レーダー​および​EW​研究​用​テスト​ベッド​と​プロ​ト​タイ​ピン​グ​テスト​ベッド​の​構築

レーダー​および​EW​の​研究者​と​システムエンジニア​は、​多く​の​場合、​アルゴリズム​の​開発​より​も、​テスト​ベッド​インフラ​ストラクチャ​の​構築​に​かなり​の​時間​を​費やす​必要​が​あり​ます。​この​よう​な​不要​な​労力​は、​新しい​アイデア​を​ホワイト​ボード​から​ハードウェア​の​デモ​機、​そして​実戦​的​な​システム​へ​と​迅速​に​移行​させる​場合​の​妨げ​となり​ます。​以下​を​行う​に​は、​新しい​要件​に​対応​できる​柔軟性、​マルチ​チャンネル​アーキテクチャ​に​対応​できる​拡張​性、​認知​能力​を​高める​ため​の​人工​知能、​そして​シミュレーション​から​ハードウェア​へ​と​IP​を​迅速​に​移行​する​ため​の​オープン​ソフトウェア​が​必要​に​なり​ます。

 

  • カスタム​ハードウェア​と​ファームウェア​の​開発​を​最小限​に​抑え​て、​ハードウェア​テスト​ベッド​を​迅速​に​実現​する 
  • アレイ全体で複数の送受信チェーンを同期させ、​I/​O​から​プロセッサ​へ​マルチ​チャンネル​データ​を​移行​する​際​の​ボトルネック​を​回避​する
  • 信号​を​インライン​で​処理​し​て、​スペクトル​干渉​の​回避、​クラッター​抑圧、​自動​ターゲット​認識​など​の​新しい​機能​を​評価​する
  • コ​グ​ニ​テ​ィ​ブ​レーダー​が​新しい​ターゲット、​対抗​策、​チャンネル​状態​に​適応​できる​よう​に​する​ため​の​機械​学習​アルゴリズム​を​実装​する

レーダー​および​EW​研究​用​オープン​アーキテクチャ

  • N320/N321 USRP​は、​ネットワーク​化​さ​れ​た​ソフトウェア​無線​で​あり、​ユニット​間​で​内部​発振器​を​共有​し、​アレイ​全体​で​位相​コヒーレンス​を​実現​でき​ます。 
  • USRP Hardware Driver™ (UHD) と​RF​ネットワーク​オン​チップ (RFNoC™) は、​オープン​ソース​の​開発​に​対応​し​て​おり、​SDR​アプリケーション​で​FPGA​を​使用​し​て、​ヘテロジニアス​処理​を​簡素​化​し​ます。
  • OctoClock-​G CDA-2990モジュール​は、​共通​の​タイミング​ソース​に​同期​さ​れ​た​マルチ​チャネル​システム​に​高​確度​な​時間/​周波数​の​基準​分布​を​提供​し​ます。 
  • 無料​で​利用​できる​アプリケーション​ソフトウェア​は​C​+​+で提供され、​UHD 4.0​の​RFNoC API​に​基​づ​い​て​構築​さ​れ​てい​ます。​また、​すぐ​に​使用​できる​ストリーミング​および​同期​機能​を​備え​てい​ます。
  • リファレンス​アーキテクチャ​の​ドキュメント​が​提供​さ​れ​て​おり、​マルチ​無線​テスト​ベッド​の​システム​レベル​の​スタート​アップ​プロセス​に​かかる​時間​を​短縮​する​こと​が​でき​ます。

ソリューション​の​メリット

レーダー​および​EW​研究​用​テスト​ベッド​と​プロ​ト​タイ​ピン​グ​テスト​ベッド​の​構築

NI​の​オープン​アーキテクチャ​に​基​づ​い​て​構築​さ​れ​た​レーダー​の​デモ​機​を​見る

NI​の​レーダー​および​EW​研究​用​オープン​アーキテクチャ​は、​研究者​や​システムエンジニア​が​概念​から​概念​実証​に​移行​する​場合​に​役​立ち​ます。​パルスドップラーレーダーの開発時間がどのように短縮され、​受信​信号​の​到来​角​が​どの​よう​に​推定​さ​れる​か​を​ご覧​くだ​さい。 

NI​の​エコ​システム​で​ソリューション​を​構築

サービス​と​サポート

NI​は、​トレーニング、​技術​サポート、​コンサルティング​と​統合​サービス、​メンテナンス​プログラム​によって、​アプリケーション​の​ライフサイクル​全体​を通して​お客様​と​の​緊密​な​関係​を​築​き​ます。​お客様​の​チーム​は、​NI​の​地域​別​ユーザ​グループ​に​参加​する​こと​で​新た​な​スキル​を​発見​でき、​オンライン​トレーニング​および​対面​型​トレーニング​で​習熟​度​を​高める​こと​が​でき​ます。

レーダー​および​EW​研究​用​オープン​アーキテクチャ​の​パンフレット

この​リファレンス​アーキテクチャ​を​使用​し​て、​レーダー​および​EW​の​研究​用​テスト​ベッド​や​プロ​ト​タイ​ピン​グ​テスト​ベッド​の​構築​を​開始​する​方法​を​ご覧​くだ​さい。​マルチ​チャンネル​システム​で​の​データ​の​ストリーミング​と​同期​で​達成​できる​パフォーマンス​を​確認​し、​USRP​に​基づく​推奨​ハードウェア​構成​を​ご覧​くだ​さい。