ステッピングモータとサーボモータの違い



ハードウェア: Motion Control

問題:
ステッピングモータとサーボモータの違いは何ですか?


解決策:
ステッピングモータ

モータ自体が高精度な位置決め運転を出来るように設計されています。モータドライバは、パルス発振器からのパルス列信号のタイミングを元にモータに対して制御信号を生成します。モータは設計されたステップ角(=分解能)で回転します。
パルス発振器、ドライバ、モータでオープンループ制御方式を構築するだけで、簡単に高精度な位置決め運転を行うことができるモータですが、エンコーダを使用してクローズループ制御方式にすることにより、誤差補正を行い精度を向上することも可能です。

 

ステッピングモータの構成例


サーボモータ

サーボモータに回転検出器(エンコーダ)を搭載し、モータ軸の回転位置/回転速度をドライバにフィードバックする仕組みを持つモータのことです。モータドライバは、電圧信号(位置指令/速度指令)とフィードバック信号(現在位置/速度)の誤差を算出し、この誤差を0にするようにモータ回転を制御します。
ドライバ、モータ、エンコーダでクローズドループ制御方式(常にエンコーダの位置情報をフィードバック)を構築することで、高精度な位置決め運転を行うことのできるモータです。一般的にDCモータ、ACモータと呼ばれるモータにエンコーダを取り付けたものです。製品によってはフィードバック信号をモータドライブで受け取り、制御信号はオープンループ制御方式と同様にパルス信号によって動作するセミクローズループ制御方式があります。

サーボモータの構成例



関連リンク:

添付:





報告日時: 04/13/2008
最終更新日: 06/19/2012
ドキュメントID: 4KC039IS