LabVIEW 2014 SP1​パッチ​の​詳細

この​ドキュメント​に​は、​以下​の​LabVIEW​製品​に​ご​利用​いただける​すべて​の​パッチ​に関する​情報​が​記載​さ​れ​てい​ます。

  • LabVIEW 2014 SP1 (32​ビット​および​64​ビット) - Windows、​OS X、​および​Linux用
  • LabVIEW 2014 SP1​ラン​タイム​エンジン (32​ビット​および​64​ビット) - Windows、​OS X、​および​Linux用


以下​の​表​に​は、​各​パッチ​で​修正​さ​れ​た​すべて​の​問題​が​記載​さ​れ​てい​ます。​NI​では、​すべて​の​LabVIEW 2014 SP1​インストール​に​最新​の​パッチ​を​適用​する​こと​を​強​く​推奨​し​ます。 

 

LabVIEW 2014 SP1 f11​で​修正​さ​れ​た​問題

メモ: LabVIEW 2014 SP1 f11​パッチ​は、​Microsoft Windows 7 RTM (サービス​パック​なし)、​Windows Vista、​Windows XP、​および​Windows Server 2003​を​サポート​しま​せん。​変更された​OS​サポート​の​詳細​について​は、​技術​サポート​データベース​79UC78LS (Why Does my LabVIEW, LabWindows/​CVI, Measurement Studio, or TestStand Built Installer Fail on Windows XP/​Vista and Server 2003?) を​参照​し​て​くだ​さい。

ID説明
653897リソース​ファイル​が​破損​し​て​いる​場合​の​LabVIEW​の​堅牢​性​を​強化​し​ます。

 

 

LabVIEW 2014 SP1 f10​で​修正​さ​れ​た​問題

メモ: LabVIEW 2014 SP1 f10​パッチ​は、​Microsoft Windows 7 RTM (サービス​パック​なし)、​Windows Vista、​Windows XP、​および​Windows Server 2003​を​サポート​しま​せん。​変更された​OS​サポート​の​詳細​について​は、​技術​サポート​データベース​79UC78LS (Why Does my LabVIEW, LabWindows/​CVI, Measurement Studio, or TestStand Built Installer Fail on Windows XP/​Vista and Server 2003?) を​参照​し​て​くだ​さい。

ID説明
624957無効​な​データ​が​含​まれ​て​いる​ファイル​を​LabVIEW​に​ロード​すると、​メモリ​が​破損​し​て​クラッシュ​を​引き起こす​こと​が​あり​ます。
611315キュー、​ノーティファイア、​ランデブー、​および​セマフォ​は、​使用​方法​によって​は​予想​外​の​タイム​アウト​を​返す​こと​が​あり​ます。​詳細​について​は、 LabVIEW​の​これらの​機能​の​タイム​アウト​動作​に関する​詳細を​参照​し​て​くだ​さい。
470197VI​の​名前​が​全く​同じ​で​大文字/​小文字​のみ​が​異なる​場合、​アプリケーション​ビル​ダ​は​それらの​VI​を​名前​の​競合​として​検出​しま​せん。
517128VI​の​名前​が​全く​同じ​で​大文字/​小文字​のみ​が​異なる​場合、​アプリケーション​ビル​ダ​の​ビル​ド​の​プレビュー​機能​は​それらの​VI​を​名前​の​競合​として​検出​しま​せん。
478801「呼​び​出​さ​れ​たら​中断」​実行​設定​が​有効​に​な​って​いる​再入​可能​VI​を​デバッグ​すると、​LabVIEW​は​発​呼​者​VI​に​戻​れ​なく​なり​ます。
578871Linux​システム​で​素​早く​連続​的​に​ネットワーク​ポート​を​開く​と、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​可能性​が​あり​ます。
635495画面​の​スケーリング​が​100%​より​も​大​きく​設定​さ​れ​て​いる​システム​では、​LabVIEW​環境​の​メニュー​が​正しく​表示​さ​れ​ない​こと​が​あり​ます。
544526(OS X) マウス​の​カーソル​を​プログラム​的​に​繰り返し​変更​すると、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​可能性​が​あり​ます。

 

 

LabVIEW 2014 SP1 f7​で​修正​さ​れ​た​問題

メモ: f7​パッチ​は、​Mac​および​Linux​ラン​タイム​エンジン​に​は​適用​さ​れ​ま​せん。 

ID説明
512714LabVIEW​で作成された.NET​アセンブリ​は、​一部​の​クラスタ​を​64​ビット​プラットフォーム​で​正しく​マーシャリング​しま​せん。
576778Desktop Execution Trace​ツール​キット​を​使用​すると、​PPL​に含まれている共有クローンとして構成された​VI​が、​誤​って​プライベート​VI​として​表示​さ​れ​ます。
478590一部​の​シナリオ​では、​コンパイル​を​必要​と​する、​先祖​を​持つ​LabVIEW​クラス​を​動的​に​ロード​すると​クラッシュ​または​意図​しない​動作​の​原因​となり​ます。

 

 

LabVIEW 2014 SP1 f6​で​修正​さ​れ​た​問題

メモ: f6​パッチ​は、​64​ビット​版​の​LabVIEW 2014 SP1​開発​環境​のみ​を​対象​として​い​ます。 

ID説明
578899LabVIEW 64​ビット​開発​環境​で​特定​の​RFmx​サンプル​を​実行​すると、​クラッシュ​する​場合​が​あり​ます。​これ​は​64​ビット​オペレーティングシステム​で​メモリ​割り当て​が​トップダウン​に​な​って​いる​場合​に​起​こ​り​ます。

 

 

LabVIEW 2014 SP1 f5​で​修正​さ​れ​た​問題

ID説明
563825「非​数/​無効​パス/​非​refnum?」​関数​により、​LabVIEW 64​ビット​が​クラッシュ​する​場合​が​稀​に​あり​ます (LabVIEW 32​ビット​は​問題​ありま​せん)。​メモ: この​修正​を​適用​する​に​は、​この​関数​が​使用​さ​れ​て​いる​VI​を​再​コンパイル​する​必要​が​あり​ます。
564219RFmx​が​UI​スレッド​の​ロード​状態​を​連続​的​に​変更​すると、​競合​状態​が​発生​し、​結果​として​クラッシュ​を​引き起こす​こと​が​あり​ます。 
552345表示​さ​れ​て​いる​2​つ​の​VI​の​うち​の​一方​に​ある​IMAQ​表示​器​と、​もう​一方​の​VI​に​ある​LabVIEW​リスト​ボックス​を​高​レート​で​更新​すると、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​こと​が​稀​に​あり​ます。

 

 

LabVIEW 2014 SP1 f3​で​修正​さ​れ​た​問題

ID説明
530158特定​の​ケース​において、​「配列​最大​&​最小」​プリミティブ​が​最大​値​出力​から​最小​値​を​出力​し​ます。
532975LabVIEW 2014​ラン​タイム​エンジン​と​LabVIEW 2015​ラン​タイム​エンジン​を​ロード​すると、​マイナー​な​内部​警告​が​発生​した​場合​に​LabVIEW​が​クラッシュ​する​こと​が​あり​ます。
526540特定​の​ケース​において、​TestStand​が​NULL​ポインタ​を​LabVIEW​に​渡す​と、​エラー-18005​が​発生​する​こと​が​あり​ます。
526044TestStand​など​の​COM​インタフェース​を​使用​し​て​呼​び​出​さ​れ​た​場合​に、​VISA​リソース​制御​器​と​DAQmx​リソース​制御​器​は、​後続​の​呼び出し​において​も​元​の​値​を​維持​し​ます。
495612LabVIEW​パック​プロジェクト​ライブラリ (PPL) 内​の​Adaptive Inplaceness​を​使用​した​VI​の​静的​呼び出し​は、​PPL​に​含​まれ​てい​ない​VI​の​呼び出し​より​も​速度​が​劣化​し​ます。
525308LabVIEW 2014 SP1 (32​ビット) - Mac OS X​用​に​64​ビット​バージョン​の​liblvexports.a​ファイル​が​含​まれ​てい​ます。

 

 

LabVIEW 2014 SP1 f1​で​修正​さ​れ​た​問題

ID説明
515530VeriStand 2014​で、​システム​定義​を​変更​した​後で​プロジェクト​を​閉じる​と​クラッシュ​する​こと​が​あり​ます。
516999VISA​セッション​モニタ​を​特定​の​条件下​で​実行​すると、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​こと​が​あり​ます。
516679「配列​最大​&​最小」​プリミティブ​を​特定​の​条件下​で​使用​すると、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​こと​が​あり​ます。
497256OSX 10.10 Yosemite SDK​に​リンク​さ​れ​て​いる​アプリケーション​で​LabVIEW 2014 SP1 (64​ビット) フレーム​ワーク​を​呼び出す​と、​スレッド​警告​が​発生​する​こと​が​あり​ます。
511299LabVIEW Mac OS​の​スタート​アップ​ウィンドウ​または​クリック​ドロップ​で​エスケープ​を​押す​と、​ポップアップ​が​表示​さ​れ​ます。​この​リスト​から​項目​を​選択​すると、​LabVIEW​が​クラッシュ​し​ます。
519665高優先度のユーザイベントが正しく処理されず、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​こと​が​あり​ます。
408025同時に​アクティブ​な​イベント​キュー​が​256​個​を​超える​と、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​可能性​が​あり​ます。
515844プロパティノード​経由​の​アク​セ​サメ​ソ​ッド​が​含​まれ​て​いる​クラス​を、​クラスブラウザ​を​使用​し​て​選択​すると、​LabVIEW​が​クラッシュ​する​こと​が​あり​ます。

 

 

関連​リンク:
ドライバ​と​更新: Windows​用​LabVIEW 2014 SP1 (32​ビット) f11​パッチ
ドライバ​と​更新: Windows​用​LabVIEW 2014 SP1 (64​ビット) f11​パッチ
ドライバ​と​更新: Linux​用​LabVIEW 2014 SP1 (32​ビット) f11​パッチ
ドライバ​と​更新: Linux​用​LabVIEW 2014 SP1 (64​ビット) f11​パッチ
ドライバ​と​更新: Mac OS X​用​LabVIEW 2014 SP1 f11​パッチ