LabVIEW​と​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​の​互換性

概要

この​ページ​は、​各​LabVIEW​パッケージ​が​サポート​する​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​の​バージョン​を​示し​てい​ます。 システム​または​ソフトウェア​を​アップ​グレート​または​更新​する​場合​に​は、​この​情報​を​参照​し​て​正しい​ツール​キット​バージョン​を​インストール​し​て​くだ​さい。 互換性​の​ない​バージョン​を​使用​すると、​エラー​が​発生​した​り、​LabVIEW​の​パレット​や​関数​が​表示​さ​れ​ない​場合​が​あり​ます。

この​記事​は、​技術​サポート​データベース 3P88SPNQ「LabVIEW Run-​Time Engine Compatibility」​に​取​って​代わる​もの​です。NI​マニュアル​の​なかには、​この​古い​ドキュメント​を​参照​し​て​いる​もの​も​あり​ます。古い​技術​サポート​データベース​の​URL​から​リ​ダイレクト​さ​れる​場合​は、​ブック​マーク​を​新しい​ページ​に​更新​し​て​くだ​さい。​

LabVIEW​と​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​の​互換性

この​表​を​使用​し​て、​LabVIEW​と​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​の​互換性​を​ご​確認​くだ​さい。

LabVIEW

バージョン

LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​バージョン

LabVIEW 2012

LabVIEW 2012 SP1

LabVIEW 2013

LabVIEW 2013 SP1

LabVIEW 2014

LabVIEW 2014 SP1

LabVIEW 2015

LabVIEW 2015 SP1

LabVIEW 2016

LabVIEW 2017

LabVIEW 2017 SP1

LabVIEW 2018

LabVIEW 2018 SP1

LabVIEW 2019

LabVIEW 2012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2013 SP1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2014 SP1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2015 SP1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2017 SP1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2018 SP1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LabVIEW 2019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対応​し​て​いる

 

後​の​バージョン​の​ラン​タイム​を​サポート​する​よう​に​作成​さ​れ​た​アプリケーション​の​場合​は​対応​する*

*LabVIEW 2017​より、​後​の​バージョン​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​と​の​互換性​を​アプリケーション​に​組み込める​よう​に​なり​ま​した。 詳細​について​は、この​ページのApplication Builder Enhancements(アプリケーション​ビル​ダ​の​強化​機能)セクションを​ご​参照​くだ​さい。


​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​は、​LabVIEW Application Builder​で​作成​さ​れ​た​実行​ファイル​または​共有​ライブラリ​を​実行​する​システム​に​インストール​する​必要​が​あり​ます。

LabVIEW 2016​以前​で​作成​さ​れ​た​実行​ファイル​は、​それ​より​新しい​バージョン​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​では​実行​でき​ない​ため、​ご​注意​くだ​さい。 実行​ファイル​を​実行​する​際、​その​ファイル​の​作成​に​使用​した​LabVIEW​と​同じ​バージョン​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​を​ご​使用​くだ​さい。

メジャー​バージョン​番号​または​ビット​数​が​異なる​限り、​1​つ​の​コンピュータ​に​複数​バージョン​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​を​インストール​でき​ます。 64​ビット​システム​では、​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​の​同じ​バージョン​番号​の​32​ビット​バージョン​と​64​ビット​バージョン​を​インストール​し​て​共存​させる​こと​が​でき​ます。 SP1​以外​の​バージョン​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​が​既に​インストール​さ​れ​て​いる​システム​に、​SP1​バージョン​を​インストール​した​場合、​その​SP1​以外​の​バージョン​は​SP1​バージョン​に​置​き​換わり​ます。


​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​Web​ブラ​ウ​ザ​プラグ​イン

LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​Web​ブラ​ウ​ザ​プラグ​イン​(旧称:​LabVIEW​最小​ラン​タイム​エンジン)​は、​Web​ページ​に​組み​込​まれ​た​VI(リモート​フロント​パネル)​を​表示​させる​こと​を​考慮​し​て、​ダウンロード​容量​が​小​さく​な​って​い​ます。 フルのランタイムエンジンが含まれておらず、​実行​ファイル​の​実行​に​は​推奨​さ​れ​ま​せん。 32​ビット​と​64​ビット​の​両方​の​バージョン​が​あり​ます。 Web​ブラ​ウ​ザ​プラグ​イン​の​ビット​数​は​使用​さ​れ​て​いる​Web​ブラウザ​の​ビット​数​と​一致​する​必要​が​あり​ます。 標準​の​LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​に​は​Web​ブラ​ウ​ザ​プラグ​イン​が​含​まれ​てい​ます。