C​シリーズ​自動車​用​マルチ​プロトコル​インタフェース​モジュール

​製品​の​詳細​を​見る ​
​ ​カスタム​の​システム​を​構築​する ​
​ ​オンラインアドバイザを使用すれば、​希望​する​プラットフォーム​で、​対応​する​シャー​シ、​コントローラ、​および​I/​O​モジュール​を​簡単​に​組み合わせる​こと​が​でき​ます。 ​

​ ​ハードウェア​で​選択​可能​な​CAN(Controller Area Network)​および/​または​LIN(Local Interconnect Network)​インタフェース​です。​CompactDAQ​または​CompacRIO​で​NI-​XNET​ドライバ​を​使用​し​て​アプリケーション​を​開発​する​際​に​使用​し​ます。

C​シリーズ​自動車​用​マルチ​プロトコル​インタフェース​モジュール​は、​ハードウェア​による​選択​が​可能​な​NI-​XNET​トラ​ン​シー​バ​ケーブル​(TRC)​を​使用​し​て、​高速/​FD CAN、​低速/​フォールトトレラント​CAN、​および/​または​LIN​で​通信​し​ます。​NI-​XNET​ドライバ​を​使用​し​て、​多数​の​CAN​および/​または​LIN​フレーム​および​信号​の​高速​リアルタイム​操作​を​必要​と​する​アプリケーション​を​作成​でき​ます。​NI-​XNET​デバイス​駆動​型​DMA​エンジン​により、​オン​ボード​プロセッサ​は​CPU​を​介在​さ​せ​ず​に​インタフェース​と​ユーザ​プログラム​と​の​間​で​フレーム​および​信号​を​転送​できる​ため、​メッセージの遅延が最小限に抑えられ、​ホスト​プロセッサ​の​処理​時間​を​短縮​する​こと​が​でき​ます。​HIL(hardware-​in-​the-​loop)​シミュレーション、​ラピッドコントロールプロトタイピング、​バス​監視、​オートメーション​制御​といった​アプリケーション​で​活用​でき​ます。

価格​に​消費​税​は​含​まれ​てい​ま​せん。