電子​設計​の​検証​や​確認​に​LabVIEW​を​使用​する​メリット

LabVIEW​を使用すれば、​電子​設計​の​検証​時間​を​短縮​でき​ます。​システム​設定​に​かかる​時間​を​短縮​できる​ほか、​標準​の​解析​関数​を​使用​した​り、​ドラッグ​アンド​ドロップ​で​ユーザ​インタフェース​を​作成​した​り​する​こと​が​可能​です。

LabVIEW​で​できる​こと

LabVIEW​では、​他社​製​の​多数​の​ベンチ​トップ​計測​器​や​モジュール​式​計測​器​に​接続​できる​数多く​の​ドライバ​を​使用​し​て、​システム​を​簡単​に​設定​する​こと​が​でき​ます。​また、​1,000​種類​以上​も​ある​解析​関数​を​使用​し​て、​計測​データ​からす​ば​やく​洞察​を​引き出す​こと​も​でき​ます。​エンジニアリングに特化したドラッグアンドドロップ式オブジェクトを使用すれば、​カスタム​ユーザ​インタフェース​を​作成​し​て、​テスト​結果​を​す​ば​やく​確認​し、​その​結果​を​複数​の​ファイル​形式 (バイナリ、​テキスト、​CSV​など) で​共有​する​こと​も​でき​ます。

LabVIEW​を​使用​する​こと​の​メリット

ほぼ​すべて​の​ハードウェア​に​接続​できる​ため、​システム​設定​の​時間​が​短縮​可能

LabVIEW​では、​さまざま​な​バス (USB、​Ethernet、​シリアル、​GPIB​など) や​計測​器​ドライバ​の​ライブラリ (API、​サンプル​プログラム、​ドキュメント​が​通常​含​まれ​てい​ます) を​使用​し​て、​他社​製​の​数多く​の​ベンチ​トップ​計測​器​や​モジュール​式​計測​器​から​データ​を​収集​でき​ます。

計測​データ​からす​ば​やく​洞察​を​引き出す

LabVIEW​では、​1,000​種類​以上​ある​標準​の​解析​関数​を​使用​した​り、​C、​C​+​+、​C#​など​の​既存​の​コード​を​再​利用​した​り​する​こと​で、​未処理​データ​から​計測​データ​に関する​洞察​を​引き出す​こと​が​でき​ます。

テスト​結果​を​迅速​に​視覚​化​する

エンジニアリング​アプリケーション​専用​に​作成​さ​れ​た​ドラッグ​アンド​ドロップ​式​オブジェクト​の​包括​的​な​コレクション​を​使用​し​て、​カスタム​ユーザ​インタフェース​を​作成​でき​ます。​その後​で、​すべて​の​計測​器​から​得​ら​れ​た​テスト​結果​を​1​つ​の​ビュー​に​まとめる​こと​で、​す​ば​やく​意思​決定​を​下す​こと​が​でき​ます。

複数​の​ファイル​形式​で​データ​を​容易​に​保存/​共有

LabVIEW​に​は、​ファイル​管理​機能​の​コレクション​が​用意​さ​れ​て​おり、​バイナリ、​テキスト、​CSV​といった​標準​の​ファイル​形式​から​適切​な​形式​を​選択​し​て、​データ​を​保存​および​共有​でき​ます。​共有​を​簡単​に​行う​に​は、​ファイル​を.zip​ファイル​に​圧縮​し​ます。

スキル​の​効率​的​な​習得​で​開発​を​スピードアップ

自習​または​講師​による​指導​を通じて、​LabVIEW​と​他社​製​ベンチ​トップ​計測​器​を​使用​した​生産​性​の​向上​について​学習​する​こと​が​でき​ます。​NI​が​標準​サポート・​保守​プログラム (SSP) で​提供​する​オン​デマンド​の​オンライン​トレーニング​を​利用​した​り、​授業​形式​の​トレーニング​コース​を​受講​した​り​し​て、​計測​システム​の​開発​や​新しい​計測​器​ドライバ​の​設計​を​実践​形式​で​学ぶ​こと​が​でき​ます。