LabVIEW NXG Web Module​を​使用​し​て​Web​アプリケーション​を​開発​する​方法

LabVIEW NXG Web Module​を使用すれば、​標準​の​LabVIEW​開発​環境​を​使用​し​て​Web​アプリケーション​を​設計​し、​テスト/​測定​システム​用​の​リモート​制御/​監視​インタフェース​を​作成​でき​ます。

LabVIEW NXG Web Module​で​できる​こと

LabVIEW NXG​の​アド​オン​で​ある​LabVIEW NXG Web Module​を​使用​すると、​プラグ​イン​や​インストーラ​を​使用​せ​ず​に​最新​の​Web​ブラウザ​で​実行​できる​エンジニアリング​ユーザ​インタフェース (UI) を​作成​でき​ます。​LabVIEW NXG Web Module​では、​HTML、​CSS、​JavaScript​といった​業界​標準​の​技術​に​基​づ​い​た、​ドラッグ​アンド​ドロップ​式​エンジニアリング​ウ​ィ​ジェット、​直感​的​な​通信​メカニズム、​安全​性​の​高い​ホスト​を​使用​し​て、​分散​システム​から​の​データ​を​す​ば​やく​視覚​化​する​こと​が​でき​ます。

LabVIEW NXG Web Module​の​メリット

高性能​な​ドラッグ​アンド​ドロップ​式​エンジニアリング​ウ​ィ​ジェット​を​使用​し​て​Web​アプリケーション​を​作成

WebVI​では、​高性能​な​ドラッグ​アンド​ドロップ​式​エンジニアリング​ウ​ィ​ジェット​を​使用​した、​標準​Web​技術 (HTML、​CSS、​JavaScript) に​基づく​Web​アプリケーション​の​開発​と​デプロイ​が​可能​です。​LabVIEW NXG Web Module​では、​開発​した​Web​アプリケーション​を​ブラウザ​のみ​で​実行​でき、​余分​な​インストール​は​必要​ありま​せん。​また、​任意​の​スクリーン​サイズ​に​適応​し​ます。

既存​の​サード​パーティ​Web​コンテンツ​を​組み込む

Web​アプリケーション​に​カスタム​機能​を​追加​する​必要​が​ある​場合​は、​WebVI​の​HTML​を​編集​し​て​JavaScript​ライブラリ​を​イン​ポート​する​こと​で、​WebVI​の​オープン​性​を​活用​し​て​インターネット​全体​から​コンテンツ​を​イン​ポート​でき​ます。​これ​により、​マッピング​ウ​ィ​ジェット​など​の​カスタム​項目​を​追加​でき​ます。

CSS​を​使用​し​て​WebVI​スタイル​を​カスタマイズ

CSS​を​使用​する​こと​で、​背景​色​など​WebVI​の​スタイル​を​変更​でき​ます。​Web​アプリケーション​に​CSS​ファイル​を​含める​こと​で、​コンテンツ​を​スタイル​から​切り離し、​組織​全体​で​カスタム​CSS​ファイル​を​共有​し​て、​一貫​した​スタイル​や​レイアウト​を​構築​でき​ます。