LabVIEW Database Connectivity Toolkit

LabVIEW Database Connectivity Toolkit​は、​ローカル​および​リモート​の​データベース​に​接続​し、​一般​的​な​データベース​操作​を​実装​する​の​に​役​立ち​ます。

LabVIEW Database Connectivity Toolkit​は、​LabVIEW​の​ソフトウェア​アド​オン​で​あり、​SQL​プログラミング​を​使用​せ​ず​に​多く​の​データベース​操作​を​実行​する​こと​を​可能​にし​ます。​Microsoft Access、​SQL Server、​Oracle​など​の​一般​的​な​データベース​に​簡単​に​接続​でき​ます。​さらに​高度​な​データベース​機能​および​柔軟性​が​必要​な​場合​は、​LabVIEW Database Connectivity Toolkit​は​完全​な​SQL​機能​も​提供​し​ます。

LabVIEW 2022 Q3​リリース​以降​では、​現在、​この​ツール​キット​は​LabVIEW​プロフェッショナル​開発​システム​の​一部​として​ライセンス​さ​れ​てい​ます。​LabVIEW​ベース​パッケージ​または​2022 Q3​フル​パッケージ​の​購入​を​計画​し​て​いる​場合、​この​ツール​キット​を​使用​する​こと​は​でき​ま​せん。​LabVIEW​プロフェッショナル​開発​システム​へ​の​アップ​グレード​を​推奨​し​ます。

 

旧​バージョン​の​LabVIEW​を​使用​し​て​いる​場合、​この​ツール​キット​の​2021 SP1​まで​の​バージョン​は​LabVIEW​とともに継続してライセンスされ、​この​ツール​キット​と​新しい​バージョン​の​LabVIEW​と​の​互換性​は​維持​さ​れ​ます。​ツール​キット​は​NI​パッケージ​マネージャ​で​ダウンロード​でき​ます。​

 

LabVIEW​の​ライセンス​に関する​変更​の​詳細​について​は、​こちら​を​ご覧​くだ​さい。

​ ​この​サブ​スク​リ​プ​ション​は、​契約​期間​の​終了​時に、​その​時点​で​の​価格​に​基​づ​い​て​自動的​に​更新​さ​れ​ます。​各​更新​日​の​前​に​サブ​スク​リ​プ​ション​を​キャンセル​できる​こと​を​理解​し​てい​ます。 ご​質問​など​が​ご​ざ​いま​したら、​ぜひ​お​問い合わせ​くだ​さい。

価格​に​消費​税​は​含​まれ​てい​ま​せん。