ECU​基板​の​自動​検査​システム

秋​藤 和​之 氏, 東洋​電機​株式会社

"LabVIEW​の​導入​により、​検査​工数​に​費​や​し​てい​た​時間​が、​80​分​から​10​分​に​短縮​でき​た。" ​

- 秋​藤 和​之 氏, 東洋​電機​株式会社

課題:

ECU​基板​の​生産​に関し、 ​• ​人​が​80​分間​つきっきり​で​行​って​いる​機能​検査​を​無人​で​できる​こと​(自動​検査) ​• ​検査​成績​書​の​作成​も​自動​で​行い、​また​データ​化​(ペーパー​レス)​できる​こと

ソリューション:

LabVIEW、​および​TestStand​を​用​い、​下記の検査を行った。 ​1. ​シグナル​チェック ​• ​各​仕様​に​対応​する​ソフトウェア​の​書込み ​• ​各​仕様​に​対応​する​パラメータ​の​書込み​&​確認 ​• ​ソレノイド​電流​の​測定​&​校正 ​• ​カレンダタイマ​の​設定 ​• ​電圧​波形​測定…​等 ​2. ​ハードウェア​チェック ​• ​通電​エージング

【背景】

当社​で​生産​中​の​ECU​基板​(200​~​300​台/​月)​が​あり、​その​機能​検査​に​80​分​掛​かって​いま​した。
​そんな​ある​日​顧客​より​「次​年度​から​その​製品​を​毎月​600​台​注文​した​い」​と​の​内示​が​ありま​した。
​しかし​現状​の​検査​装置​で​600​台を生産するには工数が足りず、​色々​と​方法​を​検討​した​結果、​LabVIEW​による​自動​検査​を​導入​する​ことに
​決定​致​しま​した。

 

【課題】

・ 人​が​80​分間​つきっきり​で​行​って​いる​機能​検査​を​無人​で​できる​こと​(自動​検査)。
​・ 検査​成績​書​の​作成​も​自動​で​行い、​また​データ​化​(ペーパー​レス)​できる​こと。

 

【ソリューション】

1.  検査​内容
​検査​内容​は​大​きく​分け​て​2​つ​に​分かれる。

 

<​シグナル​チェック>
        ・ 各​仕様​に​対応​する​ソフトウェア​の​書込み
        ・ 各​仕様​に​対応​する​パラメータ​の​書込み​&​確認
        ・ ソレノイド​電流​の​測定​&​校正
        ・ カレンダタイマ​の​設定
        ・ 電圧​波形​測定…等

 

<​ハードウェア​チェック>
    ・ 通電​エージング

まず​ECU​基板​に​ソフトウェア​を​書込み、​その後、​通電​エージング​を​行い、​その後、​パラメータ​の​書込み・​電流​測定​等​各​機能​の​検査​を​行う。
​(検査​時間​は​エージング​の​時間​を​抜​い​て​80​分)

今回​は​LabVIEW​と​TestStand​を​用​い、​上記​検査​を​行う。

 

2. システム​構成
​本​検査​で​使用​する​NI​製品​の​構成​を​以下​に​記す。

 

3.  結果


​<​改善​点>
​・ 本​製品​の​製作​工程​の​中​で​もっとも​時間​の​掛​かって​い​た​機能​検査​の​工数​を​87%​削減​でき​た。​(目標​は​50%​削減 ⇒ 達成!)
​※​検査​工数​80​分 ⇒ LabVIEW​導入​後:​10分
​・ 自動化​により​人為​的​な​ミス​(測定​間違い・​成績​書​誤記​等)​がなくなった。
​・ 検査​成績​書​の​電子​データ​化​により、​データ管理が容易となった上、​紙​等​の​資源​も​削減​でき​た。

 

<​反省​点>
​・ 仕様​検討・​開発・​デバッグ​に​時間​が​掛​か​り​すぎ​た。​(予定​3​ヶ月​⇒5​ヶ月)
​・ 完全​自動化​を​考え​てい​た​が、​コスト​削減​の​為、​製品​toLabVIEW​の​コネ​クタ​付​替​(2​回)​のみ手動になった。

【参考​写真】

 

​ ​NI​製品​の​構成 ​
​ ​使用​機器​一覧​(上)、​PXI​構成​(下) ​
写真​1: ​ ​外観​図 ​
写真​2: ​ ​TestStand​を​起動​し、​日付・​作業​者・​仕様​等​を​入力​する​画面 ​
写真​3: ​ ​電圧​波形​測定​を​する​画面 ​