LabVIEW 8.6​の​新​機能​「クイック​ドロップ」​で​生産​性​を​向上

概要

20​年​以上​もの​間、​ナショナル​イン​ス​ツル​メンツ​は、​LabVIEW​グラフィカル​システム​設計​プラットフォーム​を​最先端​の​機能​によって​拡張​し​続​け​て​き​ま​した。​アップ​グレード​や​新しい​アド​オン​を​リリース​する​度​に、​革新​的​な​ツール​が​含​まれ​てい​ます。​LabVIEW​パレット​に​は​数多く​の​項目​が​あり、​必要​な​ツール​を​見つける​の​に​時間​が​か​かって​しまう​場合​が​あり​ます。​LabVIEW 8.6​で追加されたクイックドロップを使用すれば、​パレット​に​移動​した​り、​検索​機能​を​起動​した​り​する​こと​なく、​LabVIEW​フロント​パネル​および​ブロック​ダイ​ア​グラム​の​オブジェクト​を​迅速​に​検索・​配置​する​こと​が​でき​ます。

内容

背景

正しい​関数​や​コード​部分​を​検索​する​際、​どの​言語​において​も​困難​が​つき​ま​とい​ます。​テキスト​ベース​の​開発​環境​では​必ず​正しい​構文​が​必要​ですが、​最近​の​開発​環境​の​多く​では、​予測​テキスト​を​使用​し​て、​部分​的​に​入力​した​関数​が​自動的​に​補完​さ​れ​ます。

図​1. NI LabWindows™/​CVI​ソフトウェア​では、​部分​的​に​入力​した​関数​に​一致​する​項目​の​リスト​が​自動的​に​生成​さ​れる。

LabVIEW​グラフィカル​開発​環境​では、​常に​コンピュータ​の​マウス​を​使用​し​て​オブジェクト​を​配置​する​必要​が​ありま​した​が、​クイック​ドロップ​では、​簡単​な​キー​操作​で​正しい​VI​を​迅速​に​検索​し​て、​マウス​で​項目​を​配置​し​ます。

クイック​ドロップ​の​使用​方法

クイック​ドロップ​を​開始​する​に​は、​<Ctrl>​+<​スペース​>​キー​を​押し​ます。​表示​さ​れる​ダイアログ​に​は​パレット​で​使用​できる​全て​の​VI​の​リスト​が​含​まれ​てい​ます。

図​2. クイック​ドロップ​の​ダイアログ​を​表示​する​に​は、​<Ctrl>​+<​スペース​>​キー​を​押す。

必要​な​VI​の​タイトル​の​一部​を​入力​すると、​リスト​を​フィルタ​処理​でき​ます。​テキスト​を​入力​する​につれ、​リスト​は​絞り​込​まれ​てい​き、​入力​した​テキスト​を​含む​名前​の​項目​が​表示​さ​れ​ます。​また、​文字​を​入力​すると、​その​文字​で​始まる​パレット​内​の​最初​の​VI​が​予測​テキスト​として​提示​さ​れ​ます。

図​3​の​サンプル​では、​ユーザ​が​「t-​r-​a-​n」​と​入力​し​てい​ます。​LabVIEW​は​最初​に​一致​する​エントリ​を​用​い​て​オブジェクト​の​名前​を​自動的​に​予測​し​て​提示​し​ます。​フィルタ​処理​さ​れ​た​リスト​は、​名前​の​一部​に​「t-​r-​a-​n」​を​含む​候補​を​表示​し​ます。

図​3. クイック​ドロップ​は、​入力​した​文字​で​始まる​最初​の​VI​を​自動的​に​予測​テキスト​として​提示​し、​その他​の​一致​する​可能性​の​ある​VI​を​全て​リスト​に​表示​し​ます。

ハイライト​さ​れ​た​項目​は​自動的​に​マウス​カーソル​に​配置​さ​れ​た​状態​に​なる​ため、​関数​の​名前​を​入力​し​て、​ブロック​ダイ​ア​グラム​または​フロント​パネル​で​一度​クリック​すると​オブジェクト​が​ドロップ​さ​れ​ます。​クイック​ドロップ​で​検索​項目​が​予測​でき​ない​場合、​リスト​の​最初​の​項目​が​提示​さ​れ​ます。

知​って​いる​と​便利​な​クイック​ドロップ​の​情報

クイック​ドロップ​では、​「クイック​ドロップ」​ダイアログ​の​「ショートカット」​ボタン​を​クリック​し​て、​ショートカット​を​構成​する​こと​も​できる​ため、​よく​使用​する​VI​を​わざわざ​リスト​を​スクロール​し​て​探す​必要​が​なく​なり​ます。

図​4. 「ショートカット」​ボタン​を​クリック​し​て、​よく​使用​する​パレット​の​項目​の​カスタム​ショートカット​を​定義​する。

複雑​な​名前​の​VI​や​名前​の​最初​の​部分​が​他の​VI​と​共通​し​て​いる​VI​は、​2​文字​または​3​文字​の​ショートカット​に​リンク​付け​し​て、​より​分​か​りや​すく​する​こと​が​でき​ます。​使用​する​文字​を​利き手​で​簡単​に​届く​範囲​内​の​キー​にし​て​おく​と、​利き手​を​マウス​から​離す​必要​が​なく​て​便利​です。

図​5. 2​文字​または​3​文字​の​ショートカット​を​定義​する。

構成​した​ショートカット​は、​LabVIEW.ini​ファイル​に​保存​さ​れ​ます。​QuickDropDiagramShortcuts​の​値​を​LabVIEW.ini​ファイル​に​コピー​&​ペイストすれば、​同じ​ショートカット​を​転送​し​て​別​の​マシン​に​インストール​した​LabVIEW​で​使用​でき​ます。​下​の​ショートカット​の​サンプル​リスト​を​検索​する​か、​添付​さ​れ​た​テキストファイル​から​ダウンロード​し​て​くだ​さい。

  • ad1 = インクリメント
  • cs = ケース​ストラクチャ
  • evstr = イベント​ストラクチャ
  • fs = For​ループ
  • wat = 待機
  • ws = While​ループ

サンプル​ショートカット​を​ダウンロード​し​て​この​LabVIEW.ini​ファイル​に​ペイ​スト​し​ます。

まとめ

開発​者​に​な​っ​た​ばかり​の​ユーザ​の​場合、​適切​な​カテゴリ​まで​ドリル​ダウン​し​て​必要​な​機能​を​検索​する​ため​に​パレット​が​必要​です。​しかし、​LabVIEW​や​関数​の​名前​に​詳​しく​なる​につれ、​パレット​を​使用​せ​ず​に​該当​する​VI​を​配置​できる​クイック​ドロップ​が​便利​に​な​って​き​ます。​デフォルト​の​パレット​は​インストール​さ​れ​た​モジュール​および​追加​機能​で​容量​が​大​きく​な​って​いく​ため、​クイック​ドロップ​を​使用​すると​生産​性​が​向上​し​ます。

LabVIEW 8.6 に関する​詳細

LabVIEW 8.6​の​新​機能​に関する​詳細​について​は、​当社​サイト​(ni.com)​の LabVIEW 8.6​ポー​タル を​ご​参照​くだ​さい。

最新​機能​を​使用​する​に​は、​LabVIEW​を​オンライン​で​起動​し​ます。

 

LabWindows​という​商標​は、​Microsoft Corporation​から​の​使用​許諾​を​得て​使用​し​てい​ます。​Windows​は、​Microsoft Corporation​の​米国​および​その他​の​国​における​登録​商標​または​商標​です。