CAN/​LIN​ケーブル

​製品​の​詳細​を​見る ​

​ ​CAN/​LIN​インタフェース​と​デバイス、​ブレーク​アウト​ボックス、​および​アクセサリ​を​接続​し​ます。

CAN/​LIN​ケーブル​は、​ISO 11898​ケーブル​仕様​に​適合​する​よう​に​設計​さ​れ​て​おり、​高速/​FD、​低速、​ソフトウェア​選択​可能​な​CAN​および​LIN​インタフェース​で​動作​し​ます。​NI​では、​CAN​および​LIN​インタフェース​を​終端​処理​さ​れ​た​ネットワーク​または​LS/​FT CAN​を​実装​し​て​いる​ネットワーク​に​接続​する​場合​は​終端​処理​の​ない​CAN​ケーブル​を、​個々​の​HS/​FD CAN​デバイス​や​1​つ​の​終端​のみ​の​ネットワーク、​または終端処理のないネットワークへの接続には終端処理された​CAN​ケーブル​を​推奨​し​てい​ます。​NI-​XNET CAN​インタフェース​は、​外部​終端​処理​の​必要​を​なくす​ため、​ソフトウェア​選択​が​可能​な​終端​処理​を​備え​てい​ます。​一部​の​モデル​は​CompactRIO​または​CompactDAQ​ハードウェア​の​ため​に​特に​設計​さ​れ​て​おり、​外部​電源​を​必要​と​する​ポート​を​備え​てい​ます。

 

  • ケーブル​イン​ピ​ー​ダンス:​120 Ω、​抵抗:​20 °C​で​93 Ω/​km、​遅延:​5 ns/m
  • 2​つ​の​24 AWG​ツイスト​ペア​(1​つ​が​CAN_H​および​CAN_L​用、​もう​1​つ​が​V​+および​V-​用)
  • CiA-​DS-102​標準​配線:​ピン​2:​CAN_L、​ピン​3:​V-、​ピン​5:​シールド、​ピン​7:​CAN_H、​ピン​9:​V+

価格​に​消費​税​は​含​まれ​てい​ま​せん。