NI​の​Trademarks(商標)​および​ロゴ​使用​に関する​ガイドライン

発効​日:​2020​年​1​月​23日

1.Trademarks(商標)

"NI"と​は、​National Instruments と​その​世界中​に​所在​する​全て​の​子会社、​事業​体、​事業​部門​を​意味​し​ます。"NI Trademarks"と​は、​米​国内​および​その他​の​国々​における NI​の​登録​商標​ならびに​未登録​の​商標​および​サービス​マーク​を​意味​し​ます。​NI Trademarks​の​一例​を​以下​に​示し​ます​(これ​に​限定​さ​れる​わけ​では​ありま​せん)。

 

A National Instruments Company, AutoCode, Available on the LabVIEW Tools Network, BEEcube, Big Analog Data, cDAQ, CompactRIO, CVI, DAQBook, DAQCard, DAQ-​STC, DASYLab, DIAdem, Digilent, Electronics Workbench, Ettus Research, FieldDAQ, FieldPoint, FlexLogger, FlexMotion, IOTech, Instrumentation Newsletter, LabVIEW, LabVIEW Tools Network, Lookout, MATRIXx, Measure, Measurement Studio, MegaBEE, miniBEE, MITE, Multisim, myLabVIEW, NanoBEE, NAT4882, National Instruments, NectarOS, NI, NI-488, NI-​CAN, ni.com, NI CompactDAQ, NI-​DAQ, NI Developer Suite, NI-​FBUS, NI FlexRIO, NI-​IMAQ, NI miniSystems, NI-​PXImc, NI SoftMotion, NI TestStand, NI TestStand Semiconductor Module, NI VeriStand, NIWeek, Planet NI, Powered by LabVIEW, QuickSyn, RTSI, SCXI, Sensors Plug&Play, SignalExpress, SourceAdapt, SystemBuild, The Software is the Instrument, TestPoint, TestStand, The Virtual Instrumentation Company, TracerDAQ, Ultiboard, USRP, USRP2, USRP Hardware Driver, VeriStand, VirtualBench, VXIpc, Xmath,

 

the “Digilent” logo ,

the "Eagle" logo ,

the “EIP” ,

the "Ettus Research" logo ,

the "LabVIEW" logos and ,

the "LabVIEW" logo design ,

the "National Instruments" corporate logo ,

the "NTS Press" logo ,

the "Phase Matrix" logo ,

and the "Planet NI" logos and .

 

 

"Guidelines"と​は、​本​ガイドライン​(NI Trademarks & Logo Guidelines)​の​セクション 4 で​規定​し​て​いる​NI​の​商標​の​使用​方法​に関する​具体​的​な​指示​を​意味​し​ます。​本​ガイドライン​に​て​言及​さ​れ​て​いる、​NI​の​製品​および​サービス​を​表す​名称、​ロゴ、​アイコ​ン、​マーク​("NI"の​文字​を​冠​する​全て​の​マーク​を​含む)​は、​NI​の​商標、​登録​商標​または​サービス​マーク​で​あり、​NI​から​の​事前​の​書面​による​許可​なく​使用​する​こと​は​でき​ま​せん。​LabWindows​マーク​は、​Microsoft Corporation​から​の​使用​許諾​を​得て​使用​し​てい​ます。​Windows​は、​Microsoft Corporation​の​米国​および​その他​の​国​における​登録​商標​です。​登録​商標​Linux®​は、​全世界​における​商標​保持​者​Linus Torvalds​氏​から​排他​的​ライセンス​を​受け​て​いる​LMI(Linux Mark Institute)​の​許諾​により​使用​し​てい​ます。​NI​の​web​サイト​または​印刷物​に​記載​さ​れ​て​いる​その他​の​製品​名、​企業​名​は​それぞれ​の​企業​の​商標​または​商号​です。 

2.​参照​表示

2.1​一般

セクション​4​にて規定されているガイドラインに沿っていれば、​商標​または​サービス​マーク​の 記載​なし​では NI ならびに​NI​の​製品​および​サービス​を​すぐ​に​特定​でき​ない​場合​に​限り、​特定​する​の​に​必要​な Nominal fair use(固有名詞​として​の​公正​な​使用)​のみ​を​目的​として、​NI​の​商標 を​記載​し​て​も​構​いま​せん。​ただし、​NI​の​商標​を​記載​する​場合、​本​ガイドライン​対象​者​または​その​製品​もしくは​サービス​が、​NI​と​提携​し​て​いる​もしくは​NI​によって​承認​さ​れ​て​いる、​または​NI​の​後援​を​受け​て​いる​よう​な​印象​を​与​えて​はい​け​ま​せん。​NI では、​セクション 4​に​て​規定​さ​れ​て​いる​ガイドライン​に​沿​わ​ない​方法​で​の​NI​の​商標​の​記載​または​表示​を、​適正な使用とは認めず、​それ​を​許可​する​こと​は​ありま​せん。 

 

 

2.2​書籍​および​その他​の​出版物​の​場合

著者​または​出版社​の​方​は、​出版物​が​当該​製品​または​サービス​に関する​もの​で​あり、​商標​または​サービス​マーク​が​記載​さ​れ​てい​ない​限り​製品​または​サービス​を​特定​する​の​が​難しい​場合、​NI​の​製品​または​サービス​を​特定​する​の​に​必要​な​範囲​で、​出版物​内​において、​NI​の​商標​を​固有名詞​と し​て​適切​に​かつ​公正​に​使用​する​こと​が​でき​ます。​NI​の​商標​は、​出版物​の​タイトル​に​含​め​ない​で​くだ​さい。 これ​について​は、​ガイドライン​の​セクション​4​を​確認​し​て​くだ​さい。​NI​の​商標​または​サービス​マーク​を​出版物​の​タイトル​に​冠​すると、​本​ガイ ド​ライン​対象​者​の​製品​(つまり、​本​ガイドライン​対象​者​の​出版物)​の​名称​の​一部​に​当該​商標​または​サービス​マーク​が​使用​さ​れる​ことに​なり、​本​ガイドライン​対象​者​または​その​出版物​が、​NI​と​提携​し​て​いる​もしくは NI によって​承認​さ​れ​て​いる、​または​NI​の​後援​を​受け​て​いるか​の​よう な​印象​を​あたえる​ことに​なり、​適正​かつ​公正​な​参照​表示​に​なら​ない​と、​NI​は​考え​て​いる​から​です。​例えば、​National Instruments LabVIEW™​ソフトウェア​を​使用​し​て​ウィジェット​の​テス ト​を​行う​方法​について​書​か​れ​た​本​の​タイトル​を"The LabVIEW Widget Testing Book"としてはならず、"The LabVIEW™ Widget Testing Book"と​する​の​も​認め​ら​れ​ま​せん。 "Widget Testing using LabVIEW™ Software" が​より 適切 な​タイ トル​として​挙​げ​ら​れ​ます。 この​場合​も "LabVIEW"を目立った大きなフォントもしくは文字の大きさで強調してはならず、​目立つ​形​で 表示​し​て​も​い​け​ま​せん。​また、​LabVIEW​の​商標​が​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​に​帰属​し​て​おり、​当該​書籍​に対し、​NI​は​いかなる​承認​も​同意​も​推薦​も​後援​も​行​って​い​ない​という​旨​を​明記​しな​け​れ​ば​なり​ま​せん。​書籍​および​その他​の​出版物​について​は、​以下​の​メッセージ​を​必ず​表示​する​よう​にし​て​くだ​さい​(NI が​サービス​マーク​として​いる​もの​について​は、”trademark”の​部分 を”service mark”に​置​き​換え​て​くだ​さい)。

 

 

[identify National Instruments trademarks or service marks mentioned]​は​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​の​商標​です。​本​出版物​は​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​から​独立​し​て​おり、​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​は​出版社​とも​著者​とも​いかなる​提携​関係​に​なく、​本​出版物​に対し​いかなる​承認​も​後援​も​同意​も​推薦​も​行​って​おり​ま​せん。

3.​ロゴ

NI​では、​特別​な​場合​に​限り、​ケースバイケース​で​ロゴ​の​使用​を​許可​する​こと​が​あり​ます。 NI から​の​許可​が​下り​た​場合、​e-​mail​によってその旨が通知され、​当該​許可​に関する​諸​条件​が​送​ら​れ​ます。​許諾​拒否、​許諾​した​場合​の​諸​条件​について​は、​NI​が​独自​の​決定​権​を​有する​もの​と​し​ます。​NI が​規定​した​諸​条件​を​申請者​が​承諾​した​時点​で、​ロゴ​の​使用​許可​が​下り​た​もの​と​し、​申請者​に​は、​必要​な​画像​および​資料​が​NI​から​提供​さ​れ​ます。

 

 

一般​的​な​申請:

表示​した​い​ロゴ​が​ある​場合​は、brand@ni.comに​E​メール​を​送信​し、​必要​な​情報​を​NI​に​提出​する​こと​により、​当該​ロゴ​の​表示​許可​を​申請​でき​ます。

 

ア​ライアン​ス​パートナー​による​申請:現在​提携​関係​に​ある​ア​ライアン​ス​パートナー​は、ni.com/​partnermarketingrequestsで​申請​を​行う​こと​が​でき​ます。

4.​ガイドライン

  • NI​の​製品​または​サービス​を​特定​する​の​に​必要​な​場合​を​除​い​て​は、​NI​の​商標​を​記述​し​て​は​なり​ま​せん。​つまり、​適切​な​ワード​マーク​以外​は、​ロゴ​も​デザイン​も​表示​し​て​はい​け​ま​せん。​セクション​3​に​ある​とおり、​特別​な​場合​に​は、​一部​ロゴ​の​使用​を​許可​する​こと​が​あり​ます。​ただし、​セクション​3​に​規定​さ​れ​て​いる​とおり、​NI​では、​明示​的​に​許可​さ​れ​た​場合​を​除​き、​いかなる​ロゴ​および​デザイン​の​表示​も​許可​しま​せん。
  • NI​の​商標​を、​本​ガイドライン​対象​者​または​その​製品​もしくは​サービス​が​NI​と​提携​し​て​いる​も​しく は​NI​によって​承認​さ​れ​て​いる、​または​NI​の​後援​を​受け​て​いるか​の​よう​に​理解​さ​れる​よう​な​方法、 または​そう​で​ある​か​の​よう​に​示し​たり​示唆​した​り​する​よう​な​いかなる​方法​でも​表示​し​て​は​なり​ま​せん。
  • NI​の​商標​を、​自社​の​商標、​サービス​マーク​または​商号​より​も​目立つ​よう​に​表示​し​て​は​なり​ま​せん。
  • NI​の​商標​を、​ドメイン​ネーム​または​ドメイン​ネーム​の​一部​として​使用​し​て​は​なり​ま​せん。
  • NI​の​商標​を、​別​の​画像​または​テキスト​と​組み合わせ​たり、​接近​し​て​並​べ​たり​し​て​は​なり​ま​せん。
  • NI​の​商標​を、​いかなる​方法​でも​改変​し​て​は​なり​ま​せん。​これ​に​は、​商標​の​省略、​商標​の​一部​の​除去​/​修正​/​拡大・​縮小​/​トリミング​/​配置​換え、​色​の​変更、​特殊​効果​の​適用​(アニメーション、​陰影 付け、​光彩​処理、​テクスチャ​処理、​エン​ボス​加工、​変形​を​含み​ます​が、​これら​に​限定​しま​せん)​を 含み​ます​が、​これら​に​限定​さ​れる​もの​では​ありま​せん。
  • NI​の​商標​を、​繰り返し​模様​または​文言​もしくは​センテンス​の​一部​に​使用​し​て​は​なり​ま​せん。
  • NI​の​商標​を、​NI​が​NI​の​製品​または​サービス​を​特定​する​の​に​使用​する​場合​を​除​い​て​は、​製品​名​もしくは​ロゴ、​企業​名、​サービス​名、​事業​名​もしくは​ロゴ​として、​または​その​一部​として​使用​し​て​は​なり​ま​せん。​例えば、​LabVIEW™​ソフトウェアを使用して作成された​VI​は、​そのように​明記​すべ​き​で​あっ​て、”LabVIEW VI”と​すべ​き​では​ありま​せん。 NI FlexRIO™ Adapter Module Development Kit​の​ライセンス​を​所有​し​てい​て、​NI FlexRIO™ FPGA​モジュール​で​使用​する​ため​の​アダプタモジ ュール​を​設計・​開発​した​場合、​当該​アダプタ​モジュール​は、​NI FlexRIO™ FPGA​モジュール​で​の​使用​を​目的​と​した​アダプタ​モジュール​と​称​さ​れる​べ​き​で​あっ​て、”NI FlexRIO​アダプタ​モジュール”と​すべ​き​では​ありま​せん。 当然​の​こと​ながら、​NI は NI の”Virtual Instruments”を”LabVIEW™ VIs”と​明記​する​こと​が​でき、​アダプタ​モジュール​を”NI FlexRIO™​アダプタ​モジュール”と​呼​んで​も​差し​支え​ありま​せん。
  • NI​の​商標​を、​特定​の​ソフトウェア​プログラム​または​その他​の​ものの​要素​もしくは​機能​として​使用​し​て​は​なり​ま​せん​(これ​に​は、​アイコ​ン​として​の​使用​が​含​まれ​ます​が、​これ​に​限定​さ​れる​もの​では​ありま​せん)。
  • NI​の​商標​は、​特定​の​種類​の​製品​または​サービス​を​示す​もの​では​なく、​NI​の​製品​および​サービス​を、 他社​の​製品​および​サービス​を​区別​する​ため​に​ある​もの​です。​ですから、​NI​の​商標​を​名詞​として、​複数​形​もしくは​所有​格、​または​動詞​として​使用​する​こと​は​でき​ま​せん。​NI​の​商標​の​後に​は、​製品​や​サービス​の​種類​を​表す​適切​な​名詞​を​記載​し​て​くだ​さい​(例:​LabVIEW ソフトウェア)。
  • NI​の​商標​に​は、​以下​の​よう​に”TM”マーク​を​付け​て​くだ​さい:​[商標]™。​NI​が​サービス​マーク​と​定めて​いる​もの​に関して​は、​同様​に”SM”マーク​を”TM”マーク​の​代わり​に​付け​て​くだ​さい:​[サービス マーク] SM。
  • NI​の​商標​が​記載​または​表示​さ​れ​て​いる​ユーザ​作成​の​全て​の​文書、​または​それら​に​関連​の​ある​全て​の​マテリアル​では、​以下​の​メッセージ​を​分​か​り​やすい​大​き​さ​および​フォント​で​明記​し​て​くだ​さい​(NI​が​サービス​マーク​と​定めて​いる​もの​について​は、”商標​(trademark)”の​文字​を”サービス​マーク”に​置​き​換え​て​くだ​さい)。

 

 

[Trademark]​は​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​の​商標​です。​[本​ガイドライン​対象​者​名]​および​[本​ガイドライン​対象​者​名]​が​提供​する​いかなる​ソフトウェア​プログラム、​その他​の​製品​ならびに​サー ビス​も、​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​と​の​提携​関係​に​なく、​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​による​承認​および​後援​を​受け​てい​ま​せん。

 

本​ガイドライン​について​質問​が​ある​場合、​または​上記​の​セクション​3​に​挙​げた​ロゴ​の​表示​許可​を​申請​する​場合​は、​下記​まで​ご​連絡​くだ​さい。

 

一般​的​な​申請:

表示​した​い​ロゴ​が​ある​場合​は、brand@ni.comに​E​メール​を​送信​し、​必要​な​情報​を​NI​に​提出​する​こと​により、​当該​ロゴ​の​表示​許可​を​申請​でき​ます。

 

ア​ライアン​ス​パートナー​による​申請:

現在​提携​関係​に​ある​ア​ライアン​ス​パートナー​は、ni.com/​partnermarketingrequestsで​申請​を​行う​こと​が​でき​ます。

本​文書​および​上述​の​ガイドライン​は​法​的​な​助言​では​ない​こと、​また​NI​および​その​従業​員、​代理人、​または​弁護士​の​いずれ​も​本​ガイドライン​対象​者​の​弁護士​として​行動​しない​こと​を​ご​理解​くだ​さい。​本​文書​の​主題​および​上記​の​ガイドライン​に関する​問題​について​は、​ご​自身​の​弁護士​に​ご​相談​くだ​さい。