LabVIEW​アプリケーション​ビル​ダ​の​概要

概要

ソフトウェア​の​開発​者​が​何らかの​アプリケーション​を​完成​させる​とき、​開発​用​コンピューター​上​で​のみ​の​使用​を​前提​と​する​こと​は​ほとんど​ありま​せん。​この​アプリケーション​の​配布​という​課題​に​取り組む​ため​に​NI​は、​LabVIEW​ユーザ​にとって​大変​使い​易い​ツール​で​ある​LabVIEW​アプリケーション​ビル​ダ​を​提供​し​てい​ます。​この​ツール​を​使う​と、​以下​に​示す​さまざまなビル​ド​仕様を​構成​する​こと​が​でき​ます。

  • スタンドアロン​アプリケーション: LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​を​持つ​ユーザ​に​配布​でき​ます。
  • インストーラ: Windows​プラットフォーム​用​に​作成​さ​れ​た​スタンドアロン​アプリケーション​と​共有​ライブラリ​を​インストール​し​ます。
  • .NET Interop​アセンブリ: Microsoft .NET Framework​用​に​VI​を​パッケージ​化​し​ます。
  • パッケージ: NI​パッケージ​マネージャまたはSystemLinkを​使​って、​他の​ビル​ド​仕様​出力​を​配布​する​際​に​使用​し​ます。
  • パック​プロジェクト​ライブラリ: プロジェクト​ライブラリ​を​ルート​ファイル​として​複数​の​ファイル​を​1​つ​の​場所​に​パッケージ​化​し​ます。
  • 共有​ライブラリ: LabWindows/​CVI、​Microsoft Visual C​+​+、​Microsoft Visual Basic​を​はじめ​と​する​テキスト​ベース​の​プログラミング​言語​から​LabVIEW​コード​を​呼び出し​ます。
  • Zip​ファイル: 大量​の​コード​を​1​つ​の​ポータブル​な​ファイル​に​まとめ​て​配布​する​とき​に​便利​な​仕様​です。


​ビル​ド​仕様​の​扱い​方​は、​LabVIEW​の​バージョン​によって​大​きく​異​なり​ます。​アプリケーション​ビル​ダ​の​詳細​と​最新​情報​について​は、「LabVIEW​ヘルプ」​を​参照​し​て​くだ​さい。「LabVIEW​ヘルプ」​に​アクセス​する​に​は、​LabVIEWでヘルプ​→LabVIEW​ヘルプを​選択​し​ます。

​実行​ファイル​または​インストーラ​を​作成​する​場合、LabVIEW​アプリケーション​ビル​ダ​が​必要です。​LabVIEW​プロフェッショナル​開発​システム​に​は​アプリケーション​ビル​ダ​が​含​まれ​てい​ます。​LabVIEW​ベース​パッケージ​または​LabVIEW​開発​システム​を​お​使い​の​場合、アプリケーション​ビル​ダ​を​別途​購入する​必要​が​あり​ます。

内容

概要

LabVIEW​アプリケーションビルダ​は、​LabVIEW​プロジェクト​の​持つ​整然と​した​体系​を​利用​し​てい​ます。​LabVIEW​プロジェクト​は、​アプリケーション​に​関連​する​ファイル​を​体系​付け​て​管理​し​てい​ます。​ここ​で​言う​アプリケーション​に​関連​する​ファイル​と​は、​VI、​プロジェクト​ライブラリ、​ドキュメント、​データファイル、​ハードウェア​構成​ファイル​など​を​指し​ます。​アプリケーション​ビル​ダ​では、​LabVIEW​プロジェクト​内​の​ユーザ​が​指定​する​ファイル​を​元​に​アプリケーション​や​DLL、​その他​の​ファイル​を​作成​し​ます。​個々​の​ビル​ド​に関する​設定​は、​プロジェクト​内のビル​ド​仕様 (Build Specifications) に​保存​さ​れ​ます。

作業​を​開始​する​にあたり​情報​を​お​探​し​の​場合​は、『アプリケーション​の​開発​および​配布』​で​利用​可能​な​リソース​に​ひと​とおり​目​を通して​い​ただ​い​た​うえ​で、​下記​の​リンク​から​ビル​ド​仕様​タイプ​に​応​じ​た​詳しい​資料​を​ご覧​くだ​さい。

​各​タイプ​の​構成​ページ​の​詳細​について​は、​LabVIEW​ヘルプ​からアプリケーション (EXE)インストーラ.NET Interop​アセンブリパッケージパック​ライブラリ共有​ライブラリ、​およびZip​ファイルの​トピック​を​参照​し​て​くだ​さい。

ビル​ド​仕様​の​各​構成​ページ​における​必須​および​推奨​の例

アプリケーション​ビル​ダ​に​は、​いくつか​の​異なる​構成​ページ​が​用意​さ​れ​てい​ます。​これらの​ページ​は、​ビル​ド​仕様​の​タイプ​ごと​に​似​た​よう​な​タイトル​が​付け​ら​れ​てい​ます​が、​タイプ​によって​は​その​画面​構成​が​異なる​場合​が​あり​ます。​ここ​で​使​って​いる​スクリーン​ショット​は、​特に​明記​さ​れ​てい​ない​限りアプリケーション (EXE) ビル​ド​タイプ​の​もの​です。​次に​示す​画像​を​表示​する​に​は、​LabVIEW​プロジェクト​を​開​いてビル​ド​仕様 (Build Specifications) プロジェクト​項目​を​右​クリック​し、新規 (New)アプリケーション (Application (EXE)) または​別​の​ビル​ド​タイプ​を​選択​し​ます。​カテゴリ​ごと​の​設定​の​詳細​について​は、​各​構成​ページ​の​オプション​を​確認​し​て​からLabVIEW​ヘルプ​の​『アプリケーションプロパティ』ページ​を​参照​し​て​くだ​さい。

以下に必須という​用語​が​使​われ​て​いる​場合、​ビル​ド​仕様​に​合わせ​て​ページ​上の​情報​を​必ず​カスタマイズ​しな​け​れ​ば​なら​ない​こと​を​示し​てい​ます。推奨という​用語​は、​ページ​に​は​デフォルト​の​設定​が​使​われ​て​いる​が、​それら​を​カスタマイズ​すべ​き​で​ある​という​意味​です。​たとえば、​複数​の​アプリケーション (EXE) 仕様​を​設定​した​場合、​推奨​さ​れ​た​情報​ページ​を​カスタマイズ​し​なか​っ​た​場合、​すべて​の​EXE​ファイル​が​「Application.exe」​という​名前​に​なり​ます。​ビル​ド​タイプ​に対して​どの​構成​が​必須、​推奨、​または​任意​で​ある​か​について​確認​する​に​は、​LabVIEW​ヘルプ​の『アプリケーション​の​開発​および​配布』​ページ​に​ある「Configuring Specifications for a Built Application」​という​項目​を​ご覧​くだ​さい。

  • 情報 – この​ページ​に​は​ビル​ド​仕様、​ターゲット​ファイル​名、​および​一般​的​な​出力​先​に関する​基本​情報​が​含​まれ​ます。​この​構成​情報​の​入力​は、インストーラ​(Installer)以外​の​すべて​の​ビル​ド​仕様​の​タイプで推奨さ​れ​ます。​インストーラ​(Installer)​では必須です。​各​ビル​ド​仕様​タイプ​の​詳細​について​は、こちらを​ご覧​くだ​さい。



  • ソース​ファイル – この​ページ​は、​ビル​ド​出力​の​ファイル​や​フォルダ​を​追加​または​削除​する​ため​に​使用​さ​れ​ます。​この​構成​情報​の​入力​は、​パッケージ​(Package)​以外​の​すべて​の​ビル​ド​仕様​タイプで必須です。​パッケージ​(Package)​で​の​入力は推奨さ​れ​ます。​各​ビル​ド​仕様​タイプ​の​詳細​について​は、こちらを​ご覧​くだ​さい。



  • 出力先 – この​ページ​では​出力​先​設定​を​構成​し、​ビル​ド​仕様​に​出力​先​ディレクトリ​を​追加​し​ます。​この​構成​情報​の​入力​は、​Zip​ファイル​を​除く​すべて​の​ビル​ド​仕様​タイプで推奨さ​れ​ます。​Zip​ファイル​に​は、​この​ページ​に​該当​する​もの​は​ありま​せん。​各​ビル​ド​仕様​タイプ​の​詳細​について​は、こちらを​ご覧​くだ​さい。



  • ソース​ファイル​の​設定 – この​ページ​では、​ビル​ド​仕様​に​含​ま​れる​ファイル​と​フォルダ​の​プロパティ​を​編集​し​ます。​この​構成​情報​の​入力​は、​パッケージ​および​Zip​ファイル​を​除く​すべて​の​ビル​ド​仕様​タイプで推奨さ​れ​ます。​パッケージ​と​Zip​ファイル​に​は、​この​ページ​に​該当​する​もの​は​ありま​せん。​各​ビル​ド​仕様​タイプ​の​詳細​について​は、こちらを​ご覧​くだ​さい。



  • バージョン​情報 インストーラのみ – この​ページ​では、​インストーラ​の​バージョン​情報​と​会社​情報​を​入力​し​ます。​この​設定はインストーラタイプにのみ適用され、​推奨​さ​れ​ます



  • パッケージ​属性パッケージのみ) – この​ページ​では、​パッケージ​の​表示​名​と​概要​を​設定​し​ます。パッケージ​タイプにのみ適用され、推奨さ​れ​ます。



  • Zip​ファイル​ストラクチャZip​ファイル)​のみ – この​ページ​では、​Zip​ファイル​タイプ​の​ビル​ド​で​使​われる​ファイル​の​ストラクチャ​を​指定​し​ます。Zip​ファイルタイプにのみ適用され、推奨さ​れ​ます。


追加​情報

開発​マシン​間​で​コード​を​移動​する​場合​や、​コード​を​配布​する​とき​に​ユーザー​が​ソース​ファイル​に​アクセス​できる​よう​に​する​場合、​EXE​に​コード​を​バンドル​する​の​では​なく、ソース​配布を​使用​し​て​LabVIEW​ソース​ファイル​を​パッケージ​化​し、​他の​LabVIEW​開発​者​に​配布​する​こと​を​検討​し​て​くだ​さい。​ソース​配布​を​作成​する​機能​は、​LabVIEW​の​すべて​の​エディション​(ベース、​開発、​または​プロフェッショナル)​で​利用​でき​ます。​アプリケーション​ビル​ダ​は​必要​ありま​せん。