LabVIEW 2015 SP1​パッチ​の​詳細

この​ドキュメント​に​は、​以下​の​LabVIEW​製品​に​ご​利用​いただける​すべて​の​パッチ​に関する​情報​が​記載​さ​れ​てい​ます。

  • LabVIEW 2015 SP1 (32​ビット​および​64​ビット) - Windows、​OS X、​および​Linux用
  • LabVIEW 2015 SP1​ラン​タイム​エンジン (32​ビット​および​64​ビット) - Windows、​OS X、​および​Linux用


以下​の​表​に​は、​各​パッチ​で​修正​さ​れ​た​すべて​の​問題​が​記載​さ​れ​てい​ます。​NI​では、​すべて​の​LabVIEW 2015 SP1​インストール​に​最新​の​パッチ​を​適用​する​こと​を​強​く​推奨​し​ます。 

LabVIEW 2015 SP1 f13​で​修正​さ​れ​た​問題

メモ: LabVIEW 2015 SP1 f13​パッチ​は、​Microsoft Windows 7 RTM (サービス​パック​なし)、​Windows Vista、​Windows XP、​および​Windows Server 2003​を​サポート​しま​せん。​OS​サポート​の​変更​の​詳細​について​は、​技術​サポート​データベース​79UC78LS  (Why Does My NI ADE Installer Fail on Windows XP/​Vista and Windows Server 2003?) を​参照​し​て​くだ​さい。

ID説明
715178(Windows) Windows 10​で​の​画像​および​テキスト​の​描画​に対する​オーバー​ヘッド​が​削減​さ​れ​ま​した。​これ​は、​描画​する​テキスト​や​画像​を​使用​する​制御​器​の​数​が​多い​場合​に​特に​顕著​な​問題​で​した。
715347ブロック​ダイ​ア​グラム​から​の​新規​データ​を​フロント​パネル​制御​器​に​更新​する​際​の​オーバー​ヘッド​が​削減​さ​れ​ま​した。​これ​は、​VI​の​数​が​多い​アプリケーション​で​特に​顕著​な​問題​で​した。

 

 

LabVIEW 2015 SP1 f12​で​修正​さ​れ​た​問題

メモ: LabVIEW 2015 SP1 f12​パッチ​は、​Microsoft Windows 7 RTM (サービス​パック​なし)、​Windows Vista、​Windows XP、​および​Windows Server 2003​を​サポート​しま​せん。​OS​サポート​の​変更​の​詳細​について​は、​技術​サポート​データベース​79UC78LS  (Why Does My NI ADE Installer Fail on Windows XP/​Vista and Windows Server 2003?) を​参照​し​て​くだ​さい。​LabVIEW 2015 SP1 f12​パッチ​は、​Windows​に​のみ​適用​さ​れ​ます。

ID説明
411408VI​の​親​ウィンドウ​が​変更​さ​れ​た​後、​LabVIEW CPU​の​使用​率​が​増加​する​こと​が​まれ​に​あり​ます。

 

 

LabVIEW 2015 SP1 f11​で​修正​さ​れ​た​問題

メモ: LabVIEW 2015 SP1 f11​パッチ​は、​Microsoft Windows 7 RTM (サービス​パック​なし)、​Windows Vista、​Windows XP、​および​Windows Server 2003​を​サポート​しま​せん。​OS​サポート​の​変更​の​詳細​について​は、​技術​サポート​データベース​79UC78LS  (Why Does My NI ADE Installer Fail on Windows XP/​Vista and Windows Server 2003?) を​参照​し​て​くだ​さい。

ID説明
657155多数​の​ハードウェア​リファレンス​を​開く​と、​LabVIEW​が​クラッシュ​し​ます。
681894URL​が​クリップ​ボード​に​保存​さ​れ​て​いる​場合、​メニュー​バー​に​アクセス​すると​LabVIEW​が​クラッシュ​する​こと​が​まれ​に​あり​ます。
691392VI​が​メモリ​から​アンロード​さ​れ​て​いる​場合、​「検索​し​て​置換」​を​使用​し​て​VI​内​で​テキスト​を​検索​すると、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​こと​が​まれ​に​あり​ます。

 

 

LabVIEW 2015 SP1 f10​で​修正​さ​れ​た​問題

メモ: LabVIEW 2015 SP1 f10​パッチ​は、​Microsoft Windows 7 RTM (サービス​パック​なし)、​Windows Vista、​Windows XP、​および​Windows Server 2003​を​サポート​しま​せん。​OS​サポート​の​変更​の​詳細​について​は、​技術​サポート​データベース​79UC78LS  (Why Does My NI ADE Installer Fail on Windows XP/​Vista and Windows Server 2003?) を​参照​し​て​くだ​さい。

ID説明
649952データ​を​文字​列​から​繰り返し​平坦​化​すると、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​こと​が​まれ​に​あり​ます。
607006Windows 10 Anniversary Edition (リリース​1607) で​別​の​アプリケーション​が​フォーカス​さ​れ​て​いる​場合、​クリック​さ​れ​た​領域​を​処理​する​の​では​なく、​LabVIEW​を​フォーカス​した​ウィンドウ​に​する​ため、​LabVIEW​は​クリック​を​受け取り​ます。
670440ユーザ​イベント​が​登録​さ​れ​て​いる​VI​を​メモリ​から​削除​した​場合、​イベントが処理されて​NULL​ウィンドウ​エラー​が​発生​する​可能性​が​あり​ます。
635495画面​の​スケーリング​が​100%​より​も​大​きく​設定​さ​れ​て​いる​システム​では、​LabVIEW​環境​の​メニュー​が​正しく​表示​さ​れ​ない​こと​が​あり​ます。
670018VI​の​未​圧縮​サイズ​が​4 MB​より​も​大きい​と、​LLB​内​の​VI​が​ロード​さ​れ​ま​せん。
544526macOS​で​マウス​カーソル​を​プログラム​的​に​繰り返し​変更​すると、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​可能性​が​あり​ます。
578871Windows​以外​の​システム​で​素​早く​連続​的​に​ネットワーク​ポート​を​開く​と、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​可能性​が​あり​ます。
546555編集​が​ロック​さ​れ​て​いる​親​クラス​の​オーバー​ライ​ド​メソッド​を​作成​すると、​LabVIEW​で​エラー​1025​が​発生​し​ます。
571935変更​が​まだ​保存​さ​れ​てい​ない​クラス​が​含​まれ​た​プロジェクト​ライブラリ​を​閉​じ​よう​と​した​場合、​保存​を​促す​プロンプト​が​表示​さ​れ​ま​せん。
597858Windows 10​から​ネットワーク​上の​場所​に​保存​すると、​「エラー​44: 宛先​に​一時​ファイル​を​移動​でき​ま​せん​で​した」​が​表示​さ​れる​こと​が​あり​ます。

 

 

LabVIEW 2015 SP1 f9​で​修正​さ​れ​た​問題

メモ: LabVIEW 2015 SP1 f9​パッチ​は、​Microsoft Windows 7 RTM (サービス​パック​なし)、​Windows Vista、​Windows XP、​および​Windows Server 2003​を​サポート​しま​せん。​OS​サポート​の​変更​の​詳細​について​は、​技術​サポート​データベース​79UC78LS  (Why Does My NI ADE Installer Fail on Windows XP/​Vista and Windows Server 2003?) を​参照​し​て​くだ​さい。

ID説明
653897リソース​ファイル​が​破損​し​て​いる​場合​の​LabVIEW​の​堅牢​性​を​強化​し​ます。

 

 

LabVIEW 2015 SP1 f7​で​修正​さ​れ​た​問題

ID説明
611315キュー、​ノーティファイア、​ランデブー、​および​セマフォ​は、​使用​方法​によって​は​予想​外​の​タイム​アウト​を​返す​こと​が​あり​ます。​詳細​について​は、LabVIEW​の​これらの​機能​の​タイム​アウト​動作​に関する​詳細を​参照​し​て​くだ​さい。
603562入力​端子​が​未​配線​の​ダイナミック​ディスパッチ​VI​を​実行​すると、​状況​によって​は​LabVIEW​が​クラッシュ​する​可能性​が​あり​ます。
619333Windows​を​使用​し​て​いる​場合、​複数​の​「.NET​オブジェクト​から​バリアント​に​変換」​VI​を​同時に​呼び出す​と、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​可能性​が​あり​ます。
617154LabVIEW​アプリケーションビルダ​で​LabVIEW 2015 SP1 (64​ビット) ラン​タイム​エンジン​の​製品​の​詳細​は、​すべて​の​リリース​言語​において​翻訳​さ​れ​てい​ま​せん​で​した。
624957無効​な​データ​が​含​まれ​て​いる​ファイル​を​LabVIEW​に​ロード​すると、​メモリ​が​破損​し​て​クラッシュ​を​引き起こす​こと​が​あり​ます。

 

 

LabVIEW 2015 SP1 f5​で​修正​さ​れ​た​問題

ID説明
576778Desktop Execution Trace​ツール​キット​を​使用​すると、​PPL​に含まれている共有クローンとして構成された​VI​が、​誤​って​プライベート​VI​として​表示​さ​れ​ます。
567875マルチスレッド​を​使用​し​て​並列​For​ループ​内​で​イベント​コール​バック​を​登録​を​使用​すると、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​可能性​が​あり​ます。
581199稀​な​ケース​において、​「文字​列​から​非​平坦​化」​関数​の​入力​の​前​で​ワイヤ​を​分岐​すると、​ラン​タイム​時に​関数​で​エラー​74​が​発生​し、​出力​に​配線​さ​れ​た​表示​器​が​更新​さ​れ​ない​こと​が​あり​ます。
528063画像​表​の​エラー​を​最小限​に​減らす​ため、​LabVIEW​画像​表​の​容量​が​増加​さ​れ​ま​した。

 

 

LabVIEW 2015 SP1 f3​で​修正​さ​れ​た​問題

ID説明
566313一部​の​C​シリーズ​モジュール​を​使用​し​て​いる​プロジェクト​で、​中間​ファイル​の​生成​中​に​FPGA​の​コンパイル​が​失敗​する​こと​が​あり​ます。
579359クラス​の​ロード​中、​一部​の​インスタンス​で​競合​状態​により​クラッシュ​が​発生​する​こと​が​あり​ます。
567865DVR​に​アクセス​中​に​並列​し​て​それ​を​破棄​しよう​と​すると、​クラッシュ​または​ハング​が​発生​する​こと​が​あり​ます。
567877ユーザ​イベント​の​生成​中​に​並列​し​て​その​イベント​を​破棄​しよう​と​すると、​クラッシュ​または​ハング​が​発生​する​こと​が​あり​ます。

 

 

LabVIEW 2015 SP1 f2​で​修正​さ​れ​た​問題

メモ: f2​パッチ​は、​64​ビット​版​の​LabVIEW 2015 SP1​開発​環境​のみ​を​対象​として​い​ます。 

ID説明
578899LabVIEW 64​ビット​開発​環境​で​特定​の​RFmx​サンプル​を​実行​すると、​クラッシュ​する​場合​が​あり​ます。​これ​は​64​ビット​オペレーティングシステム​で​メモリ​割り当て​が​トップダウン​に​な​って​いる​場合​に​起​こ​り​ます。

メモ: CAR 578899​へ​の​変更​を​適用​する​に​は、​影響​を​受ける​コード​を​再​コンパイル​する​必要​が​あり​ます。 
これ​を​行う​に​は、​影響​を​受ける​VI​階層​を​強制​的​に​再​コンパイル​し​ます ( <Ctrl​+Shift> + 実行​ボタン)。

 

LabVIEW 2015 SP1 f1​で​修正​さ​れ​た​問題

ID説明
564219RFmx​が​UI​スレッド​の​ロード​状態​を​連続​的​に​変更​すると、​競合​状態​が​発生​し、​結果​として​クラッシュ​を​引き起こす​場合​が​あり​ます。
571421特定​の​状況​において、​サブ​VI​が​含​まれ​て​いる​VI​を​動的​に​呼び出す​と​メモリ​リーク​が​発生​する​こと​が​あり​ます。​メモリ​リーク​の​サイズ​は、​サブ​VI​および​その​依存​項目​の​サイズ​に​比例​し​ます。
573160LabVIEW​の​ドイツ語、​中国語、​および​日本語​バージョン​の​レジスト​リ​ファイル​に、​正しく​ない​LabVIEW​バージョン​が​含​まれ​てい​ます。
564800LabVIEW 2015 SP1 Readme​に​記載​さ​れ​て​いる、​サポート​さ​れ​て​いる​オペレーティングシステム​の​バージョン​が​正しく​ありま​せん。
573195子​プロセス​と​親​プロセス​の​両方​が​閉じる​まで​TCP​ハンドルが開放されないにも関わらず、​SystemExec.vi​が​子​プロセス​の​TCP​ハンドル​の​継承​を​許可​し​ます。 
573539特定​の​状況​において、​LabVIEW​の​DNS​名前​解決​が​他の​TCP​呼び出し​を​ブロック​する​こと​が​あり​ます。
569362TCP​サーバ​に​過度​の​負荷​が​発生​した​場合、​LabVIEW​が​新しい​接続​通知​を​見逃し、​タイム​アウト​を​引き起こす​こと​が​あり​ます。

 

 

関連​リンク
ドライバ​と​更新: Windows​用​LabVIEW 2015 SP1 (32​ビット) f13​パッチ
ドライバ​と​更新: Windows​用​LabVIEW 2015 SP1 (64​ビット) f13​パッチ
ドライバ​と​更新: Linux​用​LabVIEW 2015 SP1 (32​ビット) f13​パッチ
ドライバ​と​更新: Linux​用​LabVIEW 2015 SP1 (64​ビット) f13​パッチ
ドライバ​と​更新: Mac OS X​用​LabVIEW 2015 SP1 f13​パッチ
ドライバ​と​更新: LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​2015 SP1 (32​ビット)
ドライバ​と​更新: LabVIEW​ラン​タイム​エンジン​2015 SP1 (64​ビット)