cRIO ECAT S

cRIO ECAT S

C​シリーズ​EtherCAT​インタフェース​モジュール

2​ポート​C​シリーズ​EtherCAT​インタフェース​モジュール—​cRIO ECAT S​は、​あらゆる​CompactRIO​シャー​シ​に​追加​できる​堅牢​な​EtherCAT​スレーブ​モジュール​です。 この​モジュール​を​プログラム​する​に​は、​LabVIEW FPGA​インタフェース​モード​を​使用​し​ます。 同じ​シャー​シ​内​に​ある​別​の​モジュール​I/​O​を​EtherCAT​ネットワーク​に​簡単​に​接続​でき​ます。 同一​または​異なる​CompactRIO​シャー​シ​に​取り付け​ら​れ​た​複数​の​モジュール​を​デイジーチェーン​接続​する​こと​で、​プロセッサ​へ​の​負荷​は​最小限​の​まま​確定​性​を​維持​し、​タイム​クリティカル​な​アプリケーション​において​も​さらに​多く​の​チャンネル​へ​の​拡張​が​可能​に​なり​ます。 また、​cRIO ECAT S​は​SYNC0​信号​を​使用​した​分散​ハードウェア​クロック​同期​信号​も​サポート​し​ます。 cRIO ECAT S​は、​CompactRIO​システム​に​のみ​対応​し​てい​ます。

製品​サポート​リソース

製品​の​使い方​が​よく​わかる​製品​マニュアル​を​ご​用意​し​てい​ます。

サンプル​プログラム​や​トラブル​シューティング​情報​など、​あらゆる​サポート​コンテンツ​を​ご​用意​し​てい​ます。

NI​コミュニティ​の​メンバー​と​の​ネットワーク​作り​や​情報​共有​が​可能​です。​また、​質問​を​投稿​する​こと​も​でき​ます。