LabWindows™/​CVI™​を​使用​し​て​電子​デバイス​を​特性​評価​する​テスト​を​デバッグ​する​方法

LabWindows/​CVI​は、​より​多く​の​電子​デバイス​を​検証​し​て​厳しい​納期​に​対応​する​こと​を​可能​に​する​ANSI C​開発​環境​です。​リモート​インライン​デバッグ​ツール​が​内蔵​さ​れ​て​おり、​壊れたテストアプリケーションに起因するダウンタイムを減少させます。

LabWindows/​CVI​で​できる​こと

LabWindows/​CVI​では、​豊富​な​ツール​セット​を​使用​し​て、​テスト​コード​の​デバッグ​に​費やす​時間​を​減らす​こと​が​でき​ます。​シングル​および​マルチ​ス​レッド​アプリケーション​用​に​優​れ​た​デバッグ​機能​が​種類​豊富​に​揃​って​いる​ほか、​複雑​な​プロジェクト​でも​ウィンドウ​管理​が​し​や​すく​な​って​い​ます。​また、​LabWindows/​CVI​は、​テクニカル​データ​管理​ソリューション​(TDMS)​ファイル​形式​を​使用​する​ため、​デバッグ​時​の​データ​の​保存​と​アクセス​が​より​効率​的​に​行​え​ます。

LabWindows/​CVI​を​使用​する​こと​の​メリット

直感​的​な​エディタ​環境​で​デバッグ​ツール​を​使える

LabWindows/​CVI​では、​時間​を​節約​できる​様々​な​デバッグ​ツール​および​機能​を​使用​でき​ます。​構文​ハイライト​表示、​UI​イベント​ロガー​情報、​アプリケーション​の​パフォーマンス​最適​化​を​サポート​する​優​れ​た​ウィンドウ​管理​機能​など​が​あり​ます。

マルチ​コア​デバッグ​を​実行​し​て​コード​の​パフォーマンス​を​最適​化​できる

LabWindows/​CVI​に​は、​マルチ​コア​アプリケーション​の​デバッグ​に​使用​する、​スレッド​固有​の​ブレーク​ポイント​および​トレース​ポイント​といった​新​機能​が​搭載​さ​れ​てい​ます。​これらの機能を使用すれば、​スレッド​ごと​に​イン​サイト​を​得る​こと​が​でき、​処理​能力​を​最大限​に​活用​する​こと​が​でき​ます。

データ​を​TDMS​ファイル​形式​で​保存​し​て、​データ​の​イン​サイト​を​最大限​に​得​られる

LabWindows/​CVI​では、​TDMS​ファイル​形式​を​使用​し​て、​計測​データ​を​保存​し、​正確​な​テスト​および​データ​の​情報​を​取得​でき​ます。​整理​さ​れ​た​データ​は​必要​な​とき​に​簡単​に​アクセス​し​て​すぐ​に​検索​でき​ます。