半導体​テスト​システム​(STS)​とは

STS​は、​RF、​ミックス​ド​シグナル、​および​MEMS​半導体​デバイス​に​対応​する​生産​ライン​向け​ATE​ソリューション​で​、​市場​投入​まで​の​時間​を​短縮​し、​テスト​の​コスト​を​削減​し​ます。

半導体​製造​テスト​の​より​スマート​な​選択肢

スループットとコストが最適化され​STS​は、​RF、​ミックス​ド​シグナル、​および​MEMS​半導体​デバイス​に​対応​する​生産​ライン​向け​ATE​ソリューション​です。​STS​は、​マニピュレータ、​ハンドラ、​および​ウェーハプローバ​の​サポート​を​装備​し、​速やか​に​移動​できる​テスト​プログラム​と​ロード​ボード​を​可能​に​する​標準​スプリング​ピン​レイアウト​を​搭載​し​て​いる​ため、​製造​テスト​セル​に​即​対応​する​こと​が​でき​ます。​STS​は、​テスト​プログラム​を​す​ば​やく​かつ​効率​よく​開発、​デバッグ、​および​デプロイ​できる​統合​的​な​ソフトウェア​ツール​の​セット​を​備え​てい​ます。​ソリューション​を​完全​な​もの​と​する​ため、​NI​では、​包括​的​な​エンジニアリング​サービス、​ブリングアップ (立ち​上げ) サービス、​トレーニング、​および​サポート​も​提供​し​てい​ます。

主​な​メリット

  • RF、​デジタル、​および​DC​計測​器​の​包括​的​な​ポートフォリオ​―​新しい​STS​構成​を​カスタマイズ​し、​既存​テスタ​を​アップ​グレード​し​て、​必要​な​計測​器​リソース​を​含​め​ながら、​テスト​プログラム​や​ロード​ボード​の​移動​を​維持​する​こと​が​でき​ます。 

  • 統合​的​な​ソフトウェア​使用​―STS​ソフトウェア​は、​ピン​マッピング、​テスト​制限​値​の​イン​ポート/​エクスポート、​ビニング、​STDF​レポート​作成​など、​マルチ​サイト​テスト​プログラム​の​開発、​デバッグ、​および​デプロイ​に​必要​な​ツール​を​提供​し​ます。

  • あらかじめ​作成​さ​れ​た​テスト​コード​—​5G NR​の​よう​な​最新​の​ワイヤレス​規格​の​連続​性​チェック、​漏れ​テスト、​デジタル​パターン​の​バースト、​RF​波形​生成/​収集​といった​一般​的​な​半導体​テスト​操作​に​は、​ドラッグ​アンド​ドロップ​式​の​ソフトウェア​テンプレート​を​使用​でき​ます。
  • テスト​セル​と​の​統合​―​標準​的​な​ドッキング/​インタフェース​の​インフラ​ストラクチャ​によって、​マニピュレータ、​パッケージ​テスト​用​デバイス​ハンドラ、​および​ウェー​ハテ​スト​用​ウェーハプローバ​と​シームレス​に​統合​でき​ます。

  • システム​の​キ​ャ​リ​ブ​レ​ー​ション​―​スプリング​プ​ローブ​インタフェース​まで​の​デジタル​および​DC​リソース​や、​ブラインドメイト​まで​の​RF​リソース​について​システム​レベル​の​現場​キ​ャ​リ​ブ​レ​ー​ション​を​実施​でき​ます。​DUT​プレー​ン​まで​の​キ​ャ​リ​ブ​レ​ー​ション​用​に​ベクトル​デ​ィ​エン​ベ​ディン​グ​ファイル​を​使用​する​オプション​も​備​わっ​てい​ます。

  • サービス​と​サポート​—​お客様​が​速やか​に​作業​を​開始​できる​よう​に、​包括​的​な​エンジニアリング​サービス、​ブリングアップ​(立ち​上げ)​サービス、​トレーニング、​および​技術​サポート​を​提供​し​てい​ます。

各​ソリューション​の​ご​紹介

RF​フロント​エンド​および​トランシーバ

ワイヤレス​チップ​の​製造​において​は、​厳しい​納期​と​製造​テスト​の​スループット​が​テスト​ソリ​ュ​ー​ション​の​評価​時​の​重要​な​検討​項目​となり​ます。​パワー​アンプ (PA)、​低​ノイズ​アンプ (LNA)、​RF​スイッチ、​RF​フィルタ、​統合​RF​フロント​エンド​モジュール (FEM) など​の​RF​フロント​エンド​の​場合、​STS​では、​競合​の​ATE​ソリューション​と​比較​し​て、​テスト​時間​と​スループット​が​大幅​に​向上​し​ます。​NI​は​標準化​団体​および​実験​アプリケーション​に​大​きく​貢献​し​てい​ます。​したがって、​5G NR​および​Wi-​Fi 6​など​の​最新​ワイヤレス​規格​について​も​実績​が​あり、​魅力​的​な​ソリューション​を​提供​でき​ます。​NI​が​提供​する​多大​な​IP​と、​業界​最高​水準​の​帯域​幅​を​備え​た​最先端​の​計測​器​によって、​市場​投入​まで​の​時間​を​短縮​させる​こと​が​でき​ます。

主​な​機能

 

  • RF​および​ミリ​波​ワイヤレス​規格​の​統合​ソリューション
  • 業界​最高​レベル​の​1 GHz​の​帯域​幅​で​複雑​な​RF​計測​に​対応
  • GSM、​TD SCDMA、​WCDMA、​LTE、​LTE-​A、​5G NR、​802.11a/​b/​g/​n/​ac/​ax​といった​ワイヤレス​規格​に​対応
  • 最大​48​個​の​双方向​RF​ポート​および​72​個​の​双方向​ミリ​波​ポート
  • フロント​エンド​モジュール​(FEM)​用​の​SPI、​MIPI、​および​カスタム​デジタル​通信​ライブラリ
  • 高​電力​RF(オプション)- 最大​+40 dBm
  • 高調​波​計測​(オプション)- 最大​18 GHz
  • 雑音​指数​計測​(オプション)- Y​ファクタ​法​および​コールド​ソース​法​に​対応

「当社​の​いくつか​の​事業​部門​では、​既に​STS​を​採用​し​て​おり、​彼ら​の​推薦​が​あっ​て​初めて​RF​部門​でも、​この​Massive MIMO​アプリケーション​を​試す​ことに​なり​ま​した。​もちろん​結果​について​は​大いに​満足​し​てい​ます。​製造​において​は​スループット​が​全て​です。​スループットが高ければ、​より​多く​の​デバイス​を​より​早く​お客様​に​お​届け​する​こと​が​でき、​それ​は​基本​的​に​ビジネス​の​成果​に​つながり​ます。」

NXP​社、​グローバル​オペレーションズ​部門​エ​グ​ゼ​ク​テ​ィ​ブ​バ​イス​プレジデント、​David Reed氏

IoT​マイクロ​コントローラ​デバイス

モノ​の​インターネット (IoT) の​出現​によって、​IoT​マイクロ​コントローラ​半導体​デバイス​の​多様​性​と​生産​量​が​増加​し、​コスト​が​最適​化​さ​れ​た​価格​が​実現​さ​れ​ま​した。​そのため、​半導体​チップ​の​製造​において​は、​従来​の​ATE​ソリューション​では​対応​しき​れ​ない​課題​が​生​じ​ま​した。​STS​は、​Bluetooth LE、​NB-​IoT、​Wi-​Fi、​ZigBee​といった​通信​規格​を​使用​する​マイクロ​コントローラ​ベース​の​IoT​デバイス​に対して、​増加​する​生産​量​に​合わせ​て​拡張​し、​削減​さ​れる​予算​に​合わせ​て​縮小​できる、​柔軟​な​製造​テスト​プラットフォーム​を​提供​し​ます。

主​な​機能

 

  • 業界​最高​レベル​の​1 GHz​の​帯域​幅​で​複雑​な​RF​計測​に​対応 
  • Bluetooth LE、​NB-​IoT、​Wi-​Fi、​ZigBee​といった​ワイヤレス​接続​規格​に​対応 
  • オーディオ​入出力​計測​器​(オプション) 
  • 高​周波数​信号​生成/​収集​計測​器​(オプション)

「NI​が​STS​を​発表​した​とき、​これ​を​選ぶ​こと​は​明白​で​した。​選択​しない​理由​は​ありま​せん。​STS​は​PXI​と​ATE​が​統合​さ​れ​た​製品​で、​当社​が​まさに​必要​として​い​た​もの​で​した。​当社​では​月​に​60,000​ドル​を​削減​でき、​2​年​未満​で​投資​を​回収​でき​ま​した。​テスト範囲が拡張され、​品質​も​向上​しま​した。​しかも、​PXI​プラットフォーム​の​長い​寿命​と​NI​の​安定性​によって、​今後​も​長期​にわたって​使える​プラットフォーム​に​投資​し​て​いる​という​自信​が​あり​ます。」

ON Semiconductor​社、​スタッフ​テスト​エンジニア、​Warren Latter氏

ミックス​ド​シグナル​および​MEMS​デバイス

半導体​の​製造​において、​多様​な​ミックス​ド​シグナル​ポートフォリオ​全体​にわたって​通常​機器​および​特殊​機器​を​テスト​する​際、​テスト​要件​の​幅​が​広​く​なる​こと​が​多々​あり​ます。​STS​は、​データコンバータ、​線形​デバイス、​通信​インタフェース、​クロック/​タイミング、​および​MEMS​センサ​といった​ミックス​ド​シグナル​デバイス​に対して、​レ​ガ​シー​テ​ス​タ​プラットフォーム​から​の​移行​や、​高価​な​ATE​プラットフォーム​の​容量​軽減​に​向け​た​コスト​効果​の​高い​オプション​で​ある、​柔軟​な​製造​テスト​プラットフォーム​を​提供​し​ます。

主​な​機能

 

  • デジタル、​4​象限​VI(ソース​メジャー​ユニット)、​高​周波数​信号​生成​および​キャプチャ​といった、​ミックス​ド​シグナル​および​MEMS​デバイス​テスト​の​一般​的​な​計測​器​オプション
  • テスト​プログラム​の​容易​な​開発、​テスタ​の​立ち​上げ​の​加速、​デバッグ​の​簡素​化​を​サポート​する​対話​式​ソフトウェア
  • テスト​プログラム​開発​時​の​より​高い​レベル​の​スタート​ポイント​として​使用​できる​総合​的​な​計測​ライブラリ
  • 高​周波数​信号​生成/​収集​計測​器​(オプション)
  • オーディオ​入出力​計測​器​(オプション)

「結果​的​に、​STS​では、​30​パーセント​も​効率​化​でき、​当社​の​成功​基準​が​全て​満​た​さ​れ​ま​した。​従来​の​ATE​を​レンタル​する​より、​STS​を​購入​する​ほうが​コスト​を​低​く​抑える​こと​が​でき​ま​した。」

Cirrus Logic​社、​プロダクト​テスト​エンジニア、​John Cooke氏

半導体​テスト​ソリ​ュ​ー​ション​について​テクニカル​エキスパート​に​ご​相談​い​た​だけ​ます

サービス


STS​の​サービス​と​サポート

NI​では、​半導体​テスト​アプリケーション​の​要​と​なる​稼働​時間​の​ニーズ​を​満​た​し​つつ、​効率​の​最大​化、​テ​ス​タ​パフォーマンス​の​最適​化、​および​寿命​の​延長​を​サポート​する、​さまざま​な​エンジニアリング​や​ハードウェア​に​特​化​した​サービス​および​プログラム​を​提供​し​てい​ます。​すべて​の​STS​デプロイメント​について、​NI​は​お客様​と​連携​し​て、​アプリケーション​ニーズ​に​最適​な​サービス​レベル​を​判断​し、​長期​にわたる​成功​を​実現​し​ます。