ワイヤレス​プロ​ト​タイ​ピン​グ​の​基本​的​知識

Wireless Prototyping Fundamentals Course​では、​LabVIEW Communications System Design Suite​を​使用​した​ワイヤレス​システム​の​ラピッド​プロ​ト​タイ​ピン​グ​を​紹介​し​ます。​この​コース​では、​パネル、​図、​SystemDesigner、​プロジェクト、​設計​言語​など​の​LabVIEW Communications​環境​を​操作​する​方法​を​学び​ます。​この​コース​では、​一般​的​な​設計​フロー​に従って、​アルゴリズム​を​設計​し、​システム​アーキテクチャ​を​定義​し​ます。​解析​と​プロ​ファイリング​を​実行​し​て​から、​浮動​小数点​アルゴリズム​を​固定​小数点​に​変換​し、​コンパイル​し​て​FPGA​に​デプロイ​し​ます。​この​コース​を​完了​すると、​実際​に​動作​する​直交​周波数​分割​多重​化​(OFDM)​トランシーバ​を​作成​でき​ます。

コース​の​詳細:

Wireless Prototyping Fundamentals Course​の​コース​概要

レッスン 概要 トピック
ワイヤレスプロトタイピング LabVIEW Communications​設計​環境​を​使用​した​ワイヤレス​プロ​ト​タイ​ピン​グ​用​の​USRP​ソフトウェア​無線​デバイス​を​紹介​し​ます。​ワイヤレス​業界​が​直面​し​て​いる​課題​と​それら​を​克服​する​ため​の​いくつか​の​ソリューション​を​理解​し​ます。​また、​LabVIEW Communications​環境​を​詳細​に​調べ、​システム​アーキテクチャ​の​コンポーネント​を​特定​し​ます。
  • ワイヤレス​プロ​ト​タイ​ピン​グ​方法​の​概要
  • LabVIEW Communications​の​概要
  • ハードウェア​アーキテクチャ
  • プロジェクト​環境
VI​を​作成​する LabVIEW Communications​で​VI​を​構築​する​方法​を​学び​ます。​また、​LabVIEW Communications​環境​で​サポート​さ​れ​て​いる​VI​および​テキスト​ベース​の​言語​を​デバッグ​する​ツール​について​も​学習​し​ます。
  • VI​の​構成​要素
  • パネル​上の​オブジェクト
  • ダイアグラム​上の​オブジェクト
  • テキスト​ベース​の​設計​言語
  • ストラクチャ
  • サブ​VI
  • VI​デバッグ
データ​転送​と​通信 データ​ペ​ーン​を​使用​し​て​データ​を​保存、​取得、​表示、​解析​する​方法​を​学び​ます。​また、​ファイル​パス​と​フォルダパス​を​プログラム​的​に​作成​する​ツール​について​も​学び​ます。
  • データ​ペ​ーン
  • ファイル​パス​と​フォルダパス
並列​で​の​プログラミング 並列​ループ​で​プログラミング​する​際​の​ベスト​プ​ラ​ク​テ​ィ​ス​を​学び​ます。​ループ​間​で​データ​を​通信​する​ため​に、​複製​さ​れ​た​端子​と​キュー​を​使用​する​練習​を​し​ます。
  • 並列​ループ
  • 端子​を​複製​する
  • キュー
LabVIEW​を​使用​した​FPGA​プログラミング FPGA​の​さまざま​な​設計​言語​の​概要​を​説明​し​ます。​各​言語​の​利点​と​制限、​および​特定​の​シナリオ​で​使用​する​言語​を​選択​する​方法​を​理解​し​ます。
  • FPGA​の​概要
  • FPGA VI​を​使用​する
  • FPGA​ホストインタフェース
  • FIFO​による​データ​転送
マルチ​レート​ダイ​ア​グラム​と​FPGA マルチ​レート​ダイ​ア​グラム​を​詳細​に​検討​し、​アルゴリズム​設計​を​より​迅速​に​反復​する​の​に​役立つ​方法​について​説明​し​ます。
  • マルチ​レート​ダイ​ア​グラム​を​使用​する
  • 浮動​小数点​を​固定​小数点​に​変換​する
  • マルチ​レート​ダイ​ア​グラム​を​FPGA VI​と​統合​する
最適化された​FPGA VI​を​使用​する 最適化された​FPGA VI​による​時間​節約​と、​その​よう​な​FPGA VI​で​プロジェクト​固有​の​プロパティ​を​使用​する​方法​を​学び​ます。
  • FPGA VI​の​指定​さ​れ​た​最適​化​の​概要
  • 最適化された​FPGA VI​と​マルチ​レート​ダイ​ア​グラム
  • 他のドキュメントタイプ内の最適化された​FPGA VI
クロック​駆動​論理​を​使用​し​て​設計​する 基本​的​な​デジタル​設計​理論​と、​同期​の​ため​の​データ​転送​および​ストレージ​ツール​の​使用​方法​について​説明​し​ます。​デジタル​信号​の​タイミング​に関する​さまざま​な​注意事項、​クロック​駆動​ループ​で​FIFO​を​使用​する​理由、​ハンド​シェイク​の​目的​について​学び​ます。
  • クロック​駆動​論理​と​結果​の​品質
  • クロック​駆動​論理​で​FIFO​を​使用​する
  • ハンド​シェイク
  • ホスト​API
高度​な​ヒント​と​コツ 他社​製​の​FPGA​ツール​を​統合​し​て、​正常​に​コンパイル​する​ため​の​ベスト​プ​ラ​ク​テ​ィ​ス​を​いくつか​紹介​し​ます。
  • Xilinx IP​を​使用​する
  • 専用​ノード
  • 正常​な​コンパイル

Wireless Prototyping Fundamentals Course​を​受講​する