校正​サービス

NI​は​高い​性能​を​持つ​ハードウェア​を​提供​し​て​おり、​その​性能​を​将来​にわたって​維持​できる​よう​努めて​い​ます。​質​の​高い​計測​と​トレーサビリティ​を​確保​する​ため​に​は、​テスト/​計測​ハードウェア​を​定期​的​に​校正​する​こと​が​極めて​重要​です。​柔軟​な​サービス​オプション​に​加​え、​世界中​で​複数​の​レベル​の​校正​サービス​を​提供​し​て​おり​ます​ので、​お客様​の​ご​予算​内​で​稼働​時間​の​ニーズ​を​満​た​し​つつ、​ピーク​性能​を​維持​する​こと​が​でき​ます。

校正​が​必要​な​理由

全て​の​NI​ハードウェア​は​出荷​前​に​NI​仕様​に​基​づ​い​た​校正​が​行​われ​てい​ます​が、​計測​器​に​搭載​さ​れ​て​いる​電子​部品​の​精度​は​時間​の​経過​とともに​自然​に​劣化​し​ます。​そのため、​精度​を​一定​の​レベル​に​保つ​に​は、​定期​的​に​ハードウェア​を​校正​する​必要​が​あり​ます。​NI​では、​ハードウェア​の​種類​と​アプリケーション​の​特性​に​応​じ​て、​1​年​または​2​年​間隔​で​の​校正​を​推奨​し​て​おり​ます。

 

ハードウェア​を​校正​する​5​つ​の​メリット​(英語)

 

NI​デバイス​の​校正​間隔​の​確認​(英語)

校正​サービス​の​機能

お客様​の​ニーズ​に​合わせ​た​柔軟​な​サービス​オプション

発生​毎​に​校正​サービス​を​購入​する​か、​プリペイド​型​の​サービス​プログラム​に​盛り​込​んで​くだ​さい。​NI​では、​お客様​の​ご​予算​と​稼働​時間​の​ニーズ​に​応​じ​て、​柔軟​な​校正​サービス​を​提供​し​てい​ます。​校正​サービス​の​オプション​に​は、​標準、​特急、​または​出張​形式​が​あり​ます。

さまざま​な​規格​に​合わせ​て​複数​の​レベル​を​ご​用意

国内/​国際​規格​へ​の​トレーサビリティ​を​有する​NI​の​校正​サービス​を​使​って、​ISO 9001​の​よう​な​品質​プログラム​に​準拠​し​て​くだ​さい。​その​よう​な​基本​要件​に​加​え、​より​高度​な​準拠​要件​を​満たす​ため、​NI​では​複数​の​校正​サービス​を​ご​用意​し​てい​ます。​お客様​から​の​ご​依頼​が​最も​多い​校正​サービス​は、​「as found(校正​前)」​データ​と​「as left(校正​後)」​データ​を​含む​トレーサ​ブル​校正​で、​ほとんど​の​アプリケーション​で​推奨​し​て​おり​ます。

世界​の​校正​サービス​センター

各​地域​の​NI​認定​校正​センター​と​連携​する​NI​の​充実​した​サービス​センター​ネットワーク​を​活用​し、​校正​サービ​に対する​お客様​の​さまざま​な​ニーズ​に​対応​し​ます。​これらの​サービス​センター​は、​国際​規格​に​準拠​し、​最高​品質​の​校正​を​提供​し​てい​ます。

社内​校正​用​ソリューション

デバイス​は、​お客様​独自​の​方法​で​校正​する​か、​NI​が​提供​する​セル​フキ​ャ​リ​ブ​レ​ー​ション​オプション​の​いずれ​か​を​自社​の​測定​室​で​利用​し​て​校正​する​こと​が​でき​ます。​テスト​ポイント​や​ステップ​ごと​の​手順​など、​手動​による​校正​手順​書​を​オンライン​で​ご覧​い​た​だけ​ます。​それらの​手順​に従う​こと​で、​NI​の​ハードウェア​製品​の​計測​機能​を​プログラム​で​検証​し​調整​する​こと​が​可能​です。