LabWindows/​CVI Core 2 Course​の​概要

LabWindows™/​CVI Core 2​コース​は、​LabWindows /​CVI Core 1​コース​を​さらに​発展​さ​せ​た​もの​です。​コース​を​受講​すると、​インターネット​通信、​DLL、​ActiveX​を​使用​した​アプリケーション​の​設計​が​できる​よう​に​なり​ます。​また、​メニュー​や​ツール​バー​を​使用​し、​高​機能​な​ユーザ​インタフェース​を​構築​する​方法​を​習得​し​ます。​マルチスレッドアプリケーションをプログラムする方法を習得すれば、​アプリケーション​に​PC​を​大いに​活用​する​こと​が​でき​ます。

コース​の​詳細:

LabWindows/​CVI Core 2 Course​の​概要

レッスン 概要 トピック

Core 1​の​概念​の​確認

LabWindows/​CVI Core 1 Course​の​重要​な​概念​を​簡単​に​確認​し​ます。

  • LabWindows/​CVI​で​の​コール​バック​関数​モデル​の​操作
  • オペレーティングシステムメッセージング​と​LabWindows/​CVI
  • 計測​器​ドライバ​の​構造​と​使用

ユーザ​インタフェース​の​プログラミング

LabWindows/​CVI​に​ある​追加​の​ユーザ​インタフェース​機能​について​説明​し、​実践​的​な​演習​で​その​機能​を​使用​し​ます。

  • ユーザ​インタフェース​オブジェクト​の​外観​と​機能​を​変更​する
  • メニュー​エディタ​を​使用​し​て​カスタム​メニュー​を​作成​する
  • 複雑​な​メニュー​を​プログラム​的​に​制御​する
  • ユーザ​インタフェース​へ​表​制御​器​を​追加​する
  • ツリー​制御​器​を​使用​し​て​階層​データ​を​表示​する
  • 強度​グラフ​で​複雑​な​多次元​データ​を​表示​する 
  • ツール​バー、​パス​制御​器、​進行​状況​バー、​カラー​パレット、​コンボ​ボックス​など​の​定義​済み​カスタム​制御​器​を​ユーザ​インタフェース​に​追加​する

相互​運用​性​と​ネットワーク​通信

.NET、​ActiveX、​ネットワーク​変数、​TCP、​UDP​を​含む、​相互​運用​性​と​ネットワーク​通信​を​実装​する​ため​の​テクノロジ​について​説明​し​ます。

  • LabWindows/​CVI​を​使用​し​て.NET​アセンブリ​と​対話​的​操作​を​行う
  • ActiveX​テクノロジ​と、​LabWindows/​CVI​を​オートメーション​ク​ライアン​ト​として​使用​し​て​外部​アプリケーション​を​制御​する
  • ネットワーク​変数​を​使用​し​て​ネットワーク​経由​で​データ​を​渡す​こと​が​できる​アプリケーション​を​構築​する
  • 複雑​な​インターネット​通信​に​TCP/​IP​を​使用​する
  • UDP​を​使用​し​て​データ​を​ブロードキャスト​する

ダイナミック​リンク​ライブラリ​(DLL)​の​作成​と​使用

DLL​を​作成​し​て​使用​する​方法​について​説明​し​ます。

  • モジュール​式​で​再​利用​可能​な​コード​を​開発​する
  • 他の​アプリケーション​が​別​の​ユーザ​の​開発​を​利用​できる​よう​に​モジュール​を​DLL​として​コンパイル​する
  • DLL​を​簡単​に​デバッグ​する​方法

マルチスレッド​処理​と​Windows SDK​関数

LabWindows/​CVI​の​高度​な​プログラミング​手法​について​学び​ます。​マルチ​ス​レッド​アプリケーション​を​作成​し、​ス​レッド​セーフ​キュー​を​使用​し​て​スレッド​間​で​データ​を​安全​に​渡す​方法​を​学習​し​ます。​また、​Windows SDK​関数​を​使用​し​て、​LabWindows/​CVI​アプリケーション​の​柔軟性​を​向上​させる​方法​も​学び​ます。

  • 効率​的​な​マルチ​ス​レッド​アプリケーション​を​構築​する
  • LabWindows/​CVI​が​スレッド​を​使用​する​方法
  • ス​レッド​セーフ​キュー​を​使用​し​て​スレッド​間​で​情報​を​安全​に​転送​する
  • スレッド​の​クリティカルセクション​を​保護​する​方法
  • Windows SDK​関数​を​使用​し​て​LabWindows/​CVI​の​機能​を​拡張​する
  • コード​の​パフォーマンス​を​向上​させる​ため​の​LabWindows/​CVI​の​追加​機能

LabWindows/​CVI​ツール​キット/​モジュール

開発​時間​と​コスト​を​さらに​削減​する​ため​に​効果​的​な​機能​について​学び​ます。

  • LabWindows/​CVI Execution Profiler​ツール​キット​を​使用​し​て​ボトルネック​と​非​効率​的​な​コード​を​特定​し、​ラン​タイム​パフォーマンス​を​最適​化​する
  • 追加​の​LabWindows/​CVI​ツール​キット/​モジュール

LabWindows/​CVI Core 2 Course​を​受講​する