NI Switch Executive​とは

概要

NI Switch Executive​は、​スイッチ​の​構成​を​簡素​化​できる​スイッチ​管理/​経路​設定​ソフトウェア​です。​自動​テスト​装置 (ATE) システム​用​の​スイッチ​ソフトウェア​の​最新​版​です。​NI Switch Executive​では、​スイッチ​モジュール、​外部​接続、​信号​経路​の​構成​や​指定​を​マウス​や​キーボード​の​簡単​な​操作​で​行える​ので、​開発​の​生産​性​が​高まり​ます。​また、​NI TestStand​や​LabVIEW、​LabWindows™/​CVI、​Measurement Studio​と​併用​すると、​テスト​コード​の​再​利用​が​可能​と​なる​だけ​で​なく、​システム​性能​が​向上​し​ます。​NI Switch Executive​を使用すれば、​開発​が​迅速​化​する​とともに、​スイッチ​システム​の​保守​も​簡素​化​さ​れる​ため、​テスト​に​かかる​コスト​を​削減​でき​ます。

内容

スイッチ​システム​の​開発​時間​を​短縮

NI Switch Executive​を​使用​すると、​直観​的​な​構成​環境​で“仮想​デバイス”を​作成​する​こと​で、​スイッチ​システム​の​開発​を​加速​化​する​こと​が​でき​ます。 Measurement & Automation Explorer (MAX) を​使用​した​データ​収集​に​精通​し​て​いる​ユーザ​にとって​は、​仮想​デバイス​の​作成​は​仮想​チャンネル​の​作成​に​似​てい​ます。​NI Switch Executive​の​仮想​デバイス​構成​を​使用​すると、​NI​や​サード​パーティ​の​IVI​準拠​スイッチ​を​各種​組み合わせ​て、​1​つ​の​仮想​スイッチ​デバイス​を​作り上げる​こと​が​でき​ます。​スイッチ​ハードウェア​を​仮想​スイッチ​デバイス​として​定義​した​後​は、​スイッチ​システム​の​その他​の​プロパティ​を​指定​でき​ます。​各​スイッチ​デバイス​に​は、​次​の​よう​な​プロパティ​が​あり​ます。

  • チャンネル
  • 配線
  • 経路
  • 経路​グループ
  • 物理​的​属性

物理​的​属性​に​は、​以下​の​よう​な​もの​が​あり​ます。

  • 配線​モード
  • 帯域幅
  • インピーダンス
  • 整​定​時間
  • 最大​電圧
  • 許容​電流
  • 許容​電力

NI Switch Executive​を​使用​すると、​各​スイッチ​構成​に​関連​する​物理​的​属性​を​保存​し、​その​情報​を​利用​し​て​適切​な​スイッチ​経路​を​決定​する​こと​が​でき​ます。​そのため、​多額​の​投資​を​した​スイッチ​ハードウェア​で、​オーバー​ドライブ​や、​高周波​信号​の​経路​が​低周波​スイッチ​デバイス​に​設定​さ​れる​こと​など​を​避ける​こと​が​でき​ます。

​NI Switch Executive​の​使い​やすい​アプリケーション​構成​環境​に​は、​複雑​な​スイッチ​システム​に​使用​さ​れる​チャンネル​の​構成​用​ツール​も​含​まれ​てい​ます。​それらのツールを使用すれば、​各​チャンネル​に​エイリアス​名​を​付け​たり​固有​の​コメント​を​追加​した​り​できる​ため、“c0”や“c2”という​チャンネル​の​名前​を“DMM”や“Scope”に​変える​こと​で、​大規模​な​スイッチ​システム​で​使用​する​数百​から​数​千​に​及ぶ​多数​の​スイッチ​チャンネル​の​管理​が​非常​に​容易​に​なり​ます。 また、​複数​の​スイッチ​デバイス​を​使用​する​際​に​は​チャンネル​エイ​リア​ス​機能​が​便利​です。​従来​複数​の​スイッチ​を​含む​スイッチ​システム​では、​各​スイッチ​デバイス​に“c0”や“c2”など​同じ​名前​の​チャンネル​が​複数​あり、​それら​が​全く​別​の​入力​や​出力​を​示し​てい​ま​した。​NI Switch Executive​では、​それらの​チャンネル​に​異なる​名前​を​割り当てる​こと​が​でき​ます。​さらに​チャンネル​モード​では、​スイッチ​システム​内​の​各​チャンネル​を​通常、​構成、​または​ソース​として​構成​できる​ため、​最終​的​な​スイッチ​構成​を​正しく​検証​する​こと​が​でき​ます。​通常​モード​は、​スイッチ​システム​の​通常​の​チャンネル​で​使用​し​ます。​構成​モード​は、​2​つ​の​通常​チャンネル​の​接続​に​使う​チャンネル​で​使用​し​ます。​ソース​モード​は、​入力​電圧/​電流​を​提供​する​チャンネル​で​使用​し​ます。​図​1​は、​グラフィカル​構成​ユーティリティ​に​搭載​さ​れ​て​いる​イン​プ​レース​チャンネル​エイ​リア​ス​編集​機能​を​使用​し​て​チャンネル​を​す​ば​やく​構成​する​方法​を​示し​てい​ます。

 
図​1. NI Switch Executive​グラフィカル​構成​ユーティリティ


​必要​な​チャンネル​の​構成​が​全て​終​わっ​た​後​は、​NI Switch Executive​に​含​まれ​て​いる​2​つ​の​画期的​な​ユーティリティ​を​使用​し​て​チャンネル​の​ペア​を​接続​し​て、​経路​を​形成​する​こと​が​でき​ます。

1​番目​は、​NI​製​スイッチ​デバイス​用​の​グラフィカル​構成​ユーティリティ​です。​図​1​に​示す​よう​に、​この​ユーティリティ​は​グラフィカル​な​ポイント​&​クリック​方式​と​な​って​おり、​NI​製​スイッチ​モジュール​を​クリック​する​だけ​で​構成​を​行​え​ます。​スイッチ​マト​リ​クス​で​経路​を​作成​する​に​は、Create route ボタン​を​クリック​し、​接続​する​行​と​列​の​交差​ポイント​を​見​つけ​て​クリック​し​ます。​経路​グループ​も​同じ​方法​で​作成​し​ます。Create Route Group ボタン​を​クリック​し、​経路​グループ​に​含める​交差​ポイント​を​全て​クリック​し​ます (図​2)。​チャンネル​エイ​リア​ス​を​構成​する​に​は、​当該​の​行​または​列​を​クリック​し​て​名前​を​変更​し​ます。

図​2. グラフィカル​構成​ユーティリティ​による​経路​グループ​の​作成

2​番目​は、​テキスト​ベース​の​経路​構成​ツール​です。​この​ツール​では、​エイ​リア​ス​チャンネル​名​または​完全​な​チャンネル​名​の​リスト​から、​接続​する​2​つ​の​チャンネル​を​選択​し​ます。​選択​した​チャンネル​に​基​づ​い​て、​NI Switch Executive​が​使用​可能​な​推奨​ルート​を​表示​し​ます。​推奨​経路​に​は、​システム​内​の​複数​の​スイッチ​デバイス​間​で​交差​する​必要​の​ある​全て​の​配線​も​含​まれ​ます。​ユーザ​は​推奨​経路​を​使用​する​こと​も、​経路​を​手動​で​指定​する​こと​も​でき​ます。​経路​を​選択​した​後​は、​テスト​ソフトウェア​プログラム​で​簡単​に​参照​できる​よう​に、​エイリアス​名​を​付け​ます。​さらに、​テスト​対象​ユニット (UUT: Unit Under Test) に対する​各​テスト​では、​テスト​の​実行​前​に​複数​の​経路​の​切断​と​接続​が​必要​に​なる​こと​も​あり​ます。​その​場合​は、​NI Switch Executive​を​使​って​複数​の​経路​を​グループ​化​し、​経路​グループ​を​作る​と​よい​で​しょう。​この​経路​グループ​に​は、​エイリアス​名​を​付け​て​その​名前​で​アクセス​する​こと​が​可能​です。​UUT​の​テスト​を​プログラミング​する​際​に、​テスト​プログラム​で​経路​グループ​の​エイリアス​名​を​使用​し​て、​経路​グループ​で​指定​さ​れ​た​全て​の​経路​を​接続​または​切断​でき​ます。

シミュレーション

MAX​の​各​NI Switch Executive​仮想​デバイス​構成​に、​スイッチ​構成​全体​の​検証​を​シミュレーション​モード​で​行う​オプション​が​あり​ます。​構成​の​検証​を​シミュレーション​モード​で​行う​こと​で、​スイッチ​ハードウェア​や​UUT​に​損傷​を​与える​よう​な​重大​エラー​が​ない​こと​を​確認​でき​ます。​構成​した​経路​や​経路​グループ​に​問題​が​ある​場合​は​レポート​が​表示​さ​れる​ため、​簡単​に​トラブル​シューティング​し​て​ただちに​修正​する​こと​が​可能​です。​また、​スイッチ​構成​全体​に関する​HTML​形式​の​レポート​も​ワン​クリック​で​生成​できる​ため、​スイッチ​シ​システム​全体​の​構成​の​文書​化​や​外部​リファレンス​を​簡単​に​行​え​ます。​また​NI Switch Executive​の​各​仮想​スイッチ​デバイス​構成​は、​XML (eXtended Markup Language) ファイル​に​簡単​に​保存​できる​ため、​実装​した​テスト​システム​に​ロード​し​て​手早い​構成​や​再​利用​が​可能​です。

Excel​の​統合

Excel Import/​Export​機能​を​使用​すると、​スイッチ​構成​を​そのまま​Microsoft Excel​環境​に​移行​させる​こと​が​でき​ます (図​3)。​その後、​検索/​置換​や​公式​の​クリック​&​ドラッグ​など、​Microsoft Excel​の​テキスト​編集​機能​を​用​い​て​チャンネル​の​エイリアス、​経路、​経路​グループ​を​複製​する​こと​が​でき​ます。​また、​Excel​で​構成​を​拡張​する​こと​で、​NI TestStand​テスト​管理​ソフトウェア​と​の​統合​に​有利​な​命名​規則​が​利用​し​や​すく​なり​ます。

図​3. Microsoft Excel​による​スイッチ​の​構成

LabVIEW、​NI TestStand​と​の​統合

NI Switch Executive​は​NI​の​テスト​アーキテクチャ​に​完全​に​統合​できる​ため、​ATE​テスト​システム​の​開発​に​役​立ち​ます。​NI Switch Executive​ソフトウェア​を​使用​すると、​統合されたテスト​管理​ソフトウェア内​の​様々​な​レベル​で​必要​な​スイッチ​機能​を​抽出​する​こと​が​でき​ます。


図​4. NI TestStand​に統合された​NI Switch Executive

図​5. LabVIEW​に統合された​NI Switch Executive

たとえば、​NI Switch Executive​を​NI TestStand​テスト​管理​ソフトウェア​に​組み込む​と、​テスト​ごと​に​スイッチ​ハードウェア​を​制御​する​こと​が​可能​です (図​4)。​また、​LabVIEW (図​5)、​LabWindows/​CVI、​Visual Studio​用​NI Measurement Studio​など、​よく​使用​さ​れる​テスト​言語​で​作成​した​テスト​モジュール​内​で​NI Switch Executive​を​使用​し​て​スイッチ​を​プログラム​する​こと​が​でき​ます。

図​6. NI Switch Executive​で​の​IVI (Interchangeable Virtual Instrument) 規格​の​使用

システム​メンテナンス​の​簡素化

最後​に、​NI Switch Executive​を​使用​すると、​自動​スイッチ​システム​の​管理​も​簡単​です。​対話​式​の​使い​やすい​構成​環境​と​な​って​いる​ため、​スイッチ​経路​や​ハードウェア​を​す​ば​やく​変更​し​て​製品​の​変更​に​対応​する​こと​が​でき​ます。​NI Switch Executive​は、​図​6​に​示す​よう​に​IVI (Interchangeable Virtual Instruments) 規格​を​採用​し​て​いる​ため、​IVI​準拠​の​スイッチ​ハードウェア​を​その​スイッチ​の​他の​バージョン​や​別​の​ベンダ​の​スイッチ​と​交換​した​場合​も、​テスト​コード​を​書き直す​必要​が​一切​ありま​せん (IVI Switch Class Driver​関数​を​使用​し​て​いる​場合)。​IVI​の​詳細​について​は、​こちら (ni.com/​ivi) を​参照​し​て​くだ​さい。

まとめ

新しい​製品​が​登場​する​たび​に​UUT​が​複雑​化​する​中、​接続​する​必要​の​ある​テスト​ポイント​数​は​急速​に​増え​てい​ます。​その​影響​で、​スイッチ​システム​も​複雑​化​し​てい​ます。​NI Switch Executive​を​使用​すると、​スイッチ​システム​の​開発​と​保守​における​多く​の​難題​を​解決​できる​ため、​最終​的​に​テスト​システム​の​コスト​を​削減​する​こと​が​可能​です。

関連​リンク

製品​と​サービス: NI Switch Executive
スタート​アップ​ガイド: テスト​システム