NI Vision Software​の​ライセンス​提供

概要

この​記事​では、​Vision Development Module、​Vision Acquisition Software、​Vision Builder for Automated Inspection​など​の​NI Vision​製品​を​使用​し​て​アプリケーション​を​開発​または​デプロイ​する​ため​に​必要​な​ライセンス​について​説明​し​ます。

内容

Vision Development Module(VDM)

NI Vision Development Moduleの​開発​システム​の​ソフトウェア​に​は​以下​が​含​まれ​ます。 

  • NI Vision Development Module​ソフトウェア​(Vision Assistant​付属)
  • モジュール​に​含​ま​れる​各種​VI​および​機能​を​使用​する​ため​の​ライセンス
  • VDM​を​インストール​した​コンピュータ​で​使用​できる​VAS​の​ライセンス​(単一)
  • VDM​ラン​タイム​エンジン​(RTE)​の​ライセンス​(単一)。​これ​により、​VDM VI​と​機能​が​含​ま​れる​実行​可能​ファイル​を、​開発​用​コンピュータ​と​は​別​の​単一​の​ターゲット​コンピュータ​上​で​実行​でき​ます。

インストール​後に​アク​テ​ィ​ベ​ー​ション​し​てい​ない​場合、​VDM​は​デフォルト​で​30​日間​の​試用​期間​に​なり​ます。

 

Vision Acquisition Software(VAS)

NI Vision Acquisition Softwareに​は​以下​が​含​まれ​ます。

  • NI-​IMAQ、​NI-​IMAQdx、​および​NI-​IMAQ I/​O​イメージ​収集​ドライバ
  • 1​台​の​コンピュータ​用​の​NI-​IMAQdx​の​ライセンス​(単一)

FireWire(IEEE 1394)、​GigE(ギガ​ビット​Ethernet)、​および​USB(USB3 Vision​または​DirectShow​準拠)​カメラ​の​サポート​を​含む​NI-​IMAQdx​ドライバ​に対して​のみ​アク​テ​ィ​ベ​ー​ション​が​必要​となり​ます。​NI-​IMAQ​および​NI-​IMAQ I/​O​に​は​アク​テ​ィ​ベ​ー​ション​は​不要​です。

インストール​後に​アク​テ​ィ​ベ​ー​ション​し​てい​ない​場合、​NI-​IMAQdx​ドライバ​は​デフォルト​で​30​日間​の​試用​期間​に​なり​ます。​30​日間​の​試用​期間​が​終了​すると、​NI-​IMAQdx​ドライバ​と​それに​対応​する​VI​および​機能​は​動作​し​なく​なり​ます。​ただし、​ライセンス​を​必要​と​しない​ドライバ​で​ある​NI-​IMAQ​と​NI-​IMAQ I/​O、​および​それら​に​対応​する​VI​および​機能​は、​引き続き​動作​し​ます。

VAS​の​ライセンス​を​購入​すると、​アップ​グレード​は​永年​無料​となり​ます。​VAS​ライセンス​は、​開発​用​コンピュータ​と​デプロイメント​用​コンピュータ​の​両方​に​個別に​購入​する​必要​が​あり​ます。​VAS​ラン​タイム​用​の​ドライバ​および​ライセンス​は​ありま​せん。

 

Vision Builder for Automated Inspection(VBAI)

VBAIの​ライセンス​提供​に​は​3​種類​の​組み合わせ​が​あり​ます。 

Vision Builder for Automated Inspection​に​は​以下​が​含​まれ​ます。

  • VBAI​を​インストール​した​コンピュータ​用​の​VAS​ライセンス​(単一)

 

Vision Builder for Automated Inspection​開発​キット​(VBAI)

Vision Builder AI​開発キットを​使用​すると、​任意​の​Vision Builder AI​検査​で​使用​する​ため​の​カスタム​ステップ​を​作成​でき​ます。​LabVIEW​で​新しい​ステップ​を​作成​および​ビル​ド​する​に​は、​ツール​キット​の​ライセンス​が​必要​です。​カスタム​ステップ​を​保存​し​て​配布​する​に​は​LabVIEW​アプリケーション​ビル​ダ​も​必要​となり​ます​が、​ビル​ド​済み​の​ステップ​を​使用​する​場合​は​ツール​キット​の​ライセンス​を​取得​する​必要​は​ありま​せん。

 

Vision Development Module Run-​Time Engine(VDM RTE)

VDM VI​および​機能​を​含む​実行​可能​ファイル​を​デプロイ​する​に​は、NI Vision Development Module Run-​Time Engineの​ライセンス​が​必要​です。​VDM Run-​Time​ライセンス​に​は​以下​の​もの​が​含​まれ​ます。

  • 1​台​の​コンピュータ​用​の​VDM RTE​の​ライセンス​(単一)
  • 同一​の​コンピュータ​用​の​VAS​の​ライセンス​(単一)

VDM​を​使用​した​アプリケーション​の​デプロイメント​は、​シングル​シート​ライセンス​に​基​づ​き​ます。​これ​は、​デプロイ​する​コンピュータ​ごと​に​個別​の​ライセンス​を​購入​する​必要​が​ある​こと​を​意味​し​ます。

VDM RTE​は、​VDM​が​インストール​さ​れ​て​いる​コンピュータ​に​は​推奨​さ​れ​ま​せん。​VDM​が​すでに​アクティベート​さ​れ​て​いる​コンピュータ​に​VDM RTE​を​インストール​する​場合​は、​アク​テ​ィ​ベ​ー​ション​は​不要​です。 

VDM RTE​の​ライセンス​を​購入​すると、​その​シリアル​番号​を​使用​する​場合​に​アップ​グレード​が​永年​無料​に​なり​ます。

VDM​が​インストール​さ​れ​て​いる​システム​で​ボリューム​ライセンス​マネージャー​(VLM)​を​使用​し​て​いる​場合、​実行​可能​ファイル​は、​ボリューム​ライセンス​サーバー​を通じて​VDM​または​VDM​デバッグ​デ​プロ​イ​メン​トライ​センス​(VDM DDL)​が​アクティベート​さ​れ​て​いる​時に​のみ​実行​でき​ます。​1​台​の​コンピュータ​で​1​人​の​開発​者​が​VDM​または​VDM DDL​ライセンス​に​アクセス​できる​場合、​その​コンピュータ​上​で​他の​ユーザー​が​VDM VI​および​機能​を​含む​実行​可能​ファイル​を​実行​する​に​は、​VDM​へ​の​アクセス​権​が​必要​に​なり​ます。

メモ: 2013​年​以降、​VDM RTE​は​評価​モード​では​使用​でき​ま​せん。​VDM RTE​の​評価​用​の​一時​的​な​ライセンス​ファイル​を​生成​する​に​は、​お​近く​の​営業​担当​者​に​お​問い合わせ​くだ​さい。

 

Vision Development Module​デバッグ​デ​プロ​イ​メン​トライ​センス​(VDM DDL) – デプロイ​済み​実行​ファイル​用​オプション

VDM DDLは、​デバッグ​が​必要​な​アプリケーション​で​VDM RTE​の​代わり​に​使用​する​こと​を​目的​として​い​ます。​VDM DDL​を​アクティベート​する​に​は、​最初​に​VDM​を​インストール​する​必要​が​あり​ます。​VDM​を​インストール​した​後、​VDM DDL​を​使用​し​て​Debug Deployment​オプション​を​アクティベート​する​必要​が​あり​ます。​VDM DDL​は、​VDM RTE​を​自動的​に​アクティベート​し​ます。​VDM DDL​を​インストール​した​コンピュータ​で​完全​な​開発​環境​が​必要​な​場合​は、​VDM​開発​ライセンス​を​購入​する​必要​が​あり​ます。

VDM​が​インストール​さ​れ​て​いる​システム​で​ボリューム​ライセンス​マネージャー​(VLM)​を​使用​し​て​いる​場合、​実行​可能​ファイル​は、​ボリューム​ライセンス​サーバー​を通じて​VDM​または​VDM DDL​が​アクティベート​さ​れ​て​いる​時に​のみ​実行​でき​ます。​1​台​の​コンピュータ​で​1​人​の​開発​者​が​VDM​ライセンス​に​アクセス​できる​場合、​その​コンピュータ​上​で​他の​ユーザー​が​Vision​の​機能​を​含む​実行​可能​ファイル​を​実行​する​に​は、​VDM DDL​または​VDM​へ​の​アクセス​権​が​必要​に​なり​ます。

メモ: また、​LabVIEW Vision​アプリケーション​を​デバッグ​する​に​は、​VDM DDL​を​インストール​した​上​で​LabVIEW​デバッグ​デ​プロ​イ​メン​トライ​センス​が​必要​に​なり​ます。