研究​および​プロトタイプ​向け​5G​ミリ​波、​6G​サブ​テラ​ヘルツ​波​システム

5G​および​6G​ワイヤレス​システム​に​取り組む​研究者​や​科学​者​は、​周波数​と​帯域​幅​の​限界​を​押し上げ、​より​高い​データ​レート​の​実現​と​新しい​アプリケーション​の​提供​に​取り​組​んで​い​ます。​新しい​コンセプト​や​技術​の​実現​可能性​を​証明​し、​最終​的​に​それらの​商業​化​を​可能​に​する​に​は、​現実​世界​で​研究​結果​を​実証​する​こと​が​重要​です。​挑戦​的​な​ミリ​波​および​サブ​テラ​ヘルツ​波​周波数​で​の​信号​の​動作​と​パフォーマンス​を​深​く​理解​する​に​は、​研究者​は​以下​を​必要​と​し​ます。

 

  • ​5G New Radio 28​および​39 GHz FR2​帯域​を​超​えて、​最大​300 GHz​の​周波数​を​視野​に​入れ​た​5G-​Advanced​および​6G​ネットワーク​に​対応​する​テスト​ベッド
  • さまざま​な​条件下​で​の​信号​伝搬​特性​を​理解​し​て、​チャンネル​モデル​を​開発​する​ため​の​チャンネル​サ​ウン​ディン​グ​実験
  • 無線 (OTA) シナリオに沿った​6G​研究​の​パフォーマンス​を​評価​する​ため​の​物理​層​IP​プロトタイピング
  • シミュレーション​を​超​えて​6G​開発​と​6G​テスト​の​現実​世界​で​の​実験​に​至る、​リアルタイム​プロ​ト​タイ​ピン​グ​向け​の​柔軟​で​高性能​な​ハードウェア

サブ​テラ​ヘルツ​波、​ミリ​波​トラ​ン​シー​バ​システム

  • PXI​ベース​バンド​および​IF​サブシステム​に​は、​FPGA​モジュール、​高速​DAC​および​ADC、​IF/​LO​モジュール​が​含​まれ​てい​ます。  
  • NI​無線​ヘッド​は​28 GHz​および​39 GHz​の​周波数​帯域​を​カバー​し、​サード​パーティ​の​ヘッド​を​使用​す​れ​ば​サブ​テラ​ヘルツ​まで​拡張​する​こと​が​でき​ます。 
  • 変更​可能​な​リファレンス​サンプル​ソフトウェア​は、​チャンネル​サ​ウン​ディン​グ​実験​の​開始​点、​および​シングル​キャリア​と​OFDM PHY​層​の​IP​プロトタイピング​を​提供​し​ます。 

ソリューション​の​メリット

ミリ​波​トラ​ン​シー​バ​システム (MTS) の​デモ​を​見る

28 GHz​で​の​5G OTA​プロトタイピング

ミリ​波​トラ​ン​シー​バ​システム​で、​エミュレートされた​gNB​と​ユーザ​機器​間​の​リアルタイム​通信​リンク​が​可能​に​なり、​新しい​周波数​帯域、​新しい​物理​層​IP、​新しい​デバイス​設計​の​評価​を​どの​よう​に​柔軟​に​実行​できる​よう​に​なる​か​ご覧​くだ​さい。

NI​パートナー​ネットワーク

NI​パートナー​ネットワーク​は、​ドメイン、​アプリケーション、​および​全体​的​な​テスト​開発​エキスパート​が​NI​と​緊密​に​連携​し​て​エンジニアリング​コミュニティ​の​ニーズ​を​満たす​グローバル​コミュニティ​です。​NI​パートナー​は、​信頼​できる​ソリューションプロバイダ、​システム​イン​テグ​レ​ータ、​コンサルタント、​製品​開発​者、​幅広い​産業​や​アプリケーション​分野​に​精通​した​サービス​および​販売​チャネル​の​専門​家​です。

サービス​と​サポート

NI​は、​トレーニング、​技術​サポート、​コンサルティング​と​統合​サービス、​メンテナンス​プログラム​によって、​アプリケーション​の​ライフサイクル​全体​を通して​お客様​と​の​緊密​な​関係​を​築​き​ます。​お客様​の​チーム​は、​NI​の​地域​別​ユーザ​グループ​に​参加​する​こと​で​新た​な​スキル​を​発見​でき、​オンライン​トレーニング​および​対面​型​トレーニング​で​習熟​度​を​高める​こと​が​でき​ます。

サブ​テラ​ヘルツ​波、​ミリ​波​トラ​ン​シー​バ​システム​の​パンフレット

サブ​テラ​ヘルツ​波​および​ミリ​波​トラ​ン​シー​バ​システム​で、​5G​および​6G​開発​で​使用​する​双方向​通信​と​チャンネル​サ​ウン​ディン​グ​が​どの​よう​にし​て​可能​に​なる​の​か​その​詳細​を​確認​しま​しょう。​再​構成​可能​な​モデュール​式​プラットフォーム​を​LabVIEW​ソフトウェア​と​組み合わせ​て​使用​する​こと​で、​絶えず​変化​する​最先端​の​ワイヤレス​研究​の​ニーズ​に​対応​できる​よう​に​なり​ます。