Archived: LabVIEW Communications 2.1​パッチ​の​詳細

NI does not actively maintain this document.

This content provides support for older products and technology, so you may notice outdated links or obsolete information about operating systems or other relevant products.

内容

システム​要件

この​ドキュメント​に​は、​LabVIEW Communications 2.1​に​ご​利用​いただける​すべて​の​パッチ​に関する​情報​が​記載​さ​れ​てい​ます。​これらの​パッチ​の​システム​要件​は、​LabVIEW Communications 2.1​の​もの​と​同じ​です。​システム​要件​の​詳細​について​は、『LabVIEW Communications 2.1 Readme』​を​参照​し​て​くだ​さい。

 

パッチ​を​インストール​する

NI パッケージ​マネージャ​を​使用​し​て​アップデート​を​インストール​する​手順​について​は、​次​の​ヘルプ​ドキュメント​を​参照​し​て​くだ​さい。
NI​ソフトウェア​を​インストール、​削除、​アップデート​する

修正​さ​れ​た​問題

以下​の​表​に​は、​各​パッチ​で​修正​さ​れ​た​すべて​の​問題​が​記載​さ​れ​てい​ます。​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​では、​すべて​の​LabVIEW Communications 2.1​インストール​に​最新​の​パッチ​を​適用​する​こと​を​強​く​推奨​し​ます。

 

LabVIEW Communications 2.1.1​パッチ​で​修正​さ​れ​た​問題

ID説明
711747VI​を​開き、​その​VI​が​Real-​Time​ターゲット​を​含む​プロジェクト​で​実行​可能​に​なる​まで​の​時間​が​予想​以上​に​かかり​ます。