FlexLogger™​を​使​って​物理​的​な​システム​を​トラブル​シュート​する​方法

FlexLogger​は、​センサ​に​特​化​した​直感​的​な​構成、​カスタマイズ​可能​な​画面、​および​対話​的​な​データ​確認​によって、​計測​の​セットアップ​と​表示​を​す​ば​やく​行う​こと​を​可能​にし​ます。

FlexLogger​で​できる​こと

FlexLogger​では、​物理​的​な​計測​および​センサ​の​タイプ​に​マッチ​する​構成​設定​を​使う​こと​で、​テスト​の​セットアップ​時間​を​短縮​し​ます。​ドラッグ​アンド​ドロップ​式​の​データ​表示​器​を​使​え​ば、​テスト​中​に​データ​を​す​ば​やく​視覚​化​でき​ます。​また、​総合​的​な​データビューア​を​使​って、​記録​した​データ​を​対話​的​に​確認​し、​一般​的​な​ファイル​形式​に​エクスポート​し​て​他者​と​共有​する​こと​が​でき​ます。​FlexLogger​は​デフォルト​で​テスト​の​設定​情報​を​ドキュメント​化​する​ため、​常に​結果​を​以前​の​テスト​構成​に​まで​追跡​する​こと​が​でき​ます。

FlexLogger​を​使用​する​こと​の​メリット

す​ば​やく​計測​を​構成

FlexLogger​を使用すれば、​CompactDAQ​ハードウェア​を​自動的​に​検出​し、​複合​計測​を​す​ば​やく​構成​する​こと​が​でき​ます。​つまり、​ソフトウェア​の​設定​時間​を​減らし、​データ​を​見​て​重要​な​イン​サイト​を​導き出す​時間​を​増やす​こと​が​でき​ます。

テスト​の​実行​に​信頼​が​持てる

FlexLogger​で表示器やアラームを使って画面を作成すれば、​テスト​の​実行​中、​その​テスト​が​正常​に​実行​さ​れ​て​いるか​どうか​を​確認​でき​ます。​ハードウェア​の​設定、​センサ​の​シリアル​番号​など​の​情報​が​メタデータ​として​ログ​ファイル​に​含​ま​れる​ため、​データ​の​使用者​は、​データ​の​収集​方法​に​信頼​を​置く​こと​が​でき​ます。

総合​的​な​データビューア​で​テスト​から​イン​サイト​を​導き出す

データビューアを使用すれば、​CAN​など​の​複数​チャンネル​および​ソース​から​データ​を​表示​した​り、​全て​の​データ​を​簡単​に​同期​および​表示​さ​せ​て​再生​した​り、​複数​の​ファイル​形式​に​データ​を​エクスポート​した​り​でき​ます。

DIAdem​を​使​って​テスト​結果​を​解析​し、​他者​に​伝達​する

NI​では、​DIAdem​を​FlexLogger​とともに​使用​する​こと​を​推奨​し​てい​ます。​このように​併用​する​こと​で、​付属​する​解析​ライブラリ​や​カスタム​フォーミュラ​を​使​って、​データ​を​す​ば​やく​検出​し、​検証・​解析​する​こと​が​でき​ます。​新しい​データ​ソース​を​自動的​に​入力​する​標準化​さ​れ​た​テンプレート​を​作成​する​こと​で、​裏付け​の​ある​一貫​した​レポート​を​作成​する​こと​が​でき​ます。