C​シリーズ​CANopen​インタフェース​モジュール

​ ​CompactRIO​システム​を​マスタ​として​CANopen​ネットワーク​上​で​接続、​通信​できる​よう​にし​ます。

C​シリーズ​CANopen​インタフェース​モジュール​は、​CANopen​アプリケーション​を​開発​する​ため​の​高速​インタフェース​です。​CANopen​は、​高​レベル​の​通信​プロトコル​で、​コントローラ​エリア​ネットワーク​(CAN)​物理​層​に​基​づ​い​てい​ます。​CANopen​は、​モーション​指向​の​マシン​コントロール​ネットワーク​用​に​設計​さ​れ​ま​した​が、​現在​では、​医療​機器、​海洋​電子​機器、​ビルディング​オートメーション​など、​様々​な​製品​および​アプリケーション​で​使用​さ​れ​てい​ます。​C​シリーズ​CANopen​モジュール​は、​CiA-​DS 301​に従って​プロセス​データ​オブジェクト​(PDO)​および​サービス​データ​オブジェクト​(SDO)​を​送受信​でき​ます。​NI-​Industrial Communications for CANopen​ドライバ​を​使用​し​て、​SDO​バッチ​編集​した​り、​LSS​サービス​サポート​で​スレーブ​ノード​を​構成​した​り、​ネットワーク​管理​(NMT)、​ハート​ビート、​ノード​ガード、​および​CANopen​同期​機能​を​実行​した​り​でき​ます。

価格​に​消費​税​は​含​まれ​てい​ま​せん。