SystemLink™ ソフトウェア​とは

SystemLink​は、​テスト​環境​の​検証、​稼働、​および​監視​の​ため​の​インテリジェント​な​システム​および​データ​管理​ソフトウェア​プラットフォーム​です。​SystemLink​を​使用​する​こと​で、​テスト​センター​の​パフォーマンス​を​最大限​に​高める​こと​が​でき​ます。

業務効率の向上させ、​エンジニアリング​に関する​洞察​を​引き出す

SystemLink​は、​テスト​システム​を​最新​かつ​正常​な​状態​に​保つ​ため​の​手作業​を​不要​にし​ます。​SystemLink​は、​更新​の​自動化​から​システム​の​状態​​監視​まで、​状況​認識​や​テスト​準備​を​改善​する​ため​の​重要​な​情報​を​提供​し、​製品​ライフサイクル​全体​において​高い​品質​を​実現​し​ます。​SystemLink​を​使用​する​こと​で、​ソフトウェア​が​正しく​構成​さ​れ​て​いるか​を​確認​でき、​テスト​機器​の​キ​ャ​リ​ブ​レ​ー​ション​が​実行​さ​れ、​品質​基準​を​満​た​し​て​いる​こと​を​確認​でき​ます。​SystemLink​は、​自動化​機能​および​コネクティビティ・​プラットフォーム​を​活用​し​て、​あらゆる​テスト​システム​の​テスト​および​計測​データ​を​一元化​さ​れ​た​データ​リ​ポジ​トリ​に​集約​し​ます。​これ​により​ユーザ​は、​アセット​使用​率、​キ​ャ​リ​ブ​レ​ー​ション​予測、​テスト​結果​履歴​と​傾向、​および​本番​稼働​メ​トリック​データ​に​簡単​に​アクセス​し​、​設備​投資、​メンテナンス​イベント、​テスト​または​製品​の​部分​的​な​変更​や​改修​について​​先​を​見越し​た​意思​決定​を​行​う​こと​が​でき​ます。

主​な​メリット

  • インテリジェント​オートメーション—​リモート​ソフトウェア​アップデート、​デバイス​管理、​システム​診断、​データ​統合、​分析​を​積極​的​に​認識​し​ます。

 

  • 状況​認識—​1​つ​の​サイト​および​グローバル​サプライ​チェーン​全体​の​インタラクティブ​な​ダッシュボード、​構成​可能​な​アラーム、​および​拡張​可能​な​レポート​を​使用​し​て、​テスト​の​実行​状況​の​理解​を​深​め​ます。

  • 根本​原因​分析—​有意​の​パターン​や​相関​性​を​見つける​ため​に、​エンジニアリング​中心​の​ユーザ​インタフェース​および​解析​ツール​を​使用​し​て​根本​原因​の​特定​を​加速​し​ます。
  • トレーサビリティ—​システム​ステータス​と​テスト​データ、​および​主要​な​イベント​に​関連​付け​ら​れ​た​ユーザ​の​自動​記録​管理​により、​監査​コン​プライア​ン​ス​を​強化​し​ます。
 
  • 価値​ある​洞察—​歩留まり、​サイクル​時間、​欠陥、​故障​パレート​など​の​重要​な​KPI​を​使用​し​て​製造​プロセス​と​テスト​プロセス​を​「見える​化」​し、​プロセス​や​設計​時​の​当て推量​を​不要​にし​ます。

SystemLink​プラットフォーム​の​概要

モジュール​式​アーキテクチャ​の​ため、​ニーズ​に​合わせ​て​効率​的​な​サイズ​に​する​こと​が​でき​ます。​モジュール​および​アド​オン​を​SystemLink Server​と​組み合わせ​て​使用​する​こと​により、​SystemLink​の​能力​を​完全​に​発揮​させる​こと​が​でき​ます。