32/64​ビット​版​Windows​で​NI​製品​を​使用​する

概要

この​ページ​では、​Windows​の​64​ビット​版​および​32​ビット​版​アーキテクチャ​の​違い​について​説明​する​とともに、​特定​の​NI​ソフトウェア​を​使用​する​場合​に​最適​な​推奨​アーキテクチャ​を​紹介​し​ます。

内容

64​ビット​オペレーティングシステム​が​潜在​的​に​持つ​利点

64​ビット​アーキテクチャ​に​は、​いくつか​の​メリット​が​あり​ます。​中でも​重要​な​の​は、​より​多く​の​コンピュータ​メモリ​を​使用​できる​点​です。​32​ビット​版​Windows​オペレーティングシステム​が​搭載​さ​れ​た​コンピュータ​は、​使用​できる​RAM​は​最大​で​4 GB​です。​64​ビット​アーキテクチャ​に​は、​その​よう​な​制約​が​ありま​せん。​Windows 7​と​64​ビット​版​Windows Vista​の​メモリ​上限​は、​オペレーティングシステム​の​バージョン​(Home、​Professional、​Enterprise)​により、​8​~​192 GB​と​な​って​い​ます。​Windows​の​様々​な​バージョン​における​メモリ​上限​について​は、​Microsoft​社​の​Web​サイト​に​あるMemory Limits for Windows Releasesの​ページ​を​ご覧​くだ​さい。

64​ビット​アーキテクチャ​では、​32​ビット​システム​に​比べ​より​多く​の​物理​メモリ​を​使用​できる​ため、​64​ビット​ハードウェア​で​アプリケーション​を​実行​する​際​の​パフォーマンス​が​向上​し​ます。​使用​できる​メモリ​が​増える​こと​で、​物理​メモリ​と​キャッシュ​に​比べ、​はるかに​低速​な​メモリ​ストレージ​デバイス​で​ある​ハード​ドライブ​に​保存​さ​れ​た​ページ​ファイル​で​の​プロセス​の​やり取り​が​不要​と​なる​ため、​システム​の​パフォーマンス​が​向上​し​ます。

物理​メモリ​の​増加​だけ​で​なく、​64​ビット​プロセッサ​に​は​レジスタ​も​追加​さ​れ​て​いる​ため、​条件​によって​は​アプリケーション​の​実行​速度​が​最大​で​20​パーセント​向上​し​ます。

64​ビット​版​オペレーティングシステム​に​切り替える​前​に​注意​すべ​き​ポイント

64​ビット​オペレーティングシステム​を​使用​する​メリット​は​あり​ます​が、​現在​使用​できる​ソフトウェア​の​ほとんど​が​32​ビット​システム​用​で​ある​と​したら、​64​ビット​システム​に​移行​し​て​も​あまり​意味​は​ありま​せん。​64​ビット​アーキテクチャ​では​異なる​Windows​カーネル​が​実行​さ​れる​ため、​インストール​する​ドライバ​も​全て​64​ビット​アーキテクチャ​に​対応​し​て​いる​こと​が​必要​に​なり​ます。​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​の​ほとんど​の​ソフトウェア​と​ドライバ​は、​64​ビット​に​対応​し​てい​ます。​ただし、​64​ビット​オペレーティングシステム​と​の​互換性​が​ある​という​の​と、​64​ビット​の​ネイティブ​サポート​と​の​違い​を​理解​し​て​おく​こと​は​重要​です。​ネイティブ​サポート​の​場合、​アーキテクチャ​と​利用​可能​な​メモリ​を​フル​に​活用​する​こと​が​でき​ます。

違い​を​明確​に​する​に​は、​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​の​ドライバ​を​ユーザ​モード​と​カーネル​モード​の​2​つ​の​コンポーネント​に​分け​ます。​カーネル​モード​コンポーネント​の​アーキテクチャ​は、​オペレーティングシステム​の​アーキテクチャ​と​同じ​です。​ユーザ​モード​コンポーネント​の​アーキテクチャ​は、​オペレーティングシステム​の​アーキテクチャ​と​同じ​で​なく​て​も​か​ま​いま​せん。​そのため、​ユーザ​モード​で​実行​し​て​いる​ソフトウェア​は、​32​ビット​として​も​64​ビット​として​も​開発​でき​ます。​ほとんど​の​NI​ドライバ​の​カーネル​モード​コンポーネント​は、​64​ビット​と​32​ビット​の​いずれ​か​の​オペレーティングシステム​で​実行​可能​です。​ただし、​NI​の​ドライバ​の​中​で​64​ビット​ユーザ​モード​コンポーネント​が​ある​の​は​一部​の​製品​のみ​です。​そのため、​64​ビット​版​の​Windows​で​実行​可能​な​ドライバ​でも、​64​ビット​アーキテクチャ​の​メリット​を​全て​活用​でき​ない​場合​も​あり​ます。

ドライバ​が​カーネル​モード​アーキテクチャ​と​異なる​ユーザ​モード​アーキテクチャ​を​使用​し​て​いる​場合、​ソフトウェア​層​は​32​ビット​アーキテクチャ​を​64​ビット​に​変換​し​ます。​この​変換​に​は、​時間​と​リソース​が​必要​です。​Windows 7​と​Windows Vista​に​は、​オペレーティングシステム​に​含​ま​れる​Windows-​on-​Windows(WOW64)​という​サブシステム​に、​その​よう​な​ソフトウェア​層​が​あり​ます。​この​サブシステム​を​使用​すると、​パフォーマンス​は​劣る​ものの、​32​ビット​アプリケーション​を​64​ビット​環境​で​実行​する​こと​が​可能​となり​ます。

Windows-​on-​Windows 64​ビット​(WOW64)

Windows-​on-​Windows​サブシステム​は、​32​ビット​版​Windows​の​アプリケーション​を​64​ビット​環境​用​に​変換​する​よう​設計​さ​れ​た​もの​です。​この​サブシステム​は、​オペレーティングシステム​システム​の​アーキテクチャ​の​違い​による​様々​な​構造​上の​変更​に​対処​し​ます。​WOW64​の​主​な​役割​は、​32​ビット​版​Windows​用​アプリケーション​が​修正​なし​で、​64​ビット​システム​でも​実行​できる​よう​に​する​ため​に​必要​な​インタフェース​を​備え​た​32​ビット​環境​を​作成​する​こと​です。​Windows​オペレーティングシステム​の​中​では​比較的​負荷​の​軽い​層​ですが、​それでも​多少​は​パフォーマンス​が​低下​する​可能性​が​あり​ます。​したがって、​Windows-​on-​Windows​で​の​変換​が​不要​な​分、​32​ビット​アプリケーション​は​32​ビット​版​オペレーティングシステム​で​実行​した​方​が​より​効率​的​です。

ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​の​64​ビット​サポート​と​推奨​製品

ほとんど​の​NI​ドライバ​は、​32​ビット​と​64​ビット​の​どちら​の​アーキテクチャ​も​サポート​し​てい​ます。​さらに、​LabVIEW 2009​の​リリース​より、​32​ビット​版​と​64​ビット​版​を​提供​し​てい​ます。​ただし​その​2​バージョン​は​LabVIEW​ベース​パッケージ、​開発​システム、​プロフェッショナル​開発​システム​の​英語​版​のみ​で​ご​用意​し​て​おり、​NI Vision​モジュール​を​除く​モジュール​や​ツール​キット​は​含​まれ​ま​せん。​LabVIEW 2009​の​64​ビット​版​は、​LabVIEW RT、​LabVIEW FPGA、​NI TestStand、​LabVIEW​ツール​キット​等​他の​NI​ソフトウェア​製品​と​は​互換性​が​ありま​せん。​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​では、​お客様​の​ニーズ​を​注視​し、​今後​他の​製品​でも​この​移行​を​優先​的​に​行う​よう​計画​し​てい​ます。​LabVIEW 2009​の​他​に​64​ビット​版​を​提供​し​て​いる​製品​は、​NI-​VISA、​NI-​GPIB、​NI-​DAQmx、​および​NI-​IMAQ​です。

互換性​の​ある​全​ソフトウェア​の​一覧​は、ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​製品​と​Microsoft Windows 7​の​互換性で​ご覧​い​た​だけ​ます。

お客様​の​アプリケーション​に​最適​な​Windows​アーキテクチャ​を​見つける​に​は、​下図​を​参照​し​て​くだ​さい。

  

64​ビット​版​の​LabVIEW 2009​は、​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​の​Web​サイト​に​あるサービス​リソース​センター​(英語)から​ダウンロード​でき​ます。