を​指定​し、​発​呼​者​が​正しく​リンク​さ​れ​た​状態​を​保持​する
  • アプリケーション​内​の​セグメント​の​移動​や​コピー​を​避ける
  • すべて​の​ファイル​を​LabVIEW​プロジェクト​に​追加​し、​使用​する​リソース​を​明らか​に​する
  • Initialize.vi​など​の​一般​的​な​名前​を​使用​しない
  • ネーム​スペース​として​プロジェクト​ライブラリ​を​使用​し​て、​汎用​的​な​名前​を​短縮​化​する



競合​の​識別

正しい​リンク​を​確実​に​使用​する​こと​は、​すべて​の​プログラミング​言語​における​共通​の​課題​です。​注意​を​払う​こと​で​クロス​リンク​の​発生​を​最小限​に​抑え、​正しく​リンク​さ​れ​た​ファイル​の​バックアップ​を​作成​する​こと​が​でき​ます​が、​大規模​アプリケーション​の​開発​ベンダ​にとって​は​依然として​大きな​懸念​点​です。​LabVIEW 8.5​の​LabVIEW​プロジェクト​では、​開発​者​が​クロス​リンク​を​検出​し​て​解決​する​ため​に​役立つ​新規​機能​が​複数​導入​さ​れ​ま​した。

図​6. LabVIEW​は​競合​を​自動的​に​通知​可能

クロス​リンク​関連​で​最も​役立つ​機能​は、​「ユーザ​が​LabVIEW​プロジェクト​に​追加​した​ファイル​として、​同じ​名前​の​サブ​VI​を​VI​が​呼び出し​て​いるか」​を​LabVIEW​プロジェクト​が​判断​できる​点​で​しょう。​LabVIEW​は、​ファイル​の​アイコ​ン​に​黄色​の​警告​を​表示​し​て​通知​し​ます。​その​時点​で、​どの​ファイル​が​正しい​バージョン​で​ある​か​を​判断​する​ため​に​ファイル​の​追加​情報​を​確認​する​方法​は​複数​あり​ます。

  • LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​で.lvproj​を​右​クリック​し​「発​呼​者​が​ない​項目​を​検索」​を​選択​する。​トップ​レベル​VI​以外​で​リンク​さ​れ​てい​ない​VI​が​ある​場合​は​そこ​に​表示​さ​れる
  • VI​を​右​クリック​して検索​→​発​呼者を​選択​し、​その​VI​の​発​呼​者​の​有無​と、​発​呼​者​VI​を​確認​する
  • メニュー​ツール​バーでプロジェクト​→​項目​パス​を​表示を​選択​し、​項目​ページ​内​の​全​ファイル​の​ディスク​上​で​の​場所​を​確認​する
  • ツール​バー​の​「競合​を​解決」​アイコ​ン​を​クリック​し、​すべて​の​クロス​リンク​VI​について​の​詳細​を​確認​する

クロス​リンク​を​認識​し​て​リンク​の​修正​方法​を​決定​したら、​手動​または​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​ツール​で​修正​し​ます。

競合​の​解決

LabVIEW​によって​競合​を​検出​した​後、​競合​を​解決​する​方法​は​複数​あり​ます。​以下​の​推奨​事項​により、​必要​な​変更​を​行い​ながら​も​サブ​VI​へ​の​リンク​を​確実​に​保持​する​こと​が​でき​ます。

推奨​事項

  • 自動​生成​フォルダ​内​に​競合​が​ある​場合、​自動​生成​を​停止​する​か、​ファイル​ページ​内​の​項目​の​名前​を​変更​する​こと​により​競合​を​解決​する
  • 1​つ​または​複数​の​発​呼​者​が​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​外​で​誤​っ​た​サブ​VI​に​リンク​さ​れ​た​場合、​LabVIEW​プロジェクト​内​で​これらの​VI​を​適切​な​サブ​VI​に​リンク​し​なおす。​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​ウィンドウ​で​競合​が​発生​し​て​いる​VI​を​右​クリック​し、​ショートカット​メニュー​から​「置換」​を​クリック​し​て​ディスク​上の​正しい​サブ​VI​を​選択​する。​残り​の​競合​でも​この​手順​を​繰り返す
  • 発​呼​者​が、​名前​が​同じ​複数​の​項目​を​参照​し​て​いる​ものの、​ディスク​上​に​は​1​項目​のみ​が​存在​する​場合、​競合​する​項目​を​右​クリック​し​て​ショートカット​メニュー​から​「プロジェクト​が​検索​した​項目​で​置換」​を​選択​する
  • 同一​の​名前​を​持つ​複数​項目​が​LabVIEW​プロジェクトに追加され、​その​両方​を​アプリケーション​内​で​使用​する​場合、​名前​を​変更​する​か、​名前​を​区別​する​ため​に​別々​の​プロジェクト​ライブラリ​に​追加​する

「競合​を​解決」​ダイ​ア​ログ​ボックス​では、​上記​の​推奨​事項​を​自動的​に​行う​こと​が​でき​ます。​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​ウィンドウ​からプロジェクト​→​競合​を​解決を​選択​し、​「競合​を​解決」​ダイ​ア​ログ​ボックス​を​表示​し​ます。​この​ダイ​ア​ログ​ボックス​は、​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​ウィンドウ​から​「競合​を​解決」​ツール​バー​ボタン​を​クリック​する​か、​競合​項目​を​右​クリック​し​て​ショートカット​メニュー​から​「競合​を​解決」​を​選択​し​て​も​表示​でき​ます。


[+] 画像​を​拡大

図​7. 「競合​を​解決」​ダイ​ア​ログ​ボックス​で​正しい​サブ​VI​を​選択

この​ダイ​ア​ログ​ボックス​に​は​以下​の​コンポーネント​が​あり​ます。

  • 競合 ― 正規​の​名前​で​の​プロジェクト​競合​を​表示​する
  • 比較 ― 2​つ​の​競合​する​VI​を​比較​する
  • 選択​さ​れ​た​項目​を​使用 ― 使用​する​項目​を​選択​する​際​に​競合​を​解決​する。​競合 一 覧​に​トップ​レベル​項目​のみ​が​含​ま​れる​場合、​LabVIEW​は​選択​さ​れ​た​項目​を​除​き​競合​一覧​内​に​ある​すべて​の​項目​を​LabVIEW​プロジェクト​から​削除​する。​「プロジェクト​競合​を​解決」​ダイ​ア​ログ​ボックス​から​自動​生成​フォルダ​を​修正​する​こと​は​でき​ない。​これらの​項目​を​手動​で​解決​した​り、​フォルダ​を​右​クリック​し​て​ショートカット​メニュー​から​「自動​生成​を​停止」​を​選択​し​て​自動​生成​フォルダ​を​無効​化​する

この​ダイ​ア​ログ​ボックス​は、​正しい​パス​から​依存​項目​を​呼び出す​ため​に​競合​項目​へ​の​リ​ダイレクト​を​行う​こと​によって​競合​を​解決​する​目的​で​使用​し​ます。

まとめ

この​記事​の​推奨​事項​を​活用​する​こと​で、​大規模​アプリケーション​開発​へ​と​確実​に​規模​を​拡大​できる​開発​および​アプリケーション​管理​の​ガイドライン​を​確立​する​こと​が​でき​ます。​ディスク​上の​ファイル​の​組織​化​を​考慮​し、​ファイル​分類​の​基準​を​確立​する​こと​を​忘れ​ない​で​くだ​さい。​アプリケーション​を​システム​レベル​で​表示​する​LabVIEW​プロジェクト​エ​クス​プ​ローラ​を​使用​し​て、​ファイル​アクセス​へ​の​容易​性、​クロス​リンク​の​検出​ツール​を​最大限​に​活用​し​て​くだ​さい。