レーダー​テスト​の​重視​すべ​き​検討​事項

概要

数多く​の​トレンド​が​技術革新​の​推進​力​と​な​って、​複数​の​業界​で​テクノロジ​を​進歩​さ​せ​てい​ます。​200​万​を​超える​iPhone​アプリケーション、​380​万​を​超える​Android​アプリケーション​が​利用​可能​に​な​っ​た​結果、​ソフトウェア​駆動​プラットフォーム​や​多目的​プラットフォーム​は​電話​の​操作​の​あり方​を​変​え​てい​ます。​低​レイ​テン​シ​処理​は、​バーチャル​リアリティ​や​ジ​ェ​ス​チ​ャ​テクノ​ロ​ジ​を通じて、​今まで​と​は​違​っ​た​方法​で​人々​が​世界​と​対話​する​きっかけ​を​作り​出し​てい​ます。​拡充​する​コネ​ク​テッド​ワールド​は、​モノ​の​インターネット (IoT)、​5G、​そして​コネ​ク​テッド​カー​を​も​たら​しま​した。​ビッグ​データ​処理​と​情報​公開​によって、​企業​は​ロジスティクス​を​最適​化​できる​よう​に​なり、​医師​は​医療​を​進歩​させる​こと​が​できる​よう​に​な​って​い​ます。​機械​学習​と​人工​知能​によって、​人間​の​処理​能力​を​超える​大きな​データセット​の​パターン​を​認識​できる​よう​に​なり、​自動​運転​車​が​実現​し​つつ​あり​ます。​こうした​トレンド​は、​商用​製品​の​テクノロジ​を​進歩​さ​せ​て​いる​と同時に、​セン​サ​フ​ュ​ージ​ョン、​極​超音速​兵器、​マルチスタティックセンサ、​ド​ローン、​ネットワーク​型​電子​戦闘​序列、​コ​グ​ニ​テ​ィ​ブ​レーダー、​および​コグニティブ/​予測​EW​を​組み​込​んだレーダー​および​電子​戦 (EW) システム​も​進化​さ​せ​てい​ます。

内容

レーダー​および​電子​戦​の​トレンド

レーダー​および​EW​に関して​は、​軍用​レーダー​の​運用​環境​と​要件​が​急速​に​変化​し​て​おり、​次​の​よう​な​レーダー​の​トレンド​に​起因​し​て​システム​の​複雑​さ​が​新た​な​極限​まで​増大​し​てい​ます。

  • 「コグニティブ」​レーダー​や​LPI​レーダー​に​用​い​ら​れ​て​いる​無数​とも​思える​ソフトウェア​定義​型​の​技術​によって、​「アクティブ​電子​走査​アレイ (AESA)」レーダー、​バイ​スタティック​レーダー、​パッシブレーダー​など​の​レーダー​アーキテクチャ​が​普及​し、​テスト​システム​に​求め​られる​テスト​の​範囲​が​広​が​って​い​ます。
  • プラットフォーム​の​小型化​によって​RF​システム​の​統合​が​進​んで​い​ます。​将来​的​に​は​レーダー、​EW​受信​機、​通信​システム​が​同じ​セン​サ​プラットフォーム​を​共有​し、​ユニット​として​テスト​さ​れる​よう​に​なる​こと​が​予想​さ​れ​ます。
  • 商用​車​市場​と​同様​に​自律​化​が​進み、​安全​性​と​信頼​性​の​確保​の​ため​に、​マルチ​セン​サ​システム​と​マルチ​プラットフォーム​システム​で​必要​と​さ​れる​テスト​の​量​が​大幅​に​増加​し​ます。

図​1.レーダー​と​EW​の​トレンド​として、​設計​プロセス​の​すべて​の​段階​で​レーダー​モデリング​と​ターゲット​シミュレーション​を​行う​こと​が​必要​と​な​って​いる。​他の​種類​の​テスト​は​特定​の​段階​で​のみ​行​われる。

設計​プロセス​全体​を通じて​実施​可能​な​テスト​は​レーダー​モデリング​と​ターゲット​シミュレーション​のみ​です。​レーダー​システム​の​複雑​さ​が​増し​て​いる​ため、​高額​な​フル​システム​テスト​の​コスト​削減、​プロセス​の​初期​段階​における​設計​上の​問題​の​発見​と​解決、​スケジュール​リスク​の​軽減​の​ため​に​は​開発​中​に​柔軟​な​レーダー​モデリング​と​シミュレーション​を​実施​する​こと​が​不可欠​と​な​って​い​ます。

最新​の​レーダー​および​EW​の​コンポーネント​レベル​と​システム​レベル​の​テスト​に関する​検討​事項

ソフトウェア​駆動​プラットフォーム​と​多目的​プラットフォーム、​低​レイ​テン​シ、​コネ​ク​テッド​ワールド、​ビッグ​データ、​機械​学習、​人工​知能​といった、​より​大きな​業界​の​トレンド​によって、​新しい​レーダー​および​EW​システム​の​技術革新​が​加速​し​てい​ます。​こうした​技術革新​を​踏​ま​え、​将来​直面​する​テスト​の​課題​について​テスト​設計​プロセス​の​早い​段階​で​対処​できる​よう​に​する​ため​に​は、​それらの​課題​の​いくつか​について​十分​に​理解​し​て​おく​必要​が​あり​ます。​たとえば、​第​5​世代​ジェット​戦闘機、​極​超音速​兵器、​マルチスタティックセンサ/​ド​ローン、​ネットワーク​型​電子​戦闘​序列、​コ​グ​ニ​テ​ィ​ブ​レーダー​および​コグニティブ/​予測​EW​など、​レーダー​および​EW​業界​における​新しい​技術革新​について、​初期​の​コンポーネント​レベル​および​システム​レベル​の​テスト​における​考慮​事項​を​理解​し​て​おく​必要​が​あり​ます。

第​5​世代​ジェット​戦闘機​は、​1,000​万​行​を​超える​コード​で​作成​さ​れ​た​ソフトウェア​駆動​の​航空機​で、​一連​の​センサ​を​制御​および​接続​し​て、​航空機​が​より​迅速​な​飛行​修正​を​行える​よう​にし​ます。​一群​の​センサ​から​得​ら​れ​た​データ​を​結合​し、​それらの​データ​に​基​づ​い​て​ソフトウェア​駆動​の​調整​を​行う​システム​では、​主に​2​つ​の​コンポーネント​テスト​が​重要​に​なり​ます。​それら​は、​アンテナ​の​波形​分散​テスト​と、​システム​入出力 (I/​O) の​シグナル​整合性​テスト​です。​アンテナ​は​多目的​で​ある​ため、​テスト​では​波形​の​変動​を​考慮​し、​アンテナ​の​絶縁​性​と​指向​性​が​ともに​高い​こと​を​確認​する​必要​が​あり​ます。​これらの​センサ​や、​センサ​が​生成​する​データ​が​混在​し​て​いる​ため、​システム​の​I/​O​は​複雑​です。​高い​データ​スループット​と、​カスタマイズ​可能​な​システム​I/​O​の​使用​を​確保、​維持​する​ため​に​は、​シグナル​整合性​テスト​を​行う​必要​が​あり​ます。​システム​レベル​の​テスト​では、​ソフトウェア​が​高度​に​パッケージ​化​および​統合​さ​れ​て​いる​場合、​ソフトウェア​の​準備​状態​を​確認​し、​潜在​的​な​エラー​や​想定​外​の​入力​に​も​対処​できる​こと​を​確認​する​ため​に、​一連​の​マルチ​ファンクション​シミュレーション​による​テスト​が​さらに​必要​に​なり​ます。

極​超音速​兵器​システム​や​応答​プラットフォーム​では、​環境​に​十分​迅速​に​適応​できる​よう​に、​信頼​性​の​高い​低​レイ​テン​シ​システム​が​必要​です。​その​結果、​レーダー​および​EW​システム​の​レンジ​要件​が​高​く​なり、​コンポーネント​レベル​の​アンテナ​システム​において、​アンテナ​ごと​に​装備​する​エレメント​の​数​を​増​や​し、​位相​制御​や​振幅​制御​による​レーダー​の​ビーム​ステアリング​の​精度​を​高める​必要​が​あり​ます。​システム​レベル​では、​極​超音速​の​スピード​に​追随​し、​武器​システム​または​対​兵器​システム​の​意思​決定​に​追随​できる​よう​に、​低​レイ​テン​シ​の​テスト、​特に​シミュレーション​の​迅速​な​アップデート​レート​が​必要​です。​シミュレータ​が​より​迅速​に​更新​を​行い、​こうした​高速​化​さ​れ​た​システム​を​テスト​できる​よう​に​する​に​は、​データ​を​高速​処理​し​て​モデル​の​現在​の​状態​を​更新​でき、​シミュレーション​環境​を​正確​に​表現​する​こと​の​できる​テスト​システム​が​必要​に​なり​ます。

より​小さい​レーダー​ターゲット​または​環境​について、​多く​の​情報​を​早期​に​知る​必要​が​ある​こと​から、​マルチ​スタティック/​ド​ローン​の​システム​に対する​需要​が​高​まっ​てい​ます。​これらの​システム​は、​拡充​する​コネ​ク​テッド​ワールド​で​効果​的​に​運用​できる​よう​に、​相互​に​連携​し​て​機能​する​必要​が​あり​ます。​コネ​ク​テッド​システム​を​コンポーネント​レベル​で​装備​すると、​広帯域​コンポーネント​の​必要性​が​高まり​ます。​これらの​コンポーネント​は​線​形成​を​持ち、​場合​によって​は​従来​と​は​異なる​障害​を​理解​し​て​テスト​する​必要​が​あり​ます。​フェーズ​ドア​レイ​アンテナ​の​エレメント​では、​高​ゲイ​ン​と​指向​性​により、​各​エレメント​の​性能​が​より​小さな​領域​で​向上​する​こと​が​保証​さ​れる​と同時に、​エレメント​の​システム​全体​における​フェーズ​ドア​レイ​アンテナ​全体​の​正しい​カバレッジ​が​保証​さ​れ​ます。​指向​性​が​高​く、​ビーム​幅​が​狭​く​なる​こと​で、​レーダー​は​遠方​に​ある​小さな​ターゲット​を​見つける​こと​が​でき​ます。​システム​レベル​では、​複数のチャンネル間で厳密に同期された、​高​分解能​かつ​広帯域​の​低​レイ​テン​シ​テスト​が​重要​です。​この​よう​な​レーダー​システム​の​堅牢​性​や​確度​を​テスト​する​ため​に​は、​高密度​の​詳細​な​EW​シミュレーション​を​使用​し​て、​より​多く​の​チャンネル​の​バランス​を​とる​必要​が​あり​ます。

コネ​ク​テッド​ワールド​と​ビッグ​データ​の​トレンド​は、​ネットワーク​型​電子​戦闘​序列​に​も​影響​を​与​え​ま​した。​これ​は、​一連​の​新型​の​センサ​と​デバイス​が​連携​し​て​機能​し、​他の​グループ​の​動き、​能力、​階層​を​識別、​特定、​分類​する​もの​です。​広範囲​な​センサ​が​使用​さ​れ​て​いる​ため、​コンポーネント​レベル​で​の​テスト​に​は、​より​複雑​な​I/​O​解析​が​必要​です。​システム​レベル​では、​並列​テスト​や​高速​データ​解析​を​必要​と​する、​集約​さ​れ​た​テスト​構造​が​網羅​さ​れ​てい​ます。​また、​システム​に​は​より​高い​忠実​度​を​備え、​より​複雑​な​脅威​シナリオ​を​処理​できる​複雑​な​シミュレータ​も​必要​です。

これらの​システム​は​すべて、​一連​の​センサ​が​連携​し​て​機能​し、​ソフトウェア​を​使用​し​て​システム​を​制御​する​ため、​生成​さ​れる​データ​の​量​が​多く、​生成​の​スピード​も​高速​です。​より​多く​の​データ​が​より​高速​に​生成​さ​れる​ため、​人間​より​も​高速​に​意思​決定​や​データ​の​整理​が​行える​システム​が​必要​に​なり​ます。​コ​グ​ニ​テ​ィ​ブ​レーダー​や​コグニティブ/​予測​EW​システム​が​開発​さ​れ​た​の​は、​こうした​理由​によります。​これらの​システム​の​場合、​コンポーネント​や​サブシステム​の​テスト​プログラム​セット​に​は、​他の​システム​より​も​広い​範囲​の​周波数​と​帯域​幅​が​含​まれ​ます。​また、​従来​の​パ​ラメ​トリック​テスト​では​システム​性能​を​完全​に​理解​する​に​は​十分​で​ない​可能性​が​あり​ます。​そのため、​テスト​プロセス​の​早い​段階​で​モデリング​と​シミュレーション​の​テスト​を​行う​必要​が​あり​ます。​システム​レベル​では、​開​ループ​シミュレータ​は​実現​可能​な​オプション​では​なく​なり、​テストアセット​において​は、​コ​グ​ニ​テ​ィ​ブ​レーダー​システム​の​すべて​の​機能​が​評価​さ​れ​ない​従来​型​の​脅威​データベース​に​頼る​の​では​なく、​ターゲット​や​環境​を​より​正確​に​エミュレート​する​必要​が​あり​ます。

システム​の​複雑​さ​が​増し​て​新た​な​技術革新​が​進む​につれて、​それに​適応​した​テスト​計測​器​が​コンポーネント​レベル​および​システム​レベル​で​必要​に​なり​ます。​また、​新た​な​要件​に​応え、​システム​の​堅牢​性​を​確保​し、​テスト​スケジュール​を​維持​する​ため​に、​十分​に​考慮​さ​れ​た​テスト​手法​が​必要​に​なり​ます。

テスト​計測​器​に関する​検討​事項​と​トレンド

レーダー​システム​の​統合​と​テスト​に​は、​遅延​線、​商用​オフザシェルフ (COTS) の​FPGA​対応​計測​器​または​RF​システム​オン​チップ (RFSoC)、​COTS​レーダーターゲットジェネレータ、​ターン​キー​テスト​および​計測​ソリューション​という、​4​つ​の​従来​型​テスト​手法​が​使用​さ​れ​ます。​これらの​テスト​方法​に​は、​それぞれ​長所​と​短所​が​あり​ます。

遅延​線​は、​購入​や​開発​が​容易​で​あり、​非常​に​低い​レイ​テン​シ​という​要件​を​満たす、​堅牢​で​費用​対​効果​の​高い​ソリューション​です。​ただし、​その​機能​は​非常​に​限​ら​れ​て​おり、​単純​な​システム​の​機能​テスト​で​しか​効果​を​発揮​しま​せん。​遅延​線​ソリューション​は、​対​電子​対策 (ECCM) 技術​や​実​世界​の​シミュレーション、​あるいは​クラッタ​や​干渉​波​の​よう​な​現代​の​レーダー​が​直面​する​シナリオ​に​対応​し​てい​ま​せん。

COTS​の​FPGA​対応​計測​器​または​RFSoC​は、​低​資本​コスト、​低​レイ​テン​シ​性能、​および​固有​の​要件​を​持つ​複雑​な​システム​に​合わせ​て​調整​できる​柔軟性​を​特長​として​い​ます。​しかし、​初期​開発​において、​非​反復​エンジニアリング​コスト​の​よう​な​多額​の​人的​コスト​を​必要​と​し​ます。​この​計測​器​は、​コーディング​が​複雑​な​ため​メンテナンス​が​難​しく、​常に​信頼​性​が​高い​と​は​限り​ま​せん。​本来​の​用途​は​単なる​テスト​装置​では​ない​ため、​新しい​テスト​プログラム​を​使い​始める​際​に​は、​システム​を​効果​的​に​稼動​させる​ため​に​ファームウェア​と​ソフトウェア​に関する​多く​の​作業​を​行​わな​け​れ​ば​なり​ま​せん。

COTS​レーダー​ターゲット​ジ​ェ​ネ​レ​ータ​システム​は、​ソフトウェア​の​開始​点​の​レベル​が​高​く、​特定​の​アプリケーション​ニーズ​に​合わせ​て​調整​できる​ため、​非​反復​エンジニアリング​コスト​へ​の​投資​が​少​なく​て​すみ​ます。​この​ため、​領域​専門​家​は​テスト​システム​の​設計​プロセス​の​早い​段階​で​自分​の​知識​を​生かす​こと​が​でき​ます。​ただし、​COTS​レーダー​ターゲット​ジ​ェ​ネ​レ​ータ​は​一般​的​に​高価​で、​アップ​グレード​や​メンテナンス​に​サポート​が​必要​です。​また、​機能​の​大部分​が​既に​定義​済み​で​あり、​柔軟性​に​欠け​ます。​他​と​比べ​て​テスト​機能​の​進化​に​時間​が​かかる​ため、​新しい​モード​や​機能​の​実装​は​テスト​ベンダ​に​頼​ら​ざる​を​得​ま​せん。

クローズド​または​ターン​キー​の​テスト/​計測​ソリューション​は、​フル​ソリ​ュ​ー​ション​として​定義​さ​れ​て​おり、​そのように​提供​さ​れ​ます。​そのため、​中核​と​なる​COTS​モデル​に​基づく​優​れ​た​ダイナミック​レンジ、​内容​を​熟知​し​て​いる​バランス​の​取​れ​た​サポート、​複数​の​プログラム​にわたって​迅速​に​活用​できる​という​メリット​が​得​ら​れ​ます。​ただし、​ターン​キー​の​テスト/​測定​ソリューション​の​機能​は​ベンダ​定義​の​機能​に​限定​さ​れ​て​おり、​独自​の​システム​ニーズ​に​合わせ​て​構成​する​の​は​困難​です。​また、​特定​の​テスト​に​最適​化​さ​れ​てい​ない、​一般​的​に​位相​コヒーレント​では​ない、​多く​の​場合​に​規定​または​開​ループ​の​システム​で​ある、​といった​理由​で​レイ​テン​シ​が​大​きく​なり​ます。​こうした​課題​が​存在​する​こと​から、​急速​に​変化​する​要件​に​応​じ​て​新しい​機能​を​追加​する​際​に​は​ベンダ​に​頼​ら​ざる​を​得​なく​なり​ます。​そのため、​AESA​や​干渉​分光​法​など​の​テクノロジ​に​対応​する​マルチ​チャンネル​RF​システム​に​拡張​する​こと​は​非常​に​困難​で​あり、​閉ループ​テスト​の​実施​能力​が​制限​さ​れ​ます。    


図​2.レーダー​や​EW​の​新た​な​テクノロジ​を​急速​に​変化​さ​せ​て​いる​業界​の​トレンド​に​応​じ​て、​テスト​計測​器​の​適応​性、​ソフトウェア​制御​性、​モジュール性も強化され、​モデリング​および​シミュレーション​テスト​増加​の​ニーズ​に​対処​し​て​いる。

レーダー​や​EW​の​新た​な​テクノロジ​に​影響​を​与える​業界​の​トレンド​によって、​業界​の​コンバージェンス、​ソフトウェア​定義​型​プラットフォーム、​テスト​システム​の​保全​性、​テスト​システム​アーキテクチャ​といった​テスト​計測​器​の​新た​な​トレンド​も​活発​化​し​てい​ます。

テスト​装置​ベンダ​は​通常、​複数​の​業界​を​対象​として​いる​ため、​自動車、​5G、​防衛​など​の​業界​に​また​が​って​計測​器​を​展開​でき​ます。​これらの​業界​の​テクノロジ​や​テスト​が​新た​な​コネ​ク​テッド​ワールド​に​合流​する​につれて、​テスト​計測​器​は、​周波数​範囲​を​拡大​し、​チャンネル​数​を​増​や​し​て、​より​広い​動作​帯域​幅​で​動作​する​必要​が​生​じ​てい​ます。​顧客​が​従来​の​手動​テスト​システム​では​なく、​柔軟性、​テスト​速度、​ソフトウェア​の​信頼​性​の​ほう​を​即座​に​選択​する​よう​に​な​っ​た​ため、​テスト/​測定​ベンダ​は、​計測​器​を​稼動​させる​ソフトウェア​プラットフォーム​へ​の​投資​を​増​や​し、​収益​を​増加​さ​せ​てい​ます。​レーダー​テスト​の​他の​閉ループ​オプション​と​比較​すると、​テスト​装置​ベンダ​は、​より​高​機能​の​テスト​計測​器​を​製造​する​と同時に​複数​の​業界​で​装置​を​応用​し、​スケール​メリット​によって​テスト​計測​ソリューション​の​コスト​を​引き下げる​こと​が​でき​ます。

業界​では、​テスト​用​の​スタンドアロン​型​計測​器​に​求め​られる​製品​寿命​は​8​~​12​年​で​ある​と​さ​れ​てい​ます。​ファームウェア​は​18〜​24​か​月​間隔​で​アップデート​する​必要​が​あり、​ハードウェア​は​18〜​36​か​月​ごと​に​アップ​グレード​さ​れる​可能性​が​あり​ます。​スタンドアロン​型​計測​器​は、​携帯​電話​デバイス​を​参考​に​タッチ​スクリーン​を​採用​し、​物理​的​な​ボタン​の​数​を​減らし​てい​ます。​スタンドアロン​型​システム​の​製造元​では、​柔軟性​を​向上​させる​ため​に​モジュール​式​デバイス​を​システム​に​組み​込​んで​容易​な​アップ​グレード​を​可能​にし​てい​ます。​また、​単一​の​システム​で​より​広範囲​な​テスト​を​実行​できる​よう​に、​「スーパー​ボックス」​と​呼ばれる​スタンドアロン​型​計測​器​の​集合​製品​も​製造​し​てい​ます。

モジュール​式​計測​器​は、​無線​フロント​エンド、​マルチプロセッサ​アーキテクチャ、​レポート/​ストレージ​の​ニーズ​の​増加​に​伴​い、​業界​で​最も​大きな​成長​を​遂​げ​てい​ます。​モジュール​式​の​ハードウェア​および​ソフトウェア​プラットフォーム​を​採用​する​こと​で、​設計​の​高速​化​から、​スケジュール​リスク​の​軽減、​将来​の​より​複雑​な​システム​要件​へ​の​準拠​といった​さまざま​な​ニーズ​に、​テスト​システム​を​適合​させる​こと​が​でき​ます。​新しい​モジュール​式​システム​では、​同じ​デバイス​内​に​ある​FPGA​ハードウェア​と​RF​ハードウェア​の​柔軟性​が​向上​し​てい​ます。​つまり、​同じ​計測​器​を​使用​し、​リアルタイム​プロセッサ、​スペクトル​モニタ、​チャンネル​シミュレータ、​DUT​コントローラ​など​の​デバイス​を​切り替える​こと​で、​より​多く​の​種類​の​テスト​を​実行​する​こと​が​でき​ます。​モジュール​性​に​は、​高性能​テスト​システム​か​高密度​テスト​システム​か​を​選ぶ​トレードオフ​も​伴​い​ます。​テスト​性能​を​犠牲​にし​て​追加​機能​を​優先​させる​こと​が​可能​な​場合​は、​モジュール​式​システム​に​多目的​計測​器​を​含める​こと​が​でき​ます。​モジュール​式​多目的​計測​器​は​また、​測定​IP​の​改善、​より​高性能​な​コンポーネント (特に、​アナログ-​デジタル​変換​器​および​デジタル-​アナログ​変換​器)、​信号​処理​の​進歩、​ソフトウェア​の​アクセシビリティ​と​アーキテクチャ​の​向上​も​も​たら​し​ます。​さらに、​モジュール​式​テスト​計測​器​は​テスト​システム​の​コンパクト​化​も​も​たら​し​て​いる​ため、​スタンドアロン​型​計測​器​の​複数​の​機能​を、​より​小型​の​PXI​ベース​の​モジュール​式​計測​器​または​システム​に​収める​こと​が​でき​ます。

全般​的​に、​テスト​計測​器​は、​業界​の​コンバージェンス、​ソフトウェア​定義​型​計測​器、​多目的​テスト​計測​器、​モジュール​式​テスト​計測​器​を​活用​し、​それら​に​適応​する​こと​で、​レーダー​や​EW​の​新た​な​テクノロジ​の​ニーズ​を​満たす​よう​に​進化​し​てい​ます。

設計​プロセス​初期​段階​に​モジュール​式​テスト​計測​器​による​シミュレーション​を​導入​する​こと​で​業界​の​新た​な​期待​に​応える

数多く​の​トレンド​が​推進​力​と​な​って、​レーダー​や​EW​を​含む​複数​の​業界​で​テクノロジ​を​進歩​さ​せ​てい​ます。​ソフトウェア​駆動​プラットフォーム​と​多目的​プラットフォーム、​低​レイ​テン​シ​の​要件、​コネ​ク​テッド​ワールド、​ビッグ​データ​処理​と​情報​公開、​機械​学習​と​人工​知能​は、​コンポーネント​レベル​と​システム​レベル​の​両方​で​テスト​の​技術革新​を​促​し​てい​ます。​レーダー​および​EW​のテクノロジの進歩を加速させ、​設計​の​堅牢​性​を​確保​する​ため、​製造元​は​新た​な​要件​を​満たす​よう​に​従来​の​テスト/​測定​機器​を​適応​さ​せ​よう​として​い​ます。​モジュール​式​計測​器​を​導入​し、​さまざま​な​テスト​フェーズ​で​モデリング​や​シミュレーション​を​増やす​こと​で、​こうした​レーダー​および​EW​システム​の​トレンド​に​対応​する​こと​が​でき​ます。​また、​モデリング​や​シミュレーション​によって、​費用​の​かかる​フル​システム​の​テスト​を​削減​し、​テスト​プロセス​の​早い​段階​で​問題​を​特定​し​て​解決​し、​スケジュール​の​リスク​を​軽減​できる​よう​に​なり​ます。​新た​な​タイプ​の​レーダー​および​EW​テクノロジ​の​実現​が​迫​って​いる​中​で、​テスト​設計​プロセス​の​早い​段階​で​新た​な​テスト​課題​に​対応​し、​新た​な​要件​や​アプリケーション​固有​の​ニーズ​を​満たす​こと​の​できる​適切​かつ​柔軟​な​テスト​システム​を​探し出す​必要​が​あり​ます。