LabVIEW​と​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​の​互換性

概要

この​ページ​では、​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​と​LabVIEW​パッケージ​の​サポート​対象​の​バージョン​について​記載​し​てい​ます。​システム​または​ソフトウェア​を​アップ​グレート​または​更新​する​場合​に​は、​この​情報​を​参照​し​て​正しい​バージョン​を​インストール​し​て​くだ​さい。​互換性​の​ない​バージョン​を​使用​すると、​エラー​が​発生​した​り、​LabVIEW​の​パレット​や​関数​が​失​われ​たり​する​可能性​が​あり​ます。

LabVIEW​と​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​の​互換性

以下​の​表​は、​LabVIEW​と​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン (RTE) の​各​バージョン​間​の​互換性​を​示し​てい​ます。
   
メモ: LabVIEW​アプリケーション​は、​開発​した​とき​と​同じ​ビット​数​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​上​で​実行​する​必要​が​あり​ます。​以下​の​表​を​参照​し​て、​ビット​数​を​確認​し​ながら​LabVIEW​と​RTE​の​互換性​を​判別​し​て​くだ​さい。

この​ページ​下部​に​あるダウンロード​セクションで​下​の​表​を​ダウンロード​でき​ます。​そこ​に​は、​より​古い​ソフトウェア​バージョン​が​含​まれ​て​いる​場合​も​あり​ます。

下​の​表​または​ダウンロード​可能​な​互換​一覧​表​に​記載​さ​れ​てい​ない​古い​バージョン​を​お​探​し​の​場合、お​使い​の​バージョン​の​Readmeに​掲載​さ​れ​て​いる​LabVIEW​ラン​タイム​互換性​情報​を​参照​し​て​くだ​さい。

LabVIEW​の​バージョン 

LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​の​バージョン
RTE 2022 Q3 RTE 2021 SP1 RTE 2021 RTE 2020 SP1 RTE 2020 RTE 2019 SP1 RTE 2019 RTE 2018 SP1 RTE 2018 RTE 2017 SP1
2022 Q3                  
2021 SP1                
2021                
2020 SP1                
2020                
2019 SP1                
2019                
2018 SP1                
2018                
2017 SP1                  

互換性​あり

アプリケーション​が​後​の​ラン​タイム​*​を​サポート​する​よう​に​ビル​ド​さ​れ​て​いる​場合​に​互換性​が​あり​ます

*2017​以降​では、​最新​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​と​の​互換性​を​アプリケーション​に​組み込む​こと​が​可能​です。 デフォルト​では、​LabVIEW​は、​システム​で​利用​可能​な​互換性​の​ある​最新​の​ラン​タイム​エンジン​を​使用​する​よう​に​アプリケーション​を​構築​し​ます。​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​は、​同じ​インタフェース​を​維持​し​ます​が、​以前​の​互換性​の​ある​バージョン​と​同じ​動作​は​維持​さ​れ​ま​せん。今後​の​LabVIEW​ラン​タイム​バージョン​で​この​アプリケーション​の​実行​を​許可​するオプション​が​選択​さ​れ​て​いる​アプリケーション​では、​より​新しい​ラン​タイム​エンジン​が​使用​可能​に​なる​と、​動作​が​変更​さ​れる​場合​が​あり​ます。​バグ​の​修正​や​パフォーマンス​の​改善​より​も、​アプリケーション​の​現在​の​動作​の​維持​を​重視​する​場合​は、今後​の​LabVIEW​ラン​タイム​バージョン​で​この​アプリケーション​の​実行​を​許可​するオプション​の​選択​を​解除​し​て​くだ​さい。

LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​は、​LabVIEW​アプリケーション​ビル​ダ​で​ビル​ド​した​実行​ファイル​または​共有​ライブラリ​を​実行​する​システム​に​インストール​する​必要​が​あり​ます。

LabVIEW 2016​以前でビルドされた​EXE​は、​新しい​バージョン​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​では​実行​でき​ない​ことに​注意​し​て​くだ​さい。​ビル​ド​に​使用​した​LabVIEW​バージョン​と​同じ​バージョン​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​を​使用​し​て​EXE​を​実行​し​ます。

メジャーバージョン番号またはビット数が異なれば、​複数​の​バージョン​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​を​同じ​コンピュータ​に​インストール​する​こと​が​でき​ます。​1​つ​の​64​ビット​システム​に、​同じ​バージョン​番号​の​32​ビット​バージョン​と​64​ビット​バージョン​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​を​同時に​インストール​でき​ます。​SP1​以外​の​バージョン​が​すでに​インストール​さ​れ​て​いる​システム​に​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​の​SP1​バージョン​を​インストール​すると、​SP1​バージョン​に​置​き​換え​ら​れ​ます。


LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​Web​ブラ​ウ​ザ​プラグ​イン

LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​Web​ブラ​ウ​ザ​プラグ​イン​(旧称​LabVIEW​最小​ラン​タイム​エンジン)​は、​Web​ページ​に​埋​め​込​まれ​た​VI(リモート​フロント​パネル)​を​表示​する​ため​の​小型​ダウンロード​パッケージ​です。​完全​な​ラン​タイム​エンジン​は​含​まれ​てい​ない​ため、​実行​可能​ファイル​の​実行​に​は​お​勧め​でき​ま​せん。​32​ビット​バージョン​と​64​ビット​バージョン​の​両方​を​ご​用意​し​てい​ます。​Web​ブラ​ウ​ザ​プラグ​イン​の​ビット​数​は、​使用​し​て​いる​Web​ブラウザ​の​ビット​数​と​一致​する​必要​が​あり​ます。​標準​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​に​は、​Web​ブラ​ウ​ザ​プラグ​イン​が​含​まれ​てい​ます。

Was this information helpful?

Yes

No