NIソフトウェアプラットフォームのロードマップ

NIでは、多くの一般的なオペレーティングシステムを確実にサポートできるよう、その開発に投資しています。このロードマップは、NIソフトウェアのサポートに関する将来の展望を示すことを目的としています。

 
オペレーティングシステム 2019 2020 2021 2022
H1 H2 H1 H2 H1 H2 H1 H2
Windows
Windows 11              
Windows 10
Windows Server 2019        
Windows Server 2016    
Linux
Red Hat Enterprise Linux 8  
Red Hat Enterprise Linux 7
CentOS Stream                
CentOS Linux 8    
CentOS Linux 7
OpenSUSE Leap 15.3              
OpenSUSE Leap 15.2
OpenSUSE Leap 15.1  
Ubuntu 22.04 LTS (kernel TBD)              
Ubuntu 20.04 LTS (kernel 5.8)          
Ubuntu 18.04 LTS (kernel 4.15)  
NI Linux Real-Time
MacOS
MacOS 11.0          
MacOS 10.15        

注意事項  

NI製品でサポートされているOSバージョンの詳細は、お使いになっている各製品のバージョンに対応したリリースノートに記載されています。 

 

Linuxディストリビューションは、デフォルトのLinuxカーネルで検証されます。ただし、NI製品ではDKMS (Dynamic Kernel Module Support) を使用しているため、お客様は新しいカーネルにアップグレードできます。

 

NIのソフトウェア製品は、リリース頻度とサポートについて定めた標準のライフサイクルポリシーに則っています。

 

法務  

弊社製品について記載されている機能の開発、リリース、およびタイミングは、弊社独自の裁量によって決定されます。この情報は、弊社の一般的な製品の方向性を説明することを目的としており、購入決定の判断材料として利用すべきものではありません。2021年8月13日時点で、本書は、「現状有姿」で提供されており、事前の通知なしに将来のリビジョンで変更される場合があります。  NIは、本書の技術的な正確性を入念にチェックしております。ただし、NIは、本書に記載の情報の正確性について、一切の明示又は黙示の保証を行わず、技術的な誤りまたは変更について一切の責任を負いません。