広帯域​RF​パワー​アンプ​の​動的​EVM​を​より​簡単​に​測定​する​方法

概要

NI​の​RF​フロント​エンド​検証​ソリューション​を​利用​し​て、​広帯域​Wi-​Fi​パワー​アンプ (PA) の​動的​エラー​ベクトル​振幅 (EVM) の​構成​と​測定​を​迅速​化​する​方法​について​説明​し​ます。

広帯域​RF​パワー​アンプ​の​動的​EVM​を​より​簡単​に​測定​する​方法

NI​の​RF​フロント​エンド​検証​ソリューション​を​利用​し​て、​広帯域​Wi-​Fi​パワー​アンプ (PA) の​動的​エラー​ベクトル​振幅 (EVM) の​構成​と​測定​を​迅速​化​する​方法​について​説明​し​ます。

ビデオ​トラ​ン​スクリプト

電力​効率​を​最大​化​する​に​は、​RF PA​の​オン​と​オフ​の​切り替え​を​迅速​に​行う​必要​が​あり​ます。​この​過渡​応答​は、​パケット​開始​時​の​プリアンブル​に​影響​を​与​え、​チャンネル​推定​が​不完全​に​なる​こと​が​あり​ます。​その​結果、​変調​確度​が​低下​する​可能性​が​あり​ます。

 

この​ビデオ​では、​NI​の​RF​フロント​エンド​検証​ソリューション​を​利用​し​て、​広帯域​Wi-​Fi​パワー​アンプ​の​動的​エラー​ベクトル​振幅​測定​を​簡略​化​する​方法​について​説明​し​ます。

 

計​装​は、​テスト​対象​の​PA​に​DC​電力​を​供給​する​ソース​メジャー​ユニット​と​RF​測定​用​の​ベクトル​信号​トランシーバ​による​構成​と​し​ます。​ベクトル​信号​発生​器​により​帯域​幅​が​320 MHz​で​4096-​QAM​の​Wi-​Fi 7​信号​を、​6​~​7 GHz​の​新しい​周波数​帯域​で​動作​し​て​いる​テスト​対象​の​パワー​アンプ​に​印加​し​ます。​PA​の​出力​は​ベクトル​信号​アナ​ラ​イザ​に​向かい​ます。

 

PA​イ​ネーブル​ライン​を​駆動​する​ため、​VST​の​デジタル​ポート​PFI 0​を​使用​し​ます。

 

RFIC​テスト​ソフトウェア​アプリケーション​では、​計測​器、​測定​パラメータ、​波形、​トリガ​制御​の​タイプ​を​構成​し、​動的​EVM​を​測定​し​ます。​ここ​で​動的​EVM​を​選択​し、​この​アプリケーション​に​Wi-​Fi​バーストの特性に基づいて特定のタイミング情報を描画させます。​または、​PA​イネーブル​の​オン/​オフ​信号​と​バースト​の​間​の​時間​デルタ​および​デ​ュ​ー​テ​ィ​サイクル​を​増減​する​こと​で、​タイミング​を​変更​する​こと​も​でき​ます。

 

自動的​に​計算​さ​れ​た​タイミング​を​使用​し​て、​この​PA​の​電力​範囲​全体​の​動的​EVM​パフォーマンス​特性​を​評価​する​電力​掃引​を​構成​し​て​み​ま​しょう。

 

コード​を​1​行も記述せず、​少し​の​設定​を​する​だけ​で、​この​RFIC​検証​ベンチ​は​動的​EVM​対​電力​の​結果​を​生成​する​こと​が​でき​ます。 

Was this information helpful?

Yes

No