NI、​分散​した​テスト・​計測​システム​管理​向け​ソフトウェア​「SystemLink™」​を​発表

システム​の​保守​に​かかる​コスト​を​抑え​つつ、​運用​効率​と​稼働​率​を​向上​させる​こと​が​可能に

システム​の​保守​に​かかる​コスト​を​抑え​つつ、​運用​効率​と​稼働​率​を​向上​させる​こと​が​可能に

 

日本​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​株式会社​(本社:​東京​都​港区、​代表​取締役:​コラーナ マンディップ シング、​以下 日本​NI)​は、​2018​年​5​月​17​日、​分散​した​テスト・​計測​システム​の​管理​に​特​化​した​アプリケーション​ソフトウェア「SystemLink」​を​発表​し​ます。​この​製品​は、​中央​集約​型​の​インタフェース​を​特長​として​おり、​ソフトウェア​の​実装​(デプロイ)、​デバイス​の​リモート・​コン​フ​ィ​ギ​ュ​レ​ー​ション​(構成)、​システム​の​状態​や​パフォーマンス​の​監視​といった​作業​を​自動化​する​の​に​役​立ち​ます。​この​インタフェース​を​活用​する​こと​により、​運用​効率​の​向上​と​保守​コスト​の​削減​が​可能​となり​ます。

 

現在、​多く​の​企業​は、​インダストリアル​IoT(Internet of Things)、​5G(第​5​世代​移動​通信​システム)、​自動車​の​電動​化​といった​トレンド​へ​の​対応​を​迫​ら​れ​てい​ます。​その​一方で、​以前​から​使用​し​て​いる​分散​した​システム​の​保守​を​いかに​合理​的​に​実施​する​か​といった​現実​的​な​問題​に​も​悩​まさ​れ​てい​ます。​この​よう​な​課題​を​抱える​企業​に​は、​システム​管理​に​向け​た​新た​な​アプローチ​が​必要​です。​ネットワーク​に​接続​した​状態​で​一元​管理​が​行える​システム​に対する​ニーズ​が​高まる​中、​ビジネス​面​で​大きな​メリット​を​も​たら​し​うる​大規模​な​分散​実装​を​前提​と​した​理論​や​パイロット​プロジェクト​が​行​われる​よう​に​なり​ま​した。​そうした​メリット​を​得る​ため​に​企業​は、​すぐ​に​使える​データ​駆動​型​の​情報​を​活用​し​てい​ます。​それ​によって、​稼働​率​の​最大​化​を​図​り、​効率​の​向上、​将来​の​製品​に​向け​た​イノベーション​が​促進​さ​れる​の​です。​それ​と同時に、​新しい​ネットワーク​接続​技術​の​採用​にあたって​は、​企業​は、​長​き​にわたって​価値​を​もたらす​既存​の​資産​の​サポート​も​バランス​よく​維持​し​てい​く​必要​が​あり​ます。

 

小規模​な​試験​システム​など​から​情報​を​抽出​し​て​管理、​保守​を​行う​システム​で​あれ​ば、​比較的​単純​な​方法​で​実装​でき​ます。​しかし、​現在​の​狙い​は​その​次​の​段階​へ​と​シフト​し​つつ​あり​ます。​つまり、​大規模​な​実装、​ライフサイクル​の​さまざま​な​段階、​プラント/​ファブ/​工場​など​に​分散​配備​さ​れ​た​テスト​装置​や​ノード​など​を​適切​に​スケーリング​した​り、​管理​した​り​する​こと​が​求め​ら​れ​ます。​必要​な​作業​として​は、​ソフトウェア​や​システム​の​リモート​構成、​データ​の​管理、​パフォーマンス​の​監視​など​が​あり​ます。​対象​と​なる​分野​として​は、​航空​宇宙/​防衛、​輸送、​製造​など​が​想定​さ​れ​ます。

 

NI​の​新​製品​で​ある​SystemLink​は、​NI​製品​または​他社​品​を​ベース​と​する​分散​した​テスト・​計測​システム​の​接続・​実装・​管理​に​役​立ち​ます。​同​製品​が​備える​中央​集約​型​の​インタフェース​に​は、​どこ​から​でも​アクセス​可能​です。​その​インタフェース​を​介​し​て、​ソフトウェア​の​構成​や​実装、​装置​の​状態​や​パフォーマンス​の​監視、​アラーム​の​管理、​アプリケーション​における​パラメータ​の​視覚​化​といった​作業​を、​リモート​で​行​え​ます。​また、​ユーザ​が​指定​した​ダッシュボード​や​リモート​の​オペレータ​用​インタフェース​に対し、​自動​で​データ​の​送受信​を​行う​こと​も​可能​に​なり​ます。

 

複雑​な​被​測定​デバイス​や​短期​開発​に​対応​する​に​は、​ワーク​フロー​で​効率​的​に​使用​できる、​個々​の​ニーズ​に​カスタマイズ​さ​れ​た​包括​的​な​ツール​が​必要​です。​こうした​ツール​によって、​アプリケーション​要件​を​正確​に​満たす​こと​が​可能​に​なり​ます。​SystemLink​は、​ワーク​フロー​の​各​段階​内​で​ニーズ​に​合わせ​て​カスタマイズ​した​製品​を​使用​した、​NI​の​ソフトウェア​中心​の​プラットフォーム​に​追加​さ​れ​た​最新​の​製品​です。​30​万​を​越える​アクティブ​な​ユーザ​が、​こうした​製品​の​全体​または​一部​を​採用​し​てい​ます。​システム​開発​プラットフォーム​「LabVIEW」​を​中核​に​据​え、​テスト​管理​ソフトウェア​「TestStand」​によって​各種​処理​を​実行​する​この​ワーク​フロー​により、​多く​の​アプリケーション​分野​で​テスト​と​検証​に関する​生産​性​の​向上​を​図る​こと​が​でき​ます。​ワーク​フロー​の​各​要素​は、​他社​製​の​ソフトウェア​と​の​相互​運用​性​も​備え​てい​ます。​そのため、​コード​や​IP(Intellectual Property)​の​再​利用​性​を​高める​こと​が​でき​ます。​また、​「LabVIEW​ツール​ネットワーク」​で​提供​さ​れる​アド​オン​や​ツール​など、​NI​の​エコ​システム​を​活用​する​こと​により、​各種​アプリケーション​に​固有​の​要件​に​対応​する​こと​が​可能​に​なり​ます。

 

Siemens​社 テスト​技術​統括 Daniel Huang​氏​の​コメント
​「SystemLink​を使用すれば、​ソフトウェア​の​実装​や​テスト​用​システム​の​構成​など​の​管理​作業​に​要する​時間​を​大幅​に​削減​する​こと​が​でき​ます。​その​おかげ​で、​当社​の​技術​チーム​は、​より​価値​の​高い​作業​に​集中​できる​よう​に​なり​ま​した。」

 

詳細​については ni.com/​systemlink を​ご覧​くだ​さい。

SystemLink Application Software

SystemLink helps improve operational efficiency and decrease maintenance costs through a centralized interface for automating tasks such as software deployment, remote device configuration and system health performance monitoring.

 

To learn more, click here

 

画像​に関する​お​問い合わせ​は、prjapan@ni.comまで​ご​連絡​くだ​さい。

NI​について

NI(ni.com)​は、​現在​だけ​で​なく​将来​を​も​見​据​え​た​エンジニアリング​の​課題​解決​を​サポート​する、​高性能​な​自動​テスト/​計測​システム​を​開発​し​てい​ます。​NI​の​ソフトウェア​定義​の​プラットフォーム​は、​モジュール​式​ハードウェア​と​拡大​を​続ける​エコ​システム​から​構成​さ​れ​て​おり、​この​オープン​な​プラットフォーム​を​採用​する​こと​により、​優​れ​た​アイデア​を​具現​化​でき​ます。

本​リリース​に関する​お​問い合わせ先

広報​担当

電子​メール: NIJapanPR@edelman.com