Multisim™​を​使​って​実際​の​信号​と​シミュレーション​信号​を​比較​し、​理論​に対する​理解​を​深める​方法

Multisim™​ソフトウェア​では、​学習​内容​の​充実​を​図る​ため​に​必要​な​実践​的​アプローチ​によって、​理論​を​スムーズ​に​実​世界​環境​へ​と​結び​付け​ます。

シームレス​な​ハードウェア​の​統合​によって​実際​の​信号​と​シミュレーション​信号​の​比較​が​容易に

Multisim™​ソフトウェア​は​ハードウェア​と​シームレス​に​統合​し、​実際​の​信号​と​シミュレーション​信号​を​比較​できる​実践​的​な​環境​を​作り​出し​ます。​こうした​環境​を​活用​する​こと​で、​学生​は​回路​理論​の​理解​を​深​め、​実​世界​で​の​設計​課題​に​取り組む​準備​を​整える​こと​が​でき​ます。

Multisim™​ソフトウェア​が​学習​を​加速​させる​方法

Multisim™​の​基礎​を​短時間​で​習得

Multisim™​では​直感​的​な​回路​図​インタフェース​を​使用​し​て、​コンポーネント​の​選択、​回路​図​の​配線、​回路​の​シミュレーション​を​短時間​で​習得​でき​ます。

シミュレーション​駆動​型​計測​器​で​回路​の​挙動​を​学ぶ

付属​の​シミュレーション​駆動​型​計測​器​を​使用​し​て、​回路​の​駆動、​回路​の​挙動​の​計測、​シミュレーション​結果​の​分析​を​行う​こと​が​でき​ます。​簡単​に​構成​できる​これらの​計測​器​では、​実際​の​計測​器​と​全く​同じ​よう​に​設定、​使用、​読み取り​を​行う​こと​が​でき​ます。

回路​の​シミュレーション​および​作成

実践​的​な​実験​が​専門​的​な​技能​を​養​い​ます。​学生​は​Multisim Live™​で​回路​を​シミュレート​し、​それと​同じ​回路​を​NI ELVIS III​で​作成​する​こと​が​でき​ます。​また、​シミュレーション​データ​を​オシロスコープ​の​ソフト​フロント​パネル​に​イン​ポート​し​て、​実際​の​信号​と​シミュレーション​信号​を​同じ​グラフ​上​で​並べて​比較​する​こと​も​可能​です。

Multisim™​および​myDAQ​で​カスタム​設計​が​可能

myDAQ​計測/​制御​ツール​用​コネ​クタ​を​含む、​100​種類​以上​の​即​使用​可能​な​NI​コネ​クタ​が​学生​の​カスタム​設計​と​ブレーク​アウト​ボード​に​接続​でき​ます。​これらの​コネ​クタ​は​回路​図​シンボル​と​プリント​基板​レイアウト​フッ​ト​プリント​を​使​って​回路​設計​で​NI​コネ​クタ​を​エミュレート​し​ます。