PXI​ソース​メジャー​ユニット​とは

PXI​ソース​メジャー​ユニット​(SMU)​は、​電流/​電圧​の​高​精度​な​印加​(ソース)​と​計測​(メジャー)​機能​に​加​え、​テスト​時間​の​短縮​と​柔軟性​の​向上​に​貢献​する​機能​が​統合​さ​れ​てい​ます。

InstrumentStudio™​対話​式​ソフトウェア

PXI SMU​用​の​対話​式​ソフト​フロント​パネル​「InstrumentStudio」​を​用いる​こと​で、​プログラミング​を​行​わ​ず​に​迅速​な​計測​が​可能​です。 対話​式​ソフト​フロント​パネル​に​は、​一定​の​DC​電流/​電圧​を​印加​する​モード​と、​複数​の​チャンネル​で​スイープ​を​行う​モード​が​搭載​さ​れ​てい​ます。​コード​の​実行​中​に​並行​し​て​計測​器​を​監視​および​デバッグ​する​こと​も​可能​です。

ハードウェア​タイミング​シーケンス

ホスト​コンピュータ​と​SMU​間​の​データ​の​やり取り​を、​シーケンシャル​に​実行​さ​れる​各​計測​ステップ​の​度​に​行う​の​では​なく、​一括​し​て​行う​こと​で、​データ​通信​の​遅延​を​削減​し、​テスト​スループット​を​高速​化​でき​ます。​また、​各​ステップ​で、​出力​モード、​アパーチャ​時間、​電流​範囲、​過渡​応答​特性​など、​様々​な​出力・​計測​パラメータ​を​変更​でき​ます。

過渡​応答​特性​の​カスタマイズ

特許​技術​で​ある​NI SourceAdapt​によって、​PXI SMU​は​過渡​応答​特性​を​左右​する​パラメータ​を​デジタル​制御​でき​ます。​NI SourceAdapt​を​活用​する​こと​で、​PXI SMU​と​特定​の​デバイス​を​接続​した​際​の​過渡​応答​の​安定性​を​最大​に​高める、​オーバー​シュート​を​抑制​する、​立ち上がり​時間​を​短縮​し​て​テスト​時間​を​削減​する​といった​メリット​を​享受​でき​ます。

高​電力​パルス​出力

一定​値​で​電圧/​電流​出力​を​行う​代わり​に、​短い​時間​幅​の​パルス​出力​を​行う​こと​で、​より​高​電力​領域​で​の​出力​が​可能​となり​ます。​加​えて、​ヒートシンク​など​の​熱​保護​が​不十分​な​場合​でも、​高い​電力​で​テスト​できる​よう​に​なり​ます。

上級​シーケンス​機能

アパーチャ​時間、​コン​プライス​リミット、​出力​モード、​計測​範囲​など、​ほぼ​全て​の​PXI SMU​の​パラメータ​を​変更​でき​ます。​遅延​が​ない​ため、​ハードウェア​タイミング​シーケンス​中​に​計測​時間​を​無駄​に​する​こと​が​ありま​せん。

おすすめ​の​コンテンツ

プラットフォーム​アプリケーション​キット


PXI​入門​リソース​キット


PXI​入門​リソース​キット​では、​PXI​の​アーキテクチャ​の​説明​や​性能、​PXI​を​採用​した​各種​事例​など、​PXI​プラットフォーム​を​使用​した​自動​テスト​および​計測​の​基本​について​解説​し​ます。

関連​製品

製品​サポート​リソース